最高級高い芋麦焼酎ランキング10選!人気有で一番おすすめ焼酎とは

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

最高級高い芋麦焼酎ランキング10選!人気有で一番おすすめ焼酎とは

2022/1/18
クリック数:3,561

焼酎買取はこちら
最高級高い芋麦焼酎ランキング10選
高級なお酒と聞くと、ワインやブランデー、ウイスキーなどをイメージされる方が多いかもしれません。ですが実は、国内人気の高い「焼酎」にも高額となる銘柄が存在します。
焼酎の中でも高額となるのは生産数が少ない希少品であり、“プレミア焼酎”などと呼ばれ親しまれています。
今回はそんなプレミア焼酎について、世界で見ても高額なものをランキング順に紹介していきます。焼酎について詳しく知りたい方や、高級な焼酎の買取を検討されている方などはぜひ参考にしてみてください。
焼酎買取はこちら

芋・麦焼酎の世界高額ランキング

1位:森伊蔵 30周年

created by Rinker
¥680,000 (2022/09/29 00:57:06時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・市場価格:680,000円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:森伊蔵酒造(鹿児島県)

数ある焼酎の中でもプレミア焼酎として名高いのが「森伊蔵」です。森伊蔵は鹿児島県垂水市にある老舗酒造が手がける芋焼酎で、昔ながらの“かめ壺仕込み”にこだわっているブランドです。
高額ランキング1位となった森伊蔵 30周年」は、2018年に森伊蔵ブランド30周年を記念して造られた限定品です。なんと18年も熟成されたという希少な芋焼酎を、原酒のまま贅沢にボトリングしています。非常にマイルドでフルーティーな味わいは、ほかの芋焼酎とは一線を画しており、芋焼酎独特の臭みがなく上質です。
また中身だけでなく、ボトルにまでこだわりが見られます。鹿児島県を代表する陶磁器・薩摩焼きの名工、15代続く沈壽官(ちんじゅかん)が監修した白薩摩のボトルは、ベルフラワーの絵付けがなされており見た目にも非常に美しいです。135本のみの限定製造で抽選販売でしか手に入らず、現在では定価よりも高額な値段がつけられています。

2位:百年のボトル(百年の孤独 バカラボトル)

created by Rinker
¥429,000 (2022/09/28 15:48:26時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・市場価格:429,000円
  • ・焼酎の種類:麦焼酎
  • ・製造元:黒木本店(宮崎県)

宮崎県の焼酎メーカー黒木本店が手がける「百年の孤独」の限定ボトルです。クリスタルブランドで有名なバカラ社の特別なボトルを採用した、限定バージョンの商品となります。バカラが日本のお酒のために特別な製品を提供するのはこのボトルが初めてであり、非常にレアなことがわかります。ボトルの底部には、黒木本店のロゴまで刻印されています。
百年のボトルは2015年に発売されたものであり、現在では市場価格が高騰しています。もともとは定価30万円で売られていましたが、現在では40万円を超える値段となっています。

3位:萬膳 宿翁

  • ・市場価格:286,000円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:万膳酒造(鹿児島県)

「萬膳 宿翁」は、鹿児島県にある小さな酒造が、焼酎造りの“名工”と呼ばれた黒瀬杜氏である宿里利幸氏の1周忌に合わせてリリースした焼酎です。吟香黄麹の焼酎造りを得意とした宿里利幸氏の最高傑作とも言われており、非常に美しい香りと絶妙な舌触り、綺麗な余韻が特徴です。
この焼酎は2回忌、3回忌の際にもリリースされていますが、特に希少性が高いのは1周忌の際にリリースしたボトルです。なんと1本に25万円以上の価値がついており、お酒買取の市場でも高額買取の対象となることが多いです。

4位:斉彬乃夢 金赤ボトル

 

この投稿をInstagramで見る

 

酒舗おおば(@shuhoooba)がシェアした投稿

  • ・市場価格:253,000円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:濵田酒造 伝兵衛蔵

鹿児島名産の黄金千貫芋を、黄麹で仕込んだ本格焼酎です。昔ながらの甕仕込みと、木桶蒸留を用いた風味豊かな味わいが魅力です。
このシリーズは集成館事業150周年を記念して作られた商品で、中身はさることながらボトルが非常に希少です。鹿児島の伝統工芸品“薩摩切子”のボトルを用いており、絢爛豪華で芸術品のような価値があります。

5位:斉彬乃夢 藍ボトル

  • ・市場価格:220,000円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:濵田酒造 伝兵衛蔵

4位で紹介した「斉彬乃夢 金赤ボトル」のシリーズ違いです。金赤ボトルが非常に鮮やかな雰囲気であるのに対し、藍ボトルは落ち着きのある印象です。発売は金赤ボトルと同じタイミングであり、2色揃えるコレクターもいます。
なお伝兵衛蔵では、充填用の原酒を別途販売しているとのことで、こちらの切子ボトルを購入すれば飲んでしまった後も本格焼酎を充填することができます。長く楽しむことを目的に造られているのも、斉彬乃夢 金赤ボトル・藍ボトルシリーズの大きな魅力だと言えるでしょう。

6位:錦江 グリーンラベル

created by Rinker
¥171,112 (2022/09/28 15:48:26時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・市場価格:171,111円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:森伊蔵酒造(鹿児島県)

錦江は、かの有名な森伊蔵酒造の焼酎で、「森伊蔵」ブランドよりも前からリリースされた銘柄です。2001年にはすでに終売となっており、現在では製造されていません。そのため非常に希少価値が高く、圧倒的なコレクター人気があります。木箱に入ったものになると、さらに価値が高まります。
味わいはさすが森伊蔵と舌を唸らせるレベルで、やわらかくほのかに香る芋の風味と、上品でまろやかな舌触りが堪能できます。

7位:隆盛翁

  • ・市場価格:169,000円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:森伊蔵酒造(鹿児島県)

隆盛翁も森伊蔵の銘柄です。現在は製造されていない、昔のシリーズとなります。ずっしりとした見た目のボトルが目印で、中には森伊蔵酒造の自慢の芋焼酎が詰められています。伝統的な甕壺仕込みの焼酎であり、薩摩の英雄として知られる西郷隆盛に献上された焼酎としても有名です。
幻の焼酎と言われるだけあり、販売していた頃から生産量そのものが少なく、市場に出回っている数が少ないです。そのためプレミアがついており、流通価格は15万円を超えています。

8位:森伊蔵 同期の桜

  • ・市場価格:148,000円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:森伊蔵酒造(鹿児島県)

こちらも森伊蔵酒造の芋焼酎です。昔に製造されていた銘柄であり、森伊蔵の中でも古い銘柄となります。未開封状態のボトルは、瓶内で長期熟成されており非常に美味しくなっていると期待できる銘柄です。
もともとは森伊蔵酒造の中でも比較的入手しやすい銘柄でしたが、販売はすでに中止となり、プレミアがつき値段が跳ね上がっています。森伊蔵の焼酎はもともとの人気の高さに加え、終売シリーズが多く希少価値がついているのが特徴です。

9位:魔王 古にしえのかめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

薩摩隼人(@samozhunren1351)がシェアした投稿

  • ・市場価格:134,800円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:白玉醸造合名会社(鹿児島県)

魔王は鹿児島県の白玉醸造にて造られる芋焼酎です。森伊蔵や村尾と並び、“3M”と称されるプレミア焼酎です。そんな魔王のうち、最も値段が高いのが「古にしえのかめ」です。魔王シリーズの中でも非常に古い芋焼酎で、焼酎ブームが訪れるよりもずっと前に仕込まれたというレアなもの、魔王自体が全国流通するよりも昔のボトルになっています。
そのため製造数が非常に少なく、販売もごく一部の特約店のみでした。もちろん現代での流通量は非常に少なくプレミアがつけられています。
現在流通する魔王よりもさらに飲みやすく、芋の臭みが少ないのが特徴です。

10位:森伊蔵 楽酔喜酒

created by Rinker
森伊蔵
¥72,800 (2022/09/29 00:57:07時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・市場価格:約70,000円~100,000円
  • ・焼酎の種類:芋焼酎
  • ・製造元:森伊蔵酒造(鹿児島県)

森伊蔵の楽酔喜酒(らくすいきしゅ)は、10年熟成させた非常にレアな焼酎です。焼酎の古酒の一つと言える存在で、長い熟成を経てしか得られない円熟された旨味が特徴です。生産本数が限られている限定品であり、一般の酒屋では基本的に定価購入ができません。購入するためには、百貨店やデパートなどでごく稀に開催される抽選販売に申し込み、当選するしかありません。
そのため通販サイトやオークションなどに出回っている楽酔喜酒は、定価の何倍ものプレミア価値がついています。定価は1本600mlで36,200円ですが、流通価格は10万円ほどにのぼります。

プレミア焼酎として人気のブランドは?3Mとは?

ここまで焼酎を高額な順に10のプレミア焼酎を紹介しました。
焼酎の高級品は数万円〜十万円を超えるようなものばかりであるにもかかわらず、買い手が絶えず常に品薄状態となっています。これは味のクオリティはもちろん、“ブランド”としての人気があることが大きく影響しています。人気の焼酎ブランドは何かと話題になることが多く、コレクターからの需要やギフト需要も高まっています。

<3Mとは>

created by Rinker
贈り物本舗じざけや
¥39,800 (2022/09/28 15:48:27時点 Amazon調べ-詳細)

プレミア焼酎として人気のブランドといえば、やはり「3M」は外せないでしょう。3Mは“森伊蔵”、“村尾”、“魔王”の3つの銘柄のことで、全て鹿児島産の芋焼酎です。3銘柄の頭文字を取って、3Mの愛称が付けられています。特に「森伊蔵」は多くのシリーズが高額ランキング上位にランクインしているほか、現行ボトルも入手が困難で高い値段が付きます。
なお「村尾」は、森伊蔵に比べて芋ならではの香ばしさが強く、根強いファンがいます。伝統のかめ壺仕込みにより、まろやかな甘味が生まれています。村尾はネットショップなどでは、1万を超える値が付けられています。
名前のインパクトが強い「魔王」は、3Mの中でも特に飲みやすく一般受けが良いです。熟成酒ならではのスッキリまろやかな味わいで、焼酎を飲み慣れていない方にもおすすめできます。

また3M以外にも、プレミア焼酎と呼ばれる高額な焼酎はあります。代表的なプレミア焼酎には以下の銘柄があります。

<有名なプレミア焼酎>

八幡ろかせず

created by Rinker
八幡
¥4,195 (2022/09/28 15:48:28時点 Amazon調べ-詳細)

高良酒造が手がけるハイクオリティな芋焼酎です。名前の通り“ろ過”をしていない焼酎で、風味が強くインパクトの大きい味わいです。アルコール度も35度と高めで、玄人向きの焼酎です。

佐藤

created by Rinker
ノーブランド品
¥13,900 (2022/09/28 15:48:28時点 Amazon調べ-詳細)

白麹を使った「佐藤 白」、黒麹を使った「佐藤 黒」という2つの芋焼酎、そして麦焼酎の「佐藤 麦」がありどれも人気です。

十四代

created by Rinker
十四代
¥6,149 (2022/09/28 15:48:29時点 Amazon調べ-詳細)

プレミアム日本酒で有名な“十四代”の高木酒造が手がける米焼酎です。まるで吟醸酒のような、透き通るような爽やかさを感じ取ることができます。

伊佐美

created by Rinker
伊佐美
¥3,980 (2022/09/28 15:15:51時点 Amazon調べ-詳細)

プレミアム焼酎の元祖とも言われる銘柄で、白麹が一般的であった時代から黒麹による焼酎づくりを行ってきました。芋の収穫期である9〜3月しか仕込みを行わないことで、ハイクオリティな味わいを再現しています。

デイリーの焼酎とは何が違うの?高額な焼酎の特徴は?

デイリーの焼酎とは何が違うの?高額な焼酎の特徴は?
<高額な焼酎の特徴>

  • ・製法や原料へのこだわりがある
  • ・熟成期間が長い
  • ・生産量が少なく希少
  • ・陶磁器など特別なボトルを採用しているものも多い
  • ・現在では手に入らない銘柄が多い

焼酎の値段はピンからキリまであります。デイリーに取り入れやすい千円程度のボトルもある一方で、プレミア焼酎になると万単位の値段がつくこともあります。
高額な焼酎は、そもそも製法や原料へのこだわりが強く、デイリー向けの焼酎とは味のクオリティが遥かに違います。上質な原料を使い手の込んだ仕込みを行うことで、焼酎にありがちな“雑味”などを極限まで減らしています。熟成期間に関しても長いものが多く、長期熟成により味わいにまろやかさが生まれているのがポイントです。
なお丁寧に手作業で時間をかけて造られることから、プレミア焼酎は生産数そのものが少ないです。中には「限定品」として発売されるものや、「数量限定」で予約しないと購入できないような銘柄まであります。このような希少な焼酎は、もともとの定価よりも高い値段で取引される傾向にあります。
さらに、特別なボトルに詰められた焼酎や、現在では終売になってしまったような焼酎銘柄は、コレクターからの需要が高いため値段も跳ね上がっています。いわゆる“アルコール”としてではなく、“コレクション品”や“芸術品”として焼酎を集める方も多いです。

高額な焼酎は買取市場でも人気!買取はぜひリンクサスまで

高額査定
今回紹介したような高額な焼酎・プレミア焼酎は、買取市場でも人気が高いアイテムとなります。焼酎は長期保存がしやすいお酒であるため、昔の焼酎・古い焼酎にも高い値段がつくことが多いです。
「遺品整理をしていたら高額な焼酎が出てきた」「焼酎をコレクションしていたけれど飲む機会がない」という方は、ぜひ焼酎が高く売れる今の機会に、焼酎買取の利用を検討してみてはいかがでしょうか。焼酎買取なら、不要な焼酎をお得に現金化することが可能です。
お酒買取店リンクサスでも、焼酎の買取査定に対応しています。まずは話が聞きたい、査定額だけ知りたいといったニーズにも対応していますので、少しでも興味を持った方はぜひリンクサスまでお問い合わせください。

お酒買取専門店リンクサス

QRコードで追加
or

お酒買取専門店リンクサス

ID検索から追加
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭査定

 

まとめ

今回は焼酎の高額ランキングを紹介しました。想像以上の価格で、驚くような銘柄もあったのではないでしょうか。
なおここで紹介した銘柄以外にも、人気の焼酎や高値がつく焼酎はたくさんあります。もし自宅に気になる焼酎があれば、ぜひ焼酎の査定を利用してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,344
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:36,443
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:31,751
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,508
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,846
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«