プレミア焼酎百年の孤独なぜ高い?定価購入方法と偽物の見分け方

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

プレミア焼酎百年の孤独なぜ高い?定価購入方法と偽物の見分け方

2022/7/08
クリック数:2,418

焼酎買取はこちら
プレミア焼酎百年の孤独なぜ高い?定価購入方法と偽物の見分け方
高級酒といえばウイスキーやワイン・ブランデーが話題になりがちな昨今ですが、実は焼酎にもプレミアムな銘柄があります。黒木本店がリリースする麦焼酎「百年の孤独」もそのうちの一つで、格別の味わいを楽しめる麦焼酎として人気を集めています。
今回はそんな百年の孤独について紹介していきます。焼酎好きの方はもちろん、普段はあまり焼酎に馴染みがないという方もぜひ参考にしてみてください。
焼酎買取はこちら

プレミアム焼酎「百年の孤独」

百年の孤独とは

created by Rinker
¥6,150 (2022/09/28 17:29:56時点 Amazon調べ-詳細)

百年の孤独は、宮崎県で作られる麦焼酎の銘柄です。数ある焼酎の中でも高級品扱いで、森伊蔵や村尾、魔王といった焼酎のように入手がやや困難なプレミア焼酎として知られています。
百年の孤独は大手メーカーの量産型焼酎のようなものではなく、原料の選別や麹づくり、そして蒸留や熟成までの全ての工程が丁寧に手間暇かけて行われているのが特徴です。それ故に少量生産であり、人気に対して流通量が少ないです。
ちなみに“百年の孤独”というネーミングは、もともとコロンビア出身の作家であるガブリエル・ガルシア=マルケスの著書であった『百年の孤独』という作品に由来しています。焼酎ボトルのデザインも古紙に英字が書かれたデザインとなっていて、クラシカルな洋酒のような印象を感じることができます。

樽熟成した麦焼酎はまるで高級ウイスキーのよう


麦焼酎・百年の孤独の最大の特徴は“樽熟成”にあります。
一般的な家庭向けの焼酎は、蒸留後にすぐに瓶詰めされて出荷されることがほとんどです。しかし百年の孤独は蒸留後の原酒をすぐに瓶詰めせず、ホワイトオークの樽で一定期間の熟成を経てから完成となります。内容としては3年熟成・4年熟成・5年熟成の原酒がブレンドされています。
ちなみにホワイトオークとはウイスキー作りにおいて、熟成時によく用いられる樽のことです。焼酎原酒をこのホワイトオークで熟成させることにより、まるでウイスキーのようなまろやかさ・樽香が生まれています。百年の孤独は見た目も琥珀色をしていて、一般的な透明色のウイスキーとは違いを感じ取ることができます。
そんな百年の孤独の味わいは、ココナツや麦などの香ばしい風味の重なりを感じられる、円やかで複雑な旨味があります。焼酎にありがちなツンとしたアルコール由来の刺激が和らいでいるため、普段は焼酎をあまり飲まないという方やウイスキー派という方にもおすすめしやすい銘柄となっています。

<百年の孤独の商品情報>

  • ・原材料・・・麦、麦麹
  • ・アルコール度数・・・40%

 

百年の孤独を造る「黒木本店」について

黒木本店とは

百年の孤独を製造する蔵元・黒木本店は宮崎県高鍋町にあります。創業は明治18年と、長い歴史を持つ老舗になります。
宮崎県高鍋町は全国トップレベルの日照時間を誇る土地であり、黒木本店はそこに広大な自社畑を所有しています。自分達で農業を営んでいて、原料からの焼酎作り、そして有機栽培や新品種での焼酎開発といった取り組みにも積極的です。
伝統を大事にしながらも進化し続ける黒木本店は、常にクオリティの高い焼酎をリリースしています。百年の孤独だけでなく、麦焼酎「中々」や芋焼酎「㐂六」、米焼酎「野うさぎの走り」といった銘柄も高い知名度を誇っています

<麦焼酎・中々>

created by Rinker
中々
¥3,340 (2022/09/29 07:03:33時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・原材料・・・麦、麦麹
  • ・アルコール度数・・・20%、25%

麦焼酎「中々」は、上品で香ばしい味わいの麦焼酎です。百年の孤独とは違い熟成タイプではなく、アルコール度数も20〜25%と低めになっています。百年の孤独に比べてライトで軽やかな味わいで、穀物の甘やかさを感じ取ることができます。

<芋焼酎・㐂六(きろく)>

created by Rinker
喜六
¥2,773 (2022/09/29 07:03:33時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・原材料・・・甘藷、米麹
  • ・アルコール度数・・・25%

㐂六は芋焼酎です。芋焼酎に相応しいとされる黄金千貫を原料にしていて、穀物らしい甘味と強さを感じ取ることができます。麦焼酎である百年の孤独に比べて骨太で凝縮感のある味わいであり、複雑な余韻や芋焼酎ならではの香りもあります。
水割り・お湯割りどちらでも美味しく、水で割ると豊かな風味、お湯で割ると丸みのある味わいを堪能できます。
ちなみに黒木本店は㐂六以外の芋焼酎もリリースしています。柑橘のようなすっきり味を楽しめる「橘」や、冬季限定リリースの「爆弾ハナタレ」といったボトルがあります。

<米焼酎・野うさぎの走り>

created by Rinker
野うさぎの走り
¥3,388 (2022/09/29 07:03:34時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・原材料・・・米、米麹
  • ・アルコール度数・・・37%

野うさぎの走りは米・米麹を原料とする米焼酎です。ドライですっきりとした、スモーキーな味わいが特徴です。ナッツのようなニュアンスもあり、加水することでより一層フレーバーが増します。
アルコール度数37%と一般的な焼酎よりも度数が高く、しっかりとした風味を楽しみたい方におすすめです。

百年の孤独は定価で買えない!?入手方法は?

百年の孤独の定価・流通価格はどのくらい?

  • ・定価:およそ3,300円(税込)
  • ・流通価格:5,000〜6,000円程度

百年の孤独の定価は、およそ3,300円ほどです。なお正確な価格は販売店ごとに若干の差があります。
ただし百年の孤独は、必ずしも定価で手に入る訳ではありません。なぜならそもそも生産数が少なく、正規で販売を行うショップも少ないからです。実際にAmazonや楽天市場などの流通価格をみてみると、およそ5,000〜6,000円ほどの定価以上の価格で取引されているのがわかります。

created by Rinker
¥6,150 (2022/09/28 17:29:56時点 Amazon調べ-詳細)

また百年の孤独は、そもそも取り扱いをしているショップが少ないです。大手メーカーの焼酎のように、スーパーなどで気軽に買える訳ではありません。百年の孤独を飲んでみたいなら、まずは取り扱いのあるお店を探すところから始めてみましょう。

購入は特約店がおすすめ


百年の孤独を定価に近い価格で入手するなら、正規販売を行う特約店を探しましょう。特別に黒木本店と取引している特約店であれば、店頭でも「百年の孤独」を購入できます。特約店の販売なら、ネット購入よりも安い価格で入手できる可能性が高いです。
百年の孤独の特約店は宮崎県内だけでなく、全国各地にあります。公式ホームページから特約店一覧も確認できるので、自宅近くの利用しやすい店舗を調べてみてください。

百年の孤独の評判・口コミを調べてみた


百年の孤独は、こだわりの焼酎というだけあり“美味しい”との声が非常に多く見受けられました。味わいは「熟成酒らしい濃い味」と評価する方が多く、アタックの強さに満足感を得ている方が多かったです。
また強めの焼酎でありながらも、柔らかくて飲みやすいという感想も多い印象です。これは百年の孤独が熟成タイプの焼酎だからこその評価と言えるでしょう。
一方で飲みやすさのあまり飲み進めていたら、思ったよりも酔いが回ってしまったと述べる人もいらっしゃいました。百年の孤独はアルコール度数40%で、一般的に出回っている焼酎(アルコール度数20〜25%程度)に比べて度数が高い点に注意する必要がありそうです。いつもの感覚でハイペースに飲んでいると、想像以上にアルコールが周り悪酔いの原因となることがあるかもしれません。百年の孤独は美味しい焼酎ですが、スローペースを守って飲むように心がけましょう。

百年の孤独を美味しく飲む方法

まずはストレートで飲んでみよう

まずはストレートで飲んでみよう
焼酎は水割りやお湯割りで飲むのが定番です。しかし百年の孤独を飲む場合は、まず最初はストレートで飲んでみるのがおすすめです。
お酒は樽で熟成されると、独特の樽の香りがつき、また角が取れたような味わいになります。熟成酒本来の香りや旨味を最大限に感じるためには、割らずにそのまま飲んでみるのがベストです。
なおストレートで飲む際は、あくまでもゆっくり飲み進めることが大切です。最初は鼻を近づけ香りを堪能し、その後少しずつ口に含むようにしましょう
またグラス選びにこだわってみるのも面白いです。百年の孤独はウイスキーのような香味が特徴的なので、ウイスキーを飲む際に使うようなテイスティンググラスで飲んでみるのもありです。

5:5で割るのもおすすめ

焼酎お湯割り
百年の孤独はストレートだけでなく、割って飲んでももちろん美味しいです。水で割ると甘味がUPし、お湯割りならコクが増します。割る際は焼酎:割水=5:5の“ゴーゴー”がおすすめです。アルコール度数が高めの焼酎なので、いつもの焼酎水割りよりも気持ち水を多めにするとバランスが良くなります。

百年の孤独は偽物に注意!本物との見分け方は?

偽物の登場が問題に


入手困難なウイスキーの代表格である百年の孤独は、ほんの少し前に偽物が登場したことも話題になりました。偽物には“百年孤独”というネームが付けられていて、ぱっと見の雰囲気だけ似せていますがボトルの見た目・中身共に全く異なる品質になっているので注意です。
悲しいことに、人気のお酒にはこのようにしばしば偽物品が登場します。中には本物のボトルに偽物の液体を詰めたような悪質な品もあるので、購入の際にはよく気を付けておきましょう。
百年の孤独の偽物を購入してしまわないか心配な方は、以下のポイントを確認してみてください。

ラベルを細かくチェックしよう


百年の孤独は独特な英字のラベルが目印です。購入する際はぱっと見の雰囲気だけでなく、正しいラベルであるのかを丁寧にチェックしておいてください。表面だけでなく裏面の記載内容までしっかりと確認すると、偽物を購入してしまうリスクを減らすことができます。

相場に比べ安すぎる品が注意が必要

百年の孤独はプレミア焼酎で、定価でも3,000円以上の価格、さらに流通価格となると5,000円を超えます。相場の価格帯から明らかに外れている場合は、偽物の可能性があるので注意しておきましょう。
例えば1,000円台などで買えてしまうボトルがある場合、粗悪品や偽物の可能性が高いです。“安い”という理由だけで安易に購入を決めないようにしましょう。

ネット購入は商品説明文までしっかり確認

ネットショップやメルカリなどインターネット上の取引は、店頭に比べて偽物ボトルや粗悪品をつかまされるリスクが特に高くなります。購入の際は、必ず信頼のおけるショップや取引相手を選ぶように心がけましょう。
特に海外の悪質な偽物を販売しているサイトは、商品説明がきちんとなされていなかったり、明らかに日本語に違和感があるケースが多いです。商品説明まできちんと読むと、本物であるか否かを見分けやすくなります。

飲まない百年の孤独はお酒買取へ

飲まない百年の孤独はお酒買取へ
プレミア焼酎である「百年の孤独」は、需要が高くお酒買取の市場でも人気があります。もし未開封で今後も飲む予定がない百年の孤独のボトルをお持ちであれば、お得に現金に変えるチャンスです。
なお百年の孤独を売る場合はただのリサイクルショップのような業者ではなく、きちんとお酒買取に特化した買取専門店、特に焼酎ジャンルに強いところを選ぶようにしましょう。お酒買取専門店なら、お酒の知識に精通した査定員がいるため市場の人気を踏まえた上で適切な値段をつけることができます。
お酒買取専門リンクサスは、ただいま百年の孤独のようなプレミア焼酎の買取を強化しています。業界最高水準の高価買取を実現できるので、ぜひ一度ご相談ください。

限定ボトル「百年のボトル」は高額買取に

 

この投稿をInstagramで見る

 

energy60(@yappyt)がシェアした投稿

麦焼酎・百年の孤独シリーズの中でも特に高額買取が期待できるのが、「百年の孤独 百年のボトル」という商品です。こちらは2014年に小説『百年の孤独』の著者であるガブリエル・ガルシア=マルケス氏が死去したことを受け、追悼の意を込めて作られた数量限定品となります。
百年のボトルの発売は2015年11月ともう何年も前であり、現在はすでに終売となっています。クリスタルブランド・バカラのボトルに入った特別な焼酎で、中身のお酒にも希少価値の高い27年ものなどが含まれているのがポイントです。
とにかくハイスペックな百年の孤独 百年のボトルは、当時の販売価格が税抜で300,000円とそもそもが非常に高価なものでした。リリース本数はわずか500本であり、現在は希少価値も相まって値段がさらに高くなっています。そのためお酒買取に依頼すれば、定価に近い高値で売れる可能性が非常に高いです。もしこちらのボトルをお持ちであれば、ぜひ一度リンクサスまでご相談ください。
百年の孤独の買取はこちら

まとめ

ウイスキーのような樽熟成が魅力の「百年の孤独」は、普通の麦焼酎とは一線を画すレベルのクオリティで人気があります。焼酎好きの方だけでなく、ウイスキーファンや日本酒ファンにもおすすめできる銘柄です。
百年の孤独はいわゆるプレミア焼酎であり入手がやや困難ではあるものの、特約店の販売タイミングを狙えば定価に近い価格でも手に入ります。気になる方は、ぜひこの機会に挑戦してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,342
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:36,434
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:31,743
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,504
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,845
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«