赤白ワインの平均アルコール度数とは?度数が低い・高いおすすめワイン5選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

赤白ワインの平均アルコール度数とは?度数が低い・高いおすすめワイン5選

2022/5/17
クリック数:173

ワイン買取はこちら
赤白ワインの平均アルコール度数とは?度数が低い・高いおすすめワイン
美味しいワインを飲んでいると、ついつい飲み過ぎてしまい酔いが回ってしまう・・・そんな体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず、実はワインはビールよりも大幅に高いアルコール度数のお酒なんです。普段からワインに飲み慣れていないと、適量がわからず飲み過ぎて体調不良や二日酔いの原因となることもあるでしょう。このような事態を避けワインを最後まで美味しく楽しむためには、まずはワインのアルコール度数に関する知識を深めておきましょう。
この記事ではワインのアルコール度数の平均や、シャンパン・貴腐ワインなどのアルコール度数について詳しく解説していきます。
ワイン買取はこちら
 

ワインのアルコール度数は?赤や白で異なる?

ワインのアルコール度数は?赤や白で異なる?

ワインのアルコール度数の平均について

ワインはブドウなどの果実をベースに作られる醸造酒のことを指します。原料となる果実の種類や製法によってワインのアルコール度数は変わってくるため一概には言えませんが、基本的に一般的な銘柄のワインのアルコール度数は12%前後だと言われています。
なおワインの色によってもアルコール度数は変わってきます。白ワインに比べ、赤ワインの方がアルコール度数が高いものが多い傾向にあります。

  • ・赤ワインのアルコール度数・・・約12〜16%
  • ・白ワインのアルコール度数・・・約5〜14%

 

他のアルコールとの比較してみる

アルコール度

お酒の種類アルコール度数の平均
白ワイン5~14%
赤ワイン12~16%
ビール5%
日本酒15〜17%
焼酎20~25%
ウイスキー・ブランデー40〜43%

ここで、ワインのアルコール度数を他のお酒と比較したデータを見てみましょう。
上表を見て分かる通り、ワインのアルコール度数はビールに比べて倍近くあります。それだけビールに比べてワインが酔いやすいということにもなるので、飲むペースには充分注意しましょう。なおワインのアルコール度数は日本酒よりは低いものの、銘柄によっては日本酒並みに強いボトルもあります。
一方でワインのアルコール度数は、焼酎やウイスキー・ブランデーよりは低いです。これはワインが醸造酒であるのに対し、焼酎・ウイスキー・ブランデーは蒸留酒であることが理由に挙げられます。蒸留酒は酒造りの工程で“蒸留”によってアルコール成分を高めていきます。そのため自然とアルコール度数の高いお酒になります。
ただし焼酎やウイスキーは、ストレートで飲むよりも水や炭酸などで割って飲まれることが多いです。飲み方や濃さによっては、水割りの焼酎1杯よりもワイン1杯の方が酔いやすくなることも充分にあり得ます。
 

1日に飲むワインの適量はグラス2杯弱ほど

1日に飲むワインの適量はグラス2杯弱ほど
厚生労働省によると、適切なアルコール摂取量の目安は1日あたり純アルコールで20gとされています。これをアルコール度数約12%のワインで考えた場合、ワイングラス2杯弱ほどになります。健康被害や悪酔いを防ぎながら楽しくワインを飲むためには、適量を守りつつ1日の飲酒量をうまく調整するようにしましょう。
厚生労働省 飲酒のガイドライン
もちろん体調やお酒の強さによって、適切な量は変わってきます。自分にとってちょうどいいと感じるバランスを見つけながら、休肝日なども作り上手にワインと付き合っていきましょう。
もし強いアルコールが苦手という方は、ワインの中でも低アルコールのものを探してみるのもありです。ワインのラベルを確認することで、ボトルごとのアルコール度数がわかります。


 

ワインのアルコール度数はどのように決まる?

ワインのアルコール度数は約12%前後と述べましたが、それはあくまでも平均の話であり、銘柄によってワインのアルコール度数には大きな差があります。
ワインのアルコール度数には、「品種」「産地・畑」「収穫時期」「発酵方法」といった要素が影響してきます。
 

1.ブドウの品種

ワイナリー
ワインのアルコール度数はブドウの品種によって変わってきます。
ワインを作るプロセスの中では、アルコール発酵が行われます。まずはブドウをタンクに移し、酵母と呼ばれる微生物を添加することで発酵が進んでいきます。このときブドウの糖分が多いほど、アルコール発酵が進みやすいのでアルコール度数が高くなります
つまり糖分をよく含むブドウ品種から作られるワインであるほど、アルコール度数が高くなりやすい傾向にあります。ワイン用のブドウ品種にはかなりの種類があるため、その分だけ差が生まれます。
 

2.ブドウの産地や畑

ワインの主な産地
同じ品種のブドウであっても、作られる場所や畑の土壌によって糖度に差があります。基本的には気温が温暖かつ日照時間が長い地域で栽培されたブドウの方が、ブドウが熟しやすいため糖度も高く、その分アルコール度数の高いワインができやすくなります。
一方涼しい場所や日照時間が短い地域で育てられたブドウのワインは、アルコール度数も控えめになりやすいです。
 

3.ブドウの収穫時期

ワイナリー
原料となるブドウをいつ収穫するかでも、アルコール度数は変わってきます。ブドウの収穫時期をあえて遅らせるような収穫方法を“遅摘み”と言いますが、遅摘みのブドウは糖分が凝縮されるためワインにしたときのアルコール度数が高くなりやすいです。
ブドウ農家やワイナリーの中には、あえてワインのアルコール度数を高めるために遅摘みのブドウにこだわっている所もあります。
 

4.ブドウの発酵方法

ブドウの発酵方法
ブドウの発酵の時間が長くなればなるほど、その分アルコールも発生します。そのため長時間かけて発酵されたようなワインであるほど、アルコール度数は高くなります。
例えば赤ワインの場合は発酵が最後まで進められるため、自然とアルコール度数が高くなります。一方、白ワインの場合は発酵が製造の途中でストップされるため、赤ワインに比べてアルコール度数が控えめなものが多いです。
ちなみに発酵が控えめであるということは、ワインに糖分が残りやすいということにもなります。そのため糖分が残る=甘口のワインには、低アルコールのものが多いのが特徴です。
 

シャンパンなどスパークリングワインのアルコール度数は?

シャンパンなどスパークリングワインのアルコール度数は?

基本的にはワインに近い12%前後

スパークリングワインは発泡性のワインのことです。ブドウを原料に発酵させて作られるという点ではワインと同じであり、アルコール度数も10〜12.5%ほどとワインに近い値となります。
ただしスパークリングワインにはさまざまな作り方があり、中にはアルコール度数が5%ほどの低アルコールに抑えられているような商品もあります。
 

シャンパンはアルコール度数11%以上のルールあり

シャンパンは正式には「シャンパーニュ」という名称の飲み物のことで、スパークリングワインの一種です。ただしスパークリングワインが全てシャンパンを名乗れるわけではなく、細かな定義が決められており、基準を満たしたものしかその名を名乗れません。シャンパンは一流の高級スパークリングワインとして、乾杯シーンやギフトなどによく選ばれています。
なおシャンパンは定義によってアルコール度数11%以上と必ず決められています。そのため他のスパークリングワインとは違い、5%などの低アルコールの銘柄が存在しないため注意しましょう。シャンパンは上品かつ優しい口当たりでついつい飲み進めてしまいがちですが、意外とアルコール度数が高く、飲みすぎると酔いの原因となってしまうことがあります。


 

独特な甘みを持つ貴腐ワインのアルコール度数は?

白ワイン

そもそも貴腐ワインとは?

ワインの中には貴腐ワインと呼ばれるものがあります。貴腐ワインはいわゆるデザートワインと呼ばれるようなワインの一種で、濃厚な甘味を持つのが特徴です。
貴腐ワインはブドウに菌がついた「貴腐ブドウ」から作られます。貴腐ブドウは通常のワインに使われるブドウに比べて非常に糖度が高く、出来上がるワインは最高級レベルの甘口になります。ちなみに貴腐ワインのほとんどは収穫から醸造までに時間も手間もかかるため、全体的に価格の高いリッチなものが多い印象です。


 

アルコール度数が低めで飲みやすい銘柄が多い

貴腐ワインは原料のブドウや発酵の方法・時間がアルコール度数に大きく影響します。貴腐ワインの中にはアルコール度数12%ほどのものもあれば、糖度を保つためにアルコール度数が5%ほどに抑えられたような銘柄も存在します。
貴腐ワインは比較的低アルコールのものを見つけやすく、ワインの強いアルコールが苦手と感じる方からも人気を集めています
 

アルコール度数の低いワイン3選

1.ドイツ産リースリング(約7〜8%)


リースリングは、白ワイン用のブドウ品種である「リースリング」を使ったワインのことです。なおドイツが主な産地ですが、ドイツ以外の諸外国でも作られています。
ドイツで作られるリースリングは特にアルコール度数が低く、およそ7〜8%程度となっています。ドイツのものは特に甘口であり、ジュースのように楽しめるデザートワインとして人気を集めています。
リースリングの中には数千円で買えるようなボトルから、何万円も超えるものまであります。自宅用としてはもちろん、ギフトに選ばれることが多いワインでもあります。
 

2.ランブルスコ(約8〜10%)


ランブルスコはイタリアで作られるスパークリングタイプの赤ワインです。アルコール度数は8〜10%とやや控えめで、特に赤ワインにしては低アルコールで飲みやすいです。
ランブルスコは製造過程でブドウ果汁が残っている状態であえて発酵を止めてしまうことにより、軽快な飲み心地を楽しめるように工夫されています。赤ワイン特有の渋みが少ないため、初心者でも親しみやすいのが魅力です。
またランブルスコの中には1,000円台で購入できるような銘柄も多く、シャンパンなどのスパークリングワインに比べコストパフォーマンスが高いことも人気の理由です。
 

3.モスカート・ダスティ(約5%)

created by Rinker
モスカートダスティ/チェレット(ハーフ)
¥2,468 (2022/07/04 01:35:03時点 Amazon調べ-詳細)

モスカート・ダスティはモスカート(別名マスカット)と呼ばれるブドウ品種から作られるワインのことです。甘口の微発砲性ワインであり、マスカット由来の爽やかな香りが堪能できるのがポイントです。
モスカート・ダスティはアルコール度数5%ほどであり、通常のワインに比べておよそ半分ほどのアルコールしかありません。そのためアルコールが苦手な方でも飲みやすく、スパークリングワイン初心者という方にもおすすめできます。
 

アルコール度数の高いワイン2選

1.シェリー・ポートなど酒精強化ワイン(15%以上)


酒精強化ワインはフォーティファイドワインとも呼ばれるもので、醸造工程中にアルコールを添加してアルコール分を高めたお酒のことを指します。味にコクが生まれ、また保存性も高まっているのが特徴です。
代表的な酒精強化ワインには以下のものがあります。

  • ・シェリー・・・スペイン
  • ・ポート・・・ポルトガル
  • ・マデイラ・・・ポルトガル
  • ・マルサラ・・・イタリア
  • ・ヴァン・ドゥー・ナチュレル・・・フランス
  • ・ヴァン・ド・リキュール・・・フランス

酒精強化ワインには赤ワイン・白ワイン、甘口〜辛口と色々なタイプのものがあります。通常のワインがアルコール度数12%程度であるのに対し、酒精強化ワインのアルコール度数は15%以上になります。
 

2.アマローネ(約16%前後)


アマローネはイタリアの高級赤ワインの一種です。収穫後3〜4ヶ月ほど陰干したブドウを原料に使うのが特徴で、妖艶な香りとビロードのような質感、そしてチョコレートのような苦味を感じさせる味わいをしています。
アマローネはとても手の込んだワインであり、なんと最低でも2年以上樽熟成をさせ、さらにそこから瓶詰め後にも半年以上の熟成が加えられます。熟成期間が長いことにより、アルコール度数も高まっており16%近くまであります。
製造に手がかかる分、アマローネはデイリーワインというよりも少しリッチな印象を受けます。アルコール好きの方やワイン好きの方から人気の高いワインでもあります。
 

まとめ

今回はワインのアルコール度数について解説しました。
ワインのアルコール度数は12%前後と、ビールに比べ約2倍のアルコールが含まれています。また焼酎やウイスキーに比べるとアルコール度数は低いものの、基本的にワインはストレートで飲まれることを考慮すると、数あるお酒の中でもやや強めであると言えるでしょう。
なおワインの細かなアルコール度数は、銘柄や製法によっても異なってきます。中には5%、7%など飲みやすいアルコール度数のワインもあるのでぜひ挑戦してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:31,164
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:21,269
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.04.04更新
クリック数:19,288
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:14,300
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:11,543
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«