ブランデーとウイスキー原料飲み方の違い。コニャックハイボールも有

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

ブランデーとウイスキー原料飲み方の違い。コニャックハイボールも有

2022/12/10
クリック数:175

ウイスキー買取はこちら
ブランデーとウイスキー原料飲み方の違い。コニャックハイボールも有
ブランデーとウイスキーは琥珀色の見た目で、雰囲気が非常に似ています。そのため名前は知っていても、「両者の違いがよくわからない」と感じている方も多いのではないでしょうか。
実はブランデーとウイスキーは、飲んでみるとかなり違う飲み物であることがわかります。それぞれの特徴を知ることで、自分に向いたお酒がどれかわかり、お酒選びで失敗しにくくなるでしょう。

そこで今回の記事では、ブランデーとウイスキーの違いを詳しく解説していきます。ぜひお酒選びの参考にしてみてください。
ウイスキー買取はこちら

今さら聞けない!?ブランデーとウイスキーの違いとは

ブランデーとウイスキーはそもそも原料が異なる

ブランデーとウイスキーはそもそも原料が異なる
ブランデーとウイスキーは、アルコール度数の高い蒸留酒という点では似ています。しかし両者は、そもそも「原料」が異なっています。具体的にはブランデーがぶどうなどの果実を原料とするのに対し、ウイスキーは大麦などの穀物を原料に作られています。
 

  • ブランデーの主な原料・・・ぶどう、りんご、洋梨、さくらんぼなど
  • ウイスキーの主な原料・・・大麦麦芽(モルト)、とうもろこし、ライ麦、小麦など

 
なおブランデーの原料である果実には、豊富な糖分が含まれています。そのため糖化という過程を経ることなく、そのまま醸造し蒸留ができます。


一方でウイスキーの原料となる穀物は果実に比べ糖分が少ないため、そのままでは醸造が進みません。したがってウイスキー製造では、まずはデンプンを糖化させるという工程が必要になります。

このように原料が違うことで、ブランデーとウイスキーの間には製造工程にも違いが生まれています。原料として製造工程が異なるブランデーとウイスキーは、味や香りにも明確な差が出てきます。
 

ブランデーとウイスキーの味の違い!ズバリ飲みやすいのはどっち?

ブランデーとウイスキーの味の違い!ズバリ飲みやすいのはどっち?
果実から作られるブランデーは、非常にフルーティで香り高いという特徴を持ちます。そのためブランデーは味を楽しむというよりは、香りを楽しむというニュアンスが強いです。一方でウイスキーは、穀物由来のしっかりとした味を堪能するのに向いています。原料にどんな穀物が使われているかで、味がはっきり分かれるのもウイスキーの特徴と言えるでしょう。

口に含むとブランデーはほのかに甘く、高いアルコールを感じさせないような飲みやすさがあります。一方でウイスキーは燻製のようなスモーキーさがあるなど、甘味が少なくスマートな印象を受けます。そのため甘いニュアンスが好きな方は、ブランデーの方が飲みやすいと感じるかもしれません。一方でウイスキーは甘さに寄りすぎないため、食中酒としても取り入れやすいといった側面があります。またウイスキーは割って飲むのにも適しているので、ハイボールや水割りが好きな方には非常に向いています。
 

ブランデーとウイスキーにおける4つの共通点

細かな違いのあるブランデーとウイスキーですが、見た目が似ていることから分かるように共通点も多いです。ここからはブランデーとウイスキーの共通点について述べていきます。
 

①アルコール度数は40度前後

他のアルコールと比べてみる
ブランデーとウイスキーはどちらもアルコール度数40度前後です。いわゆる蒸留酒であり、アルコール度数はかなり高めとなっています。ワインのアルコールが約12度、日本酒が約16度なので、比べるとかなり強いお酒であることがわかります。
ただしボトルによって、正確なアルコール度数は異なるので気を付けておきましょう。なぜならブランデー・ウイスキーはどちらもボトル詰めされる前に“加水”という工程が加えられ、アルコール度数が調整されているからです。そして中には加水をわずかにしか行わないものや、加水せずそのままボトル詰めしているような銘柄も存在しています。そのため正確なアルコール度数が知りたい場合はブランデー・ウイスキーの違いで比較するのではなく、ボトルごとに書かれた度数表記を調べるようにしておきましょう。


 

②蒸留の後に樽で熟成される

蒸留所
お酒を蒸留して作られる“蒸留酒”は、ブランデーやウイスキーの他にもたくさんあります。例えば焼酎やジン、ウォッカなどのスピリッツも蒸留酒に当てはまります。しかしブランデーとウイスキーには、蒸留の後に必ず樽熟成が行われるという特徴があります。この樽熟成こそが、ブランデーやウイスキーの個性を生み出すのに繋がっています。
木樽で熟成されるブランデーやウイスキーは、蒸留したてのアルコールに比べて角の取れたまろやかな味になるのが特徴です。とろみのある飲み心地になり、色も無色透明ではなく琥珀色になります。なお熟成期間が長ければ長くなるほど、味の深さや色の濃さも増していきます。ブランデーもウイスキーも、熟成期間が長ければ長いほど高級品として扱われることが多いです。
 

③糖質ゼロでヘルシーと人気

ウイスキーの糖質は0
蒸留酒であるブランデーやウイスキーには、糖質が含まれていません。そのため「太りにくいお酒」と言われることが多く、ヘルシー志向の方に人気があります。
近年はビールの代わりにブランデーやウイスキーを選ぶ方も増えています。ただしどちらもカロリーはゼロではないので、飲み過ぎには注意です。


 

④賞味期限がなく長期保存も可能

ウイスキー
ブランデーとウイスキーは、蒸留酒であり劣化しにくいという特徴があります。賞味期限がそもそも存在しておらず、未開封で正しく保管してさえいれば何十年と長期保存が可能です。実際に30年前のブランデーやウイスキーも、美味しく飲めると言われています。
また保存方法もさほど難しくないので自宅保管ができます。ブランデー・ウイスキーはワインや日本酒のように保管時に専用のセラーや特別な環境を必要としないので、コレクションやギフトにも向いています。



 

コニャックやバーボンはどんなお酒?種類や特徴を解説

ブランデーやウイスキーは、世界中で作られているお酒です。そのため生産地ごとに、細かな特徴や味わいが異なっています。例えばブランデーの中には「コニャック」「アルマニャック」、ウイスキーの中には「バーボン」「スコッチ」などがあります。
ここからはブランデーとウイスキーの細かな種類を解説していきます。
 

<ブランデーの種類>

ブランデーの種類

名称
主な原料
特徴
コニャックブドウ
  • フランス・コニャック地方で作られる
  • ・単式蒸留器で2回蒸留を行う
  • ・雑味が少なく上品でまろやかな味
アルマニャックブドウ
  • フランス・アルマニャック地方で作られる
  • ・半連続式蒸留器で1回蒸留を行う
  • ・コニャックよりもパンチの効いた味わい
カルヴァドスりんご
  • フランス・ノルマンディー地方で作られる
  • ・蒸留器の種類や蒸留回数は生産域ごとに変わる
  • ・りんご由来の芳醇で強い香りが特徴

ブランデーは生産地ごとに定義が異なっています。特に有名なブランデーには、3大ブランデーと呼ばれるコニャック・アルマニャック・カルヴァドスがあります。これらはフランスの法律AOC(原産地呼称統制)で細かなルールが定められており、条件を満たしたものしかこの名を名乗ることができません。特にエリアに関しては厳しく、定められた生産地域外で生産されたものはどんなに品質が良くてもコニャックやアルマニャックという名称が使えません。
なお3大ブランデーの生産地域は全てフランス内にあり、フランスがブランデーの名産地であることがわかります。ただしフランス外でも、当然ブランデーは作られています。例えばイタリア産でぶどうの搾りかすを原料とする“グラッパ”や、ドイツ産のチェリーブランデー“キルシュヴァッサー”などがあります。


 

<ウイスキーの種類>

ウイスキー

名称
主な原料
特徴
バーボンとうもろこしなど
  • アメリカ・ケンタッキー州で作られる
  • ・コーンの比率が51%以上
  • ・内側を焦がしたオーク新樽で熟成
  • ・コーン由来の強い甘味が印象的
スコッチ大麦麦芽(モルト)など
  • スコットランドで作られる
  • ・単式蒸留器で作られるモルトウイスキーのほか、連続式蒸留器を使ったグレーンウイスキーもある
  • ・ブレンデッドウイスキーも有名
  • ・ピート(泥炭)由来のスモーキーさ
アイリッシュウイスキー大麦など
  • アイルランドで作られる
  • ・蒸留回数は2〜3回
  • ・ピートを炊かないものが多くスコッチよりもライトボディ
ジャパニーズウイスキー大麦麦芽(モルト)など
  • 日本で作られる
  • ・スコッチをお手本にした作りだが、より日本人の舌にマッチする味
  • ・プレミア価格のつくボトルも多い
カナディアンウイスキーライ麦など
  • カナダで作られる
  • ・ライ麦主体で比率は51%以上
  • ・カラメルやフレーバリングを追加するのもOK
  • ・ライ麦由来のスパイシーでライトな味わい

ブランデーの名産地はフランスでしたが、ウイスキーの産地で有名なのはアメリカ・スコットランド・アイルランド・日本・カナダです。これら5カ国のウイスキーは「世界5大ウイスキー」と呼ばれます。
なおウイスキーは産地によって原料に大きな差があり、味も大幅に変わってきます。例えばアメリカ・ケンタッキー州で作られるバーボンはとうもろこし由来の甘味が強いウイスキーで、スコッチはピーティーでスモーキーな個性を持つものが多いです。
ちなみにウイスキーに関しても、AOC(原産地呼称統制)による細かなルールが存在しています。
 

ブランデー・ウイスキーはどう楽しむ?ストレートやハイボールなど

アルコール度数の高いブランデーやウイスキーは、ストレートをはじめさまざまな飲み方ができます。ここからはブランデーやウイスキーにおすすめの飲み方を紹介します。
 

ストレート・・・ブランデーや熟成ウイスキーにおすすめ

ウイスキー
ストレートはブランデーやウイスキーを割らずにそのまま飲むという楽しみ方です。素材由来の旨味をダイレクトに感じられるのが特徴です。濃厚で香り高いブランデーはストレートで飲むのがおすすめです。またウイスキーの中でも熟成年数が長いものは、ストレートで飲むのに適しています。
なおストレートでブランデーやウイスキーを飲む際は、常温が基本で冷やしすぎないことが大切です。
 

ハイボール・・・ウイスキーが定番だがブランデーもあり

ハイボール
ハイボールはウイスキーの炭酸割りのことです。居酒屋メニューでも人気が高く、カジュアルに飲めることから定評があります。基本はウイスキー:炭酸水=1:3〜4程度で作ります。氷を入れたグラスに注ぎ、マドラーで混ぜれば完成です
なおウイスキーが定番のハイボールですが、実はブランデーもハイボールにして飲むことができます。ブランデーによるハイボールは、コニャックをソーダで割った「フレンチハイボール」が人気です。また炭酸水ではなく、ジンジャエールで割るのもおすすめです。


 

トワイスアップ・・・香りを高めたい時にぴったり

ウイスキー
トワイスアップはブランデーやウイスキーを水で割って飲む方法です。ブランデーまたはウイスキー:水=1:1の割合で割って作ります。なおこの際に使う水はミネラルウォーターが最適です。冷やしすぎた水は相性が悪いので、常温の水を使うこともポイントになってきます。
トワイスアップにすると、ブランデーやウイスキーの香りがより一層感じやすくなります。アルコール度数も薄まるので、飲みやすさが増します。
 

初心者にもおすすめ!ブランデーとウイスキーの人気ボトル

ブランデーとウイスキーの違いを理解できたら、実際に飲み比べながら自分好みの味を探してみましょう。ここからは初心者にもおすすめの人気ブランデー・ウイスキーを紹介していきます。
 

1. カミュ VSOP エレガンス(ブランデー)

created by Rinker
カミュ
¥7,245 (2023/01/30 20:09:58時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・お酒の種類:コニャックブランデー
  • ・産地:フランス
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:約5,000円

カミュはコニャックと呼ばれるブランデーの銘柄の一つです。コニャックの中でも“5大コニャック”と呼ばれ、高い知名度と人気を誇ります。
人気高級ブランデーでありながら流通価格は5,000円程度と、親しみやすいのがカミュVSOPエレガンスの魅力です。ストレートでも割ってもバランスが良いブランデーなので、オールマイティーな楽しみ方ができます


 

2. ヘネシー XO(ブランデー)

created by Rinker
Hennessy(ヘネシー)
¥19,600 (2023/01/31 15:57:56時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・お酒の種類:コニャックブランデー
  • ・産地:フランス
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:約20,000円

ヘネシーも有名コニャックの一つです。XOは“eXtra Old”のことでブランデーの中でも長熟タイプのボトルであり、高級品となります。ヘネシーXOはボトル1本で約2万円と高額ですが、パワフルでリッチな味わいは一度飲んでみる価値があります。
 

3. バランタイン ファイネスト(ウイスキー)

created by Rinker
ヴェリタス
¥1,190 (2023/01/30 20:14:44時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・お酒の種類:ブレンデッドスコッチウイスキー
  • ・産地:スコットランド
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:約1,390円

バランタイン ファイネストはスコットランドで作られるブレンデッドウイスキーです。モルト原酒にグレーン原酒が混ぜられているため、味わいのバランスが非常に優れています。
700mlボトルが1,000円台で買えるというコスパの良さも魅力です。デイリー向けのウイスキーをお探しの方にピッタリな1本です。


 

4. I.W.ハーパー ゴールドメダル(ウイスキー)

created by Rinker
I.W.HARPER IWハーパー ゴールドメダル
¥2,310 (2023/01/30 19:20:49時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・お酒の種類:バーボンウイスキー
  • ・産地:アメリカ
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:約2,200円

甘めでガツンとした味わいのウイスキーがお好みなら、バーボンの中からお気に入り銘柄を探してみましょう。ここで紹介するI.W.ハーパーゴールドメダルは、蜂蜜のようなニュアンスと甘味を感じられるウイスキーです。香りは甘めですが味わいは過剰な甘ったるさはなく、適度なドライ感もあり飲みやすいです。
I.W.ハーパー ゴールドメダルで作るハイボールはシャープでさっぱりと飲めます


 

まとめ

ブランデーとウイスキーは原料そのものが異なり、味と香りに大きな違いがあります。またブランデーやウイスキーの中に、さらにコニャックやアルマニャック、バーボン、スコッチとさまざまなタイプのお酒があります。
お酒の特徴を知ることで、日々の晩酌やバーでの時間がより楽しいものになるでしょう。まずは手頃なボトルや身近な有名銘柄から挑戦し、お気に入りを探してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:80,611
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.01.25更新
クリック数:75,503
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:49,864
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:49,635
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:48,070
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«