出荷制限・終売続くマッカラン12年。価格高騰で定価購入は無理か

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

出荷制限・終売続くマッカラン12年。価格高騰で定価購入は無理か

2022/10/09
クリック数:8,195

ウイスキー買取はこちら
出荷制限・終売続くマッカラン12年。価格高騰で定価購入は無理か
世界で最も有名なウイスキーと言われるのが、スコットランド産ウイスキーのザ・マッカランです。今回紹介するマッカラン12年は、そんな「ザ・マッカラン」ブランドの中でもレギュラーボトルで挑戦しやすい1本です。
一体どのようなラインナップがあるのか、定価で買えるかなどを述べているのでぜひチェックしてみてください。
ウイスキー買取はこちら
 

スコッチウイスキーの王道「マッカラン12年」


マッカラン12年は、スコッチウイスキー「ザ・マッカラン」の12年熟成ボトルです。マッカランはスコットランドで作られるシングルモルトであり、華やかで甘美な味わいに定評があります。
ザ・マッカランといえば高級ウイスキーとして有名で、長期熟成ボトルには天文学的値段がつけられるほどです。世界に認められたクオリティのウイスキー銘柄であり、イギリスの高級百貨店ハロッズのウイスキー読本では「シングルモルトのロールスロイス」とも喩えられています。
ザ・マッカラン12年はそんなマッカランシリーズの中では比較的手が届きやすいランク帯で、スタンダードで親しみやすいです。日本国内ではサントリーが正規輸入元となり、販売を手掛けています。「王道のスコッチを味わってみたい」「高級ウイスキーのマッカランを試してみたい」という方には特におすすめできる銘柄です。
 

マッカラン12年のラインナップと商品情報

マッカランの12年ボトルには複数の種類が存在しています。同じ熟成年数の表記でも熟成樽の種類などが異なり、それだけ味わいも変わってきます。
ここからはマッカラン12年のラインナップを紹介していきます。ぜひ比較してみてください。
 

ザ・マッカラン シェリーオーク12年

created by Rinker
MACALLAN(マッカラン)
¥13,500 (2022/12/04 16:54:25時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・原材料:モルト
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:マッカランのスタンダードと言えるボトルで、華やかで上品な香りと濃厚な甘さがポイント

 
ザ・マッカラン シェリーオーク12年は、マッカランのブランドを代表するレギュラーボトルです。原木の剪定から製樽まで管理された上で作られた一種類のシェリー樽のみを使い熟成を行ったというこだわりのウイスキーです。使われる原酒は最低12年以上熟成で、まろやかかつ華やかな味に仕上がっています。
特にシェリー樽由来の濃厚な甘さが印象的で、口に含むとドライフルーツのような印象を受けます。ほのかなジンジャー感やウッドスモーク、そしてスパイスのような余韻もあり高いレベルを感じられる1本です。
 

ザ・マッカラン ダブルカスク12年

created by Rinker
MACALLAN(マッカラン)
¥13,850 (2022/12/04 16:54:26時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・原材料:モルト
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:厳選のアメリカ産・ヨーロッパ産シェリーを使用して作られた完全なバランスのマッカラン

 
ザ・マッカラン ダブルカスク12年は、名前の通りダブルカスク=2種類の樽を使って作られたマッカランです。使用されているのはアメリカンオークおよびヨーロピアンオークのシェリー樽です。2つの樽の特徴をうまく組み合わせることで、非常に飲みやすい、バランスの良い味に仕上がっています。
いわゆるマッカランらしいヨーロピアンオーク・シェリー樽の華やかさの中から、アメリカンオーク由来のバニラ感、バタースコッチ感も感じます。まろやかな甘みと長く続く余韻で満足度高めの味わいです。
 

ザ・マッカラン トリプルカスク12年

created by Rinker
MACALLAN(マッカラン)
¥12,249 (2022/12/04 17:14:12時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・原材料:モルト
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:3種の異なる樽で熟成させた原酒を組み合わせたマッカランで、滑らかで繊細なバランスを感じられる

 
ザ・マッカラン トリプルカスク12年は、アメリカンオーク・シェリー樽、ヨーロピアンオークのシェリー樽、そしてバーボン樽で熟成させた原酒を組み合わせたマッカランです。
「ザ・マッカラン シェリーオーク12年」や「ザ・マッカラン ダブルカスク12年」に比べウイスキーそのものの色味が明るいのが特徴で、ゴールドのような見た目をしています。バーボン樽の個性が効いている味わいで、ココナッツや柑橘系のフレーバーを感じ取ることができます。しっかり目の香りで加水しても崩れにくいため、ハイボールや水割りでも親しみやすいのがポイントです。
 

ザ・マッカラン ファインオーク12年

created by Rinker
d0010063
¥17,800 (2022/12/04 16:54:26時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・原材料:モルト
  • ・アルコール度数:40%
  • ・特徴:「ハイボールのためのマッカラン」と呼ばれるボトルで爽やかな味はカジュアル向き

 
ザ・マッカラン ファインオーク12年は2017年までサントリーが扱っていたボトルです。アメリカンオークのシェリー樽、ヨーロピアンオークのシェリー樽、バーボン樽の3種類の樽を使ったウイスキーで、こちらの後継品が「ザ・マッカラン トリプルカスク12年」となっています。
ザ・マッカラン ファインオークはハイボールのための一本とも言われるようなバランスです。程よい軽さが飲みやすく、爽やかでデイリーに親しみやすいマッカランといえます。
 

マッカラン12年を美味しく飲む方法

マッカラン12年は適度な熟成年数で、ストレートだけでなくさまざまな飲み方で美味しく飲めるのがポイントです。華やかな味と香りが強めなので、加水しても薄まった印象になりにくいというメリットがあります。
マッカラン12年にトライする際は、ぜひ色々な飲み方で違いを比べてみてください。ここからはマッカラン12年のおすすめの飲み方をいくつか紹介していきます。
 

ストレート

ストレート
マッカランらしい香りや樽のニュアンスをダイレクトに楽しみたいなら、やはりストレートからの挑戦がおすすめです。マッカラン12年はまろやかな舌触りと甘さで、ストレートで飲めば濃密さを堪能できます。なおストレートの場合は、ごつめの食事よりもナッツやチョコレートなどをおつまみにゆっくり飲むことをおすすめします。
そしてストレートで飲む場合には、冷やしすぎないように注意しましょう。ストレートの冷やしすぎはマッカラン12年の香りを損なってしまう原因となります。できれば常温に近い状態で、ゆっくりと堪能するように飲むのがベストです。
 

ロック

オンザロック
ロックは“オン・ザ・ロック”と呼ばれる飲み方で、氷を入れたグラスにマッカラン12年を注ぎ飲む方法です。氷で冷やされることにより、マッカランの刺激が薄まり飲みやすくなります。そして氷が徐々に溶けていくことで、マッカランの味が変化していくのも楽しめます。
なおロックにする場合は、通常の氷ではなくロックアイスと呼ばれる大きい氷を使用するのがおすすめです。
 

ハイボール

ハイボール
マッカラン12年のハイボールは非常に贅沢な味わいです。マッカランはハイボールでも味や香りが崩れにくく、特に「ザ・マッカラン ファインオーク12年」や「ザ・マッカラン トリプルカスク12年」を飲む場合におすすめしたい飲み方です。
炭酸を入れてハイボールにすることで、爽快感が増し飲みやすさが倍増します。食中酒にマッカランを取り入れたい方にもピッタリの飲み方です。
 

原酒不足で希少!?マッカラン12年の出荷制限や終売の噂


マッカラン12年は国内に元々多く流通していたウイスキーですが、ここ最近では見かけることが少なくなってきています。なぜなら原酒不足により、ボトルによっては出荷制限もしくは終売状態となってしまっているからです。すでにザ・マッカラン ファインオーク12年は終売となり、そして後続としてリリースされていた「ザ・マッカラン ダブルカスク12年」「ザ・マッカラン トリプルカスク12年」も休売となることが発表されています。
上記の2つの休売ボトルはあくまでも終売ではないため、今後の状況次第では再度入荷される可能性もあります。しかしサントリーは輸入や販売の再開時期を名言していないので、マッカラン12年の各ボトルがいつ安定供給されるようになるかは定かではありません。
現時点で手に入るマッカラン12年のボトルは、休売以前に入荷されたボトルとなります。そのため今は在庫が残っている状態でも、今後は時間が経つにつれ在庫が減っていくことが予想されます。つまり時間が経つにつれ、マッカラン12年がプレミア化するという予想です。マッカラン12年を狙っている方は、早めに手に入れるようにしたいところです。
 

マッカラン12年の定価や販売価格について

マッカラン12年の定価と現在の価格

銘柄定価※希望小売価格Amazon価格
ザ・マッカラン シェリーカスク12年9,900円(税込)約13,420円
ザ・マッカラン ダブルカスク12年8,800円(税込)約13,560円
ザ・マッカラン トリプルカスク12年8,800円(税込)約12,350円

マッカラン12年の代表ボトルとして展開されているシェリーカスク12年・ダブルカスク12年・トリプルカスク12年の値段を調査してみました。
サントリーによる定価では、マッカラン12年はどのボトルも1万円未満で買えるような価格設定となっています。角瓶などデイリー向けと言われるウイスキーに比べるとやや高めですが、それでも12年もののシングルモルトと考えると妥当な値段と言えます。ちょうど1万円出せば買えるという値段は、自宅用だけでなく贈答品やギフト用としてもおすすめしやすいです。
マッカラン12年はどのボトルも定価よりもやや高額で取引
ただしAmazonなどのネット価格を見ると、マッカラン12年はどのボトルも定価よりもやや高額で取引されているのがわかります。マッカラン12年は終売や休売の噂も影響し、じわじわと市場価格が高騰している状態にあります。特にネットでマッカラン12年のボトルを購入しようと検討されている方は、こうした価格高騰に注意しておきましょう。ネットでの相場は2022年10月時点でおよそ13,000円ほどとなっています。
 

お店によっては定価購入できるところも


品薄で高騰化がみられるマッカラン12年ですが、2022年の時点ではまだ定価販売しているお店も見受けられています。ツイッターなどの口コミでは、「リカマン」や「イオン」で定価購入できたという情報が寄せられています。中にはスーパーで購入できたという報告もあり、マッカラン12年は現在全く手に入らない銘柄というわけでもなさそうです。
ただし前述した通り、マッカラン12年は今後希少化する可能性が大なので注意です。このまま販売再開がなされなければ、やがて店頭でも見掛けられなくなる日が来るでしょう。希少性が高まるとそれだけバイヤーやコレクターも殺到するので、できるだけ早めにチェックを入れておくことをおすすめします。


 

マッカラン12年の価格推移と今後の予想

ザ・マッカラン シェリーオーク12年のAmazon価格推移
2016年約4,500円
2017年約8,000円
2018年約7,000円
2019年約6,500円
2020年約7,000円
2021年約8,500円
2022年約13,500円

created by Rinker
MACALLAN(マッカラン)
¥13,500 (2022/12/04 16:54:25時点 Amazon調べ-詳細)

参考までに、ザ・マッカラン シェリーオーク12年のAmazon価格がどのように推移しているのかを調べました。
表を見てわかるように、マッカラン12年は原酒不足となる前の2016年ごろまでは、一本5,000円未満で売られているようなウイスキーでした。しかし出荷制限のかかり出した2017年ごろより、価格が急激に高騰しています。2018年以降は価格高騰が一度落ち着きを見せたものの、2022年以降は再度高騰しています。これには原酒不足のほか、円安やそのほか世界情勢なども関係していると予想できます
特に2022年はシェリーオーク以外のボトルも出荷制限・休売状態となり、マッカラン12年の価値が高まった1年と言えます。そしてマッカラン12年を取り巻く環境はあまり変わっていないため、今後も高騰化は進んでいくと予想されています。場合によってはマッカラン12年の価格が一本15,000円以上になる可能性も十分にあるでしょう。

 

高騰化が進むマッカラン12年はお酒買取専門店へ

高騰化が進むマッカラン12年はお酒買取専門店へ
マッカラン12年は数年前に比べて市場価格が2倍ほどにまで高騰しています。原酒不足によりレア化が進んでいて、それだけ値段も高くなっている状態です。お酒買取専門店でも高額査定の対象となるので、ぜひ未開封ボトルをお持ちであれば買取査定をご利用ください。
お酒買取専門店リンクサスでは、現在マッカラン12年の買取を強化中です。お酒に精通したプロの査定員が市場にあった適切な価格をお付けしているので、マッカランの買取を検討中の方はぜひご相談ください。買取に関する相談や疑問・質問も受け付けしているので、お酒に詳しくない方や買取が初めての方も安心してお問合せください。店頭のほか、オンラインLINEからの連絡・査定も受け付けています。
マッカラン12年買取はこちら
 

まとめ

シングルモルトのロールスロイスと呼ばれるマッカラン。マッカラン12年は、そんなマッカランの中では比較的手に届きやすいボトルです。しかし近年は高騰化が進んでいて、レア度も高くなり始めています。
マッカラン12年にトライするなら今がチャンスです。買取市場でも人気のアイテムなので、ウイスキーファンの方はもちろんコレクターの方などもぜひ動向を気にかけてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2022.11.16更新
クリック数:59,560
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:56,178
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:45,163
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:38,910
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:38,045
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«