バランタインまずい?定価価格17年等の種類・飲み方と正規品の違い

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

バランタインまずい?定価価格17年等の種類・飲み方と正規品の違い

2022/7/12
クリック数:926

ウイスキー買取はこちら
バランタインまずい?定価価格17年等の種類・飲み方と正規品の違い
近年はハイボールブーム・ウイスキーブームで、国内外のウイスキーに大きな注目が集まっています。特にウイスキーの本場と言われるスコットランドの“スコッチ”には、今まで以上にファンが増えてきています。
デイリー向けウイスキーから一歩進んだクオリティの銘柄に挑戦したいという方には、「バランタイン」をおすすめします。バランタインはスコッチの王道と言われるブレンデッドウイスキーで、飲みやすく、それでいてリッチな飲み心地を堪能できます。
今回はそんなバランタインにフォーカスを当てて紹介していきます。「バランタイン ファイネスト」や「バランタイン17年」など、ボトルによる違いや価格なども解説していくのでぜひ参考にしてみてください。
ウイスキー買取はこちら

スコッチウイスキーの名門バランタイン

バランタインとは


バランタインはスコットランドで作られるウイスキー、いわゆるスコッチウイスキーの銘柄です。ただし単一の蒸留所で作られるシングルモルトではなく、複数の蒸留所、そしてモルト原酒とグレーン原酒をブレンドさせたブレンデッドウイスキーとなります。
モルトウイスキーが非常に個性が強い特性を持つのに対し、ブレンデッドウイスキーは原酒を組み合わせることで生まれるバランスの良さに定評があります。また価格面でもシングルモルトよりお手頃なので、コスパが良くスコッチ初心者にも親しみやすいのが特徴です。
バランタインはブレンデッドスコッチの中でも非常に人気が高く、世界中で飲まれている銘柄となります。もちろん日本にも多くのボトルが輸入されていて、食卓やバー、レストランなど幅広い場面で親しまれています。

厳選された40種類以上の原酒を組み合わせ

バランタインはウイスキーの名門スコットランド各地から厳選された原酒を組み合わせています。原酒に選ばれるモルトウイスキー・グレーンウイスキーの数は総数40以上にものぼります。この原酒たちをマスターブレンダーと呼ばれるウイスキーづくりのプロが丁寧に組み合わせることで、調和の取れた華やかな香り、そしてエレガントで洗練された味わいが生まれるのです。
そんなバランタインの魅力は、穏やかで軽やかな口当たりと飲みやすさにあります。手頃なノンエイジから30年などの長熟ボトルなど多くのラインナップがあり、気分や予算に合わせて楽しめるのもバランタインの魅力と言えます。

バランタインのキーモルト7種

バランタインのキーモルト7種
バランタインにはとにかく多くの原酒が使用されていますが、中でも味わいの芯となる「キーモルト」が存在します。キーモルトの特徴を知ることで、バランタインがどのようなウイスキーであるのかを想像しやすくなるでしょう
“ザ・スコッチ”と呼ばれるバランタイン17年のキーモルト、別名「魔法の7本柱」に選ばれているのは以下の銘柄です。

  • ・スキャパ・・・花のような甘い香りとバニラ、フルーティーな味が特徴的でバランタインの芯になる味
  • ・オールドプルトニー・・・海沿いにある蒸留所で作られていて、潮の香りやオイリーさを感じるモルト
  • ・バルブレア・・・ハイランド地方最古の蒸留所で作られるフレッシュなフルーティーさが魅力
  • ・グレンカダム・・・大麦のクリームと呼ばれるほどのクリーミーなテクスチャを持つ
  • ・グレンバーギー・・・フレッシュで芳醇なシトラス・オレンジを思わせるフルーティーさがある。シングルモルトとしてのリリースは少ない
  • ・ミルトンダフ・・・心地良い麦芽のクリーミーさ、フレーバー全体に花や蜜のような甘さがある。シングルモルトとしてのリリースは少ない
  • アードベッグ・・・強いスモーキー・ピートを持つアイラモルトの代表格

バランタインに使われる原酒はとにかく個性豊かで、これらのキーモルトが組み合わされることによりひとことでは言い表せないほどの深く奥行きのある味が生まれます。バランタインを飲んで味わいを好みだと思ったなら、これらのスコッチのキーモルトに挑戦して飲み比べてみるのも面白いかもしれません。

バランタインのおすすめラインナップ

1.バランタイン ファイネスト

バランタインファイネスト

  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:ライトでもヘヴィーでもない飲みやすさが魅力
  • ・受賞歴:IWSC2022 金賞受賞

スモーキー香や木香を強めすぎることなく、なめらかで豊かな味と香りが表現されたバランス型のウイスキーです。バニラやハチミツを思わせる、甘く華やかなバランスの良さがあります。
個性が穏やかなので非常に飲みやすく、スコッチ初心者にもおすすめです。また手頃な価格で入手しやすく、デイリー用ウイスキーにもピッタリです。

created by Rinker
¥2,970 (2022/10/02 07:16:19時点 楽天市場調べ-詳細)

2.バランタイン 7年

created by Rinker
BALLANTINE(バランタイン)
¥2,222 (2022/10/02 07:16:20時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:熟成ウイスキーの入り口として親しみやすいボトル
  • ・受賞歴:ISC2022 金賞受賞

バランタイン7年は、いわゆる7年もののウイスキーです。バランタインの長熟ものの中では一番年数表記が短く、気軽にトライできるのが魅力です。
スコッチ原酒をバーボン樽で熟成することで生まれる、芳醇な香りがポイントです。口に含むと熟したりんごや洋梨のようなニュアンスを感じられます。

3.バランタイン 12年

created by Rinker
BALLANTINE(バランタイン)
¥1,515 (2022/10/02 07:16:21時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:上品でキレのある贅沢な味わいのスコッチ
  • ・受賞歴:ISC2021 金賞受賞

バランタイン12年は、12年以上の熟成原酒を掛け合わせて作られるウイスキーです。原酒は40種類以上使われていて、複雑ながらもバランスの取れたクリーミーな味わいを堪能できます。
まろやかな中にもしっかりとキレがあり、フィニッシュには潮のようなニュアンスもあります。甘やかなだけでない、芯のある美しいウイスキーを飲みたい方におすすめです。

4.バランタイン 17年

created by Rinker
バランタイン
¥5,650 (2022/10/02 07:16:21時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:“ザ・スコッチ”と言われる揺るぎない味わい
  • ・受賞歴:ISC2021 金賞受賞

バランタイン17年は、酒齢17年以上の長期熟成原酒を組み合わせた特別なウイスキーです。スコットランド各地の厳選された原酒がセレクトされていて、「ザ・スコッチ」と呼ばれるほどの人気があります。
1937年の発売以来確かな地位を確立してきたボトルで、気品のある深い香りと繊細さを持ち合わせています。バニラや樽香が美しく、クリーミーな甘さの中にほんのりとしたスモーキー・ピートも堪能できます。

5.バランタイン 21年

created by Rinker
BALLANTINE(バランタイン)
¥14,898 (2022/10/02 14:23:38時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:ウイスキーコニサーを唸らせるほどの高クオリティ
  • ・受賞歴:ISC2020 金賞受賞

バランタイン21年は、最低21年以上熟成されたウイスキーをブレンドした特別な一本です。りんごや花のようなフローラルで華やかな芳香に、洗練された味わい、そしてヒースやリコリス、スパイス感もあります。ミディアムボディで飲みやすく、後味はドライシェリーのような余韻が長く続きます。

6.バランタイン 30年

created by Rinker
BALLANTINE(バランタイン)
¥41,980 (2022/10/02 07:16:22時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:バランタインの最高峰、垂涎の逸品
  • ・受賞歴:ISC2022 金賞受賞

バランタイン30年は、長期熟成を見た目から感じさせる深い黄金色をしています。中には最低30年以上の熟成されたウイスキーがブレンドされていて、まさに最高峰のクオリティを感じることができます。
バニラ香・樽香といった超熟タイプのバランタインらしい香りで、口に含むと他のボトルとは違った力強さ、シェリー樽の豊かさも感じられます。複雑な強さがありながらも非常に柔らかく、エレガントな余韻も存分に堪能できます。

7.バランタイン バレルスムース

created by Rinker
バランタイン
¥2,619 (2022/10/02 07:16:23時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:内側を丁寧に焼いたアメリカンオークの樽を使用

バランタイン バレルスムースは、内側を丁寧に開いたアメリカンオークの樽で、このボトル用にブレンドされた原酒をフィニッシュさせているのが特徴です。焦がした樽を使うことで生まれるほのかなスモーキーさ、そしてキャラメルやバニラのような濃厚な甘みがポイントです。
スムースな口当たりでクリーミーさがあり、心地よいクラフト感を楽しめる1本です。

8.バランタイン マスターズ

created by Rinker
BALLANTINE(バランタイン)
¥4,847 (2022/10/02 14:23:39時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:長熟モルトと軽やかなグレーンのバランスが秀逸

バランタイン マスターズは、長期熟成モルトの中に軽やかなグレーンを掛け合わせたバランス感に優れた1本です。キーモルト「グレンバーギー」が生み出すシトラス・オレンジのような香りの中に、「ミントダフ」のクリーミーさが加わっています。
濃醇なフルボディタイプのウイスキーで、いつもよりちょっとリッチな時間を過ごしたい時におすすめしたいです。

9.バランタイン 17年 トリビュートリリース

created by Rinker
BALLANTINE(バランタイン)
¥10,417 (2022/10/02 14:23:39時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:48%
  • ・特徴:日本限定に作られた特別なバランタイン17年
  • ・受賞歴:ISC2022 金賞受賞

バランタイン トリビュートリリースは、マスターブレンダーであるサンディー・ヒスロップ氏がこだわりの製法で作り上げたスペシャルな17年もののウイスキーです。日本限定ボトルとしてリリースされています。
通常のアメリカンオーク樽だけでなく、ヨーロピアンオーク樽・ファーストフィルのアメリカンオーク樽を使用しているのがポイントで、冷却ろ過をしないノンチルフィルタード製法で旨味をしっかりと閉じ込めています。

バランタインの価格は?並行輸入品と正規品で違う?

バランタインの価格は?並行輸入品と正規品で違う?

バランタイン各ボトルの定価を調べてみた

シリーズ
希望小売価格(税抜)
バランタイン ファイネスト200ml:640円
700ml:1,390円
1,000ml:2,100円
1,750ml:3,200円
バランタイン 7年700ml:2,100円
バランタイン 12年350ml:1,520円
700ml:2,800円
バランタイン 17年700ml:9,000円
バランタイン 21年700ml:20,000円
バランタイン 30年700ml:80,000円
バランタイン バレルスムース700ml:1,900円
バランタイン マスターズ700ml:5,000円
バランタイン 17年 トリビュートリリース700ml:10,000円

バランタインは現在、日本国内ではサントリーが正規店となり輸入をおこなっています。サントリーがリリースする正規品の定価(希望小売価格)は上表の通りです。
基本的にバランタインは流通量が多く、今のところ定番ボトルであれば定価とほぼ変わりない価格で入手ができます。大型の酒販店はもちろん、Amazon価格や楽天価格も高騰していないのでウイスキーの中でも狙い目と言えるでしょう。
特に「バランタイン ファイネスト」「バランタイン 12年」あたりはボトルサイズも豊富であり一本あたり3,000円未満で買えるので、デイリー向けのウイスキーにぴったりです。特別な日にリッチな味わいのバランタインを試してみたくなったら、「バランタイン17年」や「バランタイン21年」あたりにトライしてみるのも良いでしょう。

created by Rinker
BALLANTINE(バランタイン)
¥14,898 (2022/10/01 19:40:19時点 Amazon調べ-詳細)

並行輸入品はお手頃価格?正規品との違いについて

ネットショップのバランタインのラインナップを見ていると、サントリーのリリースする「国内正規品」の他にも「並行輸入品」と書かれたバランタインのボトルが販売されていることがわかります。並行輸入品の場合、正規品よりも安い価格で入手できることが多いです。例えばバランタイン30年の場合、正規品の定価は8万円ですが、並行輸入品なら約34,000円で入手ができます

created by Rinker
バランタイン
¥40,800 (2022/10/02 14:23:40時点 Amazon調べ-詳細)

定価より安く買える、正規品でないと聞くと「並行輸入品は偽物なんじゃないか」と不安になる方が多いかもしれません。しかし並行輸入品はもともと海外でリリースされていたボトルであり、きちんとバランタインとして販売されているものなので安心してください。正規品との違いは、サントリーを通して輸入されたものであるか否かといった点にあります。
ただし並行輸入品は正規代理店を通していない分、輸送の際に品質が保たれていないなど、トラブルがある可能性も否定できません。心配な方は、正規品のボトルを購入する方が安心です。特にネットオークションやメルカリなどで出回っているボトルには注意が必要です。バランタインを購入する際は、信頼のおける酒販店を利用することを心がけてみてください。
ちなみにお酒買取に出した場合も、正規品であるか並行輸入品であるかによって評価額が変わることがあります。

バランタインはまずい?実際の評価を調べてみた


バランタインは流通量が多いウイスキーであるため、実際に飲んでみたという方が多く見受けられました。感想は美味しいといった声が非常に多く、特に「バランタイン17年」のボトルは人気が高かったです。普段一本1,000円以下などデイリー向けのウイスキーしか飲んでいないという方にとっては、感動を覚えるレベルだと言えるでしょう。
その一方で普段からシングルモルトや高級ウイスキーに親しんでいる方にとっては、「バランタイン ファイネスト」や「バランタイン7年」では物足りないという声も見受けられました。バランタインはあくまでもブレンデッドウイスキーであるため、個性の強いリッチなモルトを飲みたい人にとっては不向きかもしれません。
バランタイン自体はレベルの高いウイスキーであるため、味わいが好みであるか否かは個人の趣味嗜好によるところもあります。気になっている方はまず挑戦してみて、自分の舌に合うのかを確認してみると良いでしょう。

バランタインのおいしい飲み方

ストレート

ストレート
バランスに優れたバランタインのウイスキーは、さまざまな飲み方で楽しめることも魅力です。ストレート・ロック・ハイボールなど、自分に合った飲み方を探してみるのも面白いでしょう。
特にバランタイン17年、バランタイン21年、バランタイン30年といった長熟ボトルはストレートがおすすめです。ストレートで飲むことにより、繊細で美しく、奥行きのある味わいを堪能しやすくなります。
またストレートで飲んだ後は、わずかに水を加えて変化を楽しむのもありです。水を数滴加えることで華開いた印象になります。

ハイボール

ハイボール
バランタインの味わいはハイボールでも美味しく楽しめます。年数表記のないノンエイジやバランタイン7年などを飲む場合は、ぜひソーダで割ったハイボールにも挑戦してみてください。
なおハイボールを作る際はウイスキー:ソーダ水=1:3〜4程度がおすすめです。レモンやライムを添えて爽快感をプラスしても良いでしょう。

バランタイン フレグランススタイル


バランタインフレグランススタイルとは、公式ページでも紹介されている「大ぶりのグラスでバランタインを愉しむ飲み方」です。大きめグラスで堪能することで、バランタインの持つ香りをより一層感じ取ることができます。
おすすめは「バランタイン17年」です。大きなグラスにかちわり氷を2〜3個ほど入れてから、バランタイン17年を注ぎマドラーで混ぜてみてください。そのまま口に運ぶと、洗練された甘やかなフルーティーさを楽しむことができます。

余ったバランタインはお酒買取専門店リンクサスへ

余ったバランタインはお酒買取専門店リンクサスへ
バランタインは人気のスコッチです。そのためお酒買取市場でも安定した人気があります。特に高額買取となりやすいのが「バランタイン30年」のボトルで、古く希少なボトルであればそのぶん買取額も高くなります。
バランタインは基本的に未開封で状態が良ければ全て買取対象になりますが、ボトルによって評価額が変わってくるので注意です。まずはプロの査定員がいる買取専門店で相談し、少しでもお得に売れる方法を探すことをおすすめします。お酒買取専門店リンクサスでは、ただいまバランタインの買取を強化しているのでぜひご利用ください。
バランタインの買取はこちら

まとめ

王道のブレンデッドスコッチとして人気を誇るバランタイン。旨さの秘訣は、40種類以上もの原酒を組み合わせたブレンドのバランスの良さにあります。
ウイスキー初心者からウイスキー玄人まで幅広い方におすすめできる銘柄なので、ぜひ気になった方はまず挑戦してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,602
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,124
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,619
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,952
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,175
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«