10年20年と終売品薄続くニッカウヰスキー余市。定価価格で購入は無理?

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

10年20年と終売品薄続くニッカウヰスキー余市。定価価格で購入は無理?

2022/2/05
クリック数:10,617

ウイスキー買取はこちら
終売品薄続くニッカウヰスキー余市。定価価格で購入は無理?
ニッカウヰスキーの名作とも言われる「余市」は、現在すべてのシリーズが終売となったものの、未だに根強い人気を誇るジャパニーズウイスキーです。
終売により希少価値が年々高くなっているため、お酒買取相場は一般のウイスキーよりも高値で取引されていますが、それでも余市の熱狂的なファンにとっては「喉から手が出るほど欲しい」という人も多いのです。
そこで今回の記事では、ニッカウヰスキー余市の味わいや魅力、定価購入状況などについても詳しくご紹介します。
また余市をお酒買取に出したいと方も是非ご参考にして、どのように買取に出せば高値になるのかをしっかりと押さえておきましょう。
ウイスキー買取はこちら

終売・品薄続く余市。今更定価購入は無理?

余市の定価
シングルモルト余市 700ml定価:4,200円
シングルモルト余市 ノンピーテッド 700ml定価:20,000円

余市の現行品はノンエイジ品のみです。定番品である「シングルモルト余市」のほか、2021年9月に「シングルモルト余市 ノンピーテッド」が数量限定でリリースされています。
ノンヴィンテージであるシングルモルト余市なら、定期的にリリースされているので場所によっては定価購入も狙えるでしょう。
一方でヴィンテージものは、非常にレア度が高まっています。過去には10年、12年、15年、20年ものの長期熟成ボトルがリリースされていましたが、昨今の国産ウイスキー人気の影響を受け、原酒不足となり2015年8月には終売してしまいました。そのため現在では入手が困難であり、ヴィンテージボトルの定価購入はほぼ不可能な状態となっています。

Amazonでの価格推移と高騰化

余市15年は、10年前は15,000円ほどの値段で買えましたが現在はAmazon価格が22万円を超えています。余市20年に関しては、なんと現在50万円以上もの値段がつけられています。
余市のヴィンテージは値段さえ出せば入手自体はできるかもしれませんが、定価購入となると非常に難しいでしょう。しばらくは再販予定もないようなので、今後も高騰化は続くと予想されています。

シングルモルト余市をコンビニで見かけた!?


余市はレアなウイスキーのイメージが強いですが、ノンヴィンテージのボトルであれば比較的簡単に定価購入できます。普通の酒屋やスーパーでも定価で扱っているのを見かけたという報告が多く、中にはコンビニで定価販売されているのを見たという方もいます。シングルモルト余市なら4,000円前後の価格で購入ができるので、人気の国産ウイスキーを試してみたいという方にとっては狙い目と言えるのではないでしょうか。

余市の非売品が低価格で試飲できるって本当?


ニッカウヰスキーの余市蒸留所には、試飲コーナーがあり無料試飲・有料試飲ができます。有料試飲のラインナップには現在リリースされていない余市の非売品がラインナップされていることもあり、訪れた方からの人気を集めています。希少なウイスキーを手頃な値段で飲めるので、北海道に立ち寄った際にはぜひ訪れてみたい場所ですね。
ただし余市蒸留所は、新型コロナウイルスの影響もあり見学を休止しているタイミングがあります。見学や試飲を希望される方は、事前に蒸留所の公式ホームページを調べてから、予約を入れておくようにしましょう。
公式 余市蒸溜所 見学ガイド

ニッカウイスキー余市とは?

ニッカウイスキー余市とは?
ニッカウヰスキー余市とは、北海道の余市蒸留所で作られたジャパニーズウイスキーです。
「ジャパニーズウイスキーの父」とも呼ばれるニッカウイスキーの創業者・竹鶴政孝が、本場スコットランドで得たウイスキーの製造技術を日本へ持ち帰り、「日本人の口に合うウイスキーを作りたい」という希望を込めて余市は生まれました。
1934年に余市蒸留所で製造が開始され現在では、空前のハイボールブームや朝の連続テレビドラマ「マッサン」の影響を受け、あまりにも人気が爆発し原酒不足により、現在では多くの余市シリーズが販売終了となってしまいました。
しかし、余市は今でも全国に多くのファンを抱え、買取市場ではプレミア級の価値がつくほどに至っています。

余市蒸溜所について

余市蒸溜所について※↑ニッカウヰスキー余市蒸溜所

 

余市蒸溜所の歴史

余市蒸溜所は、1934年に造られ、1940年に最初のウイスキーが誕生しました。
1934年当時は、余市町がリンゴの産地であるということから「大日本果汁株式会社」という名前で設立しました。設立からしばらくはリンゴジュースの製造を行い、そこからウイスキー作りを段階的に始めていく、流れであり、リンゴジュースの商品名「日果」のカタカナとって現在の「ニッカウヰスキー」という名前に変更されました。
モルトウイスキーの製造が開始されたのは、設立から間もない1936年のことです。1940年にウイスキーの販売が開始しし、1952年には余市町から東京へと本社が移転し、それに伴い余市蒸溜所は「北海道工場」となりました。

余市蒸溜所はテレビドラママッサン」の影響もあり、連日多くの観光客で賑わい、北海道では既に欠かせない有名観光スポットとなっています。

竹鶴政孝&リタ像※↑竹鶴政孝&リタ像

工場見学をただ楽しむだけでなく、ニッカウイスキーの創業者・竹鶴政孝とその妻であるリタの生涯に触れ、竹鶴政孝がウイスキーに一生を捧げたその雄姿を目に収められ、五感を使って「ニッカウイスキー・余市」を楽しむことができます。

余市蒸溜所の工場見学について


余市蒸溜所の工場見学は、ガイド付きの見学であれば午前9時~12時、午後は13時~15時30分までの2部制です。一回の見学につき定員は最大80名までとなっていますが、直前にキャンセル待ちが出ることもあるので運が良ければ当日飛び込みで参加が可能な場合もあります。
余市蒸溜所は自由見学も可能となっていますが、最初からガイド付きで見学したいという場合は、見学予約は当日の3日前となっているので余裕をもって申し込みを済ませておきましょう。
コロナ禍の影響で営業が休止している場合があります。詳しくは公式のホームページをご確認ください。
公式ページ:余市蒸溜所 見学ガイド | NIKKA WHISKY

ニッカウヰスキー余市蒸溜所※↑ニッカウヰスキー余市蒸溜所

 

余市蒸溜所の交通アクセス

余市蒸溜所は、JR北海道の函館本線・余市駅からほど近い場所にあります。
蒸溜所のように工場見学ができる大きな施設は、駅から離れているところが多いため、他の観光スポットのついでに来られるというのも嬉しいポイントですよね。
所在地:〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7-6

余市蒸溜所の限定ウイスキーとお土産


余市蒸溜所でひときわ珍しいものが、余市蒸溜所でしか購入することのできないオリジナルウイスキーです。ガイド見学で実際に余市を作っている技術者の方から話を聞くと、必ず欲しくなってしまうという人も多い、人気のお土産商品なのです。
シングルモルトウイスキーは「 シェリー&スイート  」「 ウッディ&バニリック 」「 ピーティ&ソルティ 」の3種類。


他にも、通常の余市よりさらに洗練された風味の「余市蒸溜所 工場オリジナルウイスキー」や、2000~2009年までの余市シングルモルトをブレンドした「余市シングルモルト2000’s」、竹鶴政孝の遺作となった「 ノンエイジブレンデッド鶴 」などがあります。
いずれも在庫が限られているとのことですので、どうしても欲しいという場合は事前に在庫の有無を確認しておくのがおすすめです。
また上記のTwitterでご紹介されていたのですが、余市蒸溜所があるのは北海道ということで北海道らしい熊のかわいい置物がウイスキーを抱いているなんとも可愛らしいインスタ映えしそうなお土産もあります。写真は、ニッカウイスキー『余市』ですが、ほかに『スーパーニッカ』を抱いた熊もあります。

余市蒸溜所のレストラン「樽」 とランチ


余市蒸溜所に併設しているレストラン「」では、北海道ならではの料理をニッカウイスキーが展開しているウイスキーやワインと共に楽しむことができます。
ザンギやスープカレー、北あかりやエゾシカ肉を使った料理など、北海道を心ゆくまで満喫できるラインナップですので、余市蒸溜所を訪れた際には是非一度行ってみるのもいいかもしれませんね。

余市蒸溜所の見学前におすすめする動画



余市蒸溜所内の紹介もですが、有料試飲コーナーなど詳しく動画でご紹介されていますので、旅行や見学前の事前準備がてらに動画をのぞいてみるのも良いかもしれません。

余市蒸溜所の外側から、詳しくご紹介されています。すぐには余市に行けない。でも余市蒸溜所に行ってみたいという方は、この動画を見て余市蒸溜所の見学の雰囲気を動画から味わうこともできます。

北海道余市町について


北海道余市町は、積丹半島の付け根にある町で、「日本のスコットランド」とも言われています。「マッサン」の舞台となり一躍有名になった町ですが、意外にも札幌駅から約1時間で行くことができるので、週末を中心に多くの観光客が訪れています。
余市町は、竹鶴政孝が「ウイスキーを製造する上での理想郷」として選んだ町です。
ウイスキーは通常、数年かけて樽に詰め、熟成させなければいけないため、涼しい気候やウイスキーの揮発を防ぐに適した湿度、独特な香りを生み出すビート、新鮮な湧き水などが「日本で本場のウイスキーを作りたい」という竹鶴がウイスキーを製造する場所を余市町にする決め手となったのです。
余市町から約1分の距離には、竹鶴の妻の名前がつけられた散策路「リタロード」があり、風情ある落ち着いた街並みは撮影スポットにも最適です。
また、日本で初めてスペースシャトルの搭乗に成功した毛利衛氏が育った町としても知られており、 宇宙記念館「スペース童夢」では宇宙体験をすることもできます。

余市蒸溜所以外の見どころ

余市蒸溜所がある、北海道余市町は蒸溜所以外にたくさんの観光スポットと見どころがあります。なかでも注目度の高いホットなスポットをご紹介します。

ローソク岩

ローソク岩
時間や天候などのいくつかの条件とタイミングを見計らって訪問する必要がありますが、余市町のパワースポットとして、全国から訪れる方が多くいる人気スポットです。

フルーツ街道


1市2町の約20kmを走る北後志の農道は、春のイチゴから始まり、夏のサクランボ、秋のブドウやリンゴなど季節ごとに果物狩りが楽しめるため余市蒸溜所で工場見学しランチしたあとはフルーツ狩りというのも良いかもしれません。

余市ワイナリー・余市葡萄酒醸造所


北海道余市町は、お酒好きにとっては本当にたまらない町だといえます。ニッカウイスキーに、日本でも有数のワイナリーである『余市ワイナリー』もあるため、朝から晩まで、ウイスキーにワインと堪能することが出来ます。

余市 ウイスキー 一覧・価格

余市 1985 20年貯蔵 シングルモルト


非常に貴重な、ニッカウイスキー『余市』のヴィンテージウイスキーです。ちなみに、こちらの動画は発売当時のWBSで放送されたニッカウイスキー『余市』1985の紹介です。

もちろんお酒買取へ査定を依頼すれば、高額査定は間違いなしのウイスキーです。とくに、日本に限らず中国を含め海外諸国において富裕層のあいだでヴィンテージウイスキー、ヴィンテージワインの人気はとどまるところを知らない為です。

余市 1986 20年貯蔵 シングルモルト


こちらは、ニッカ『シングルモルト余市1986』です。2007年当時は、 販売数量は430本限定で、価格は1本21,000円(消費税込)でしたが、現在のお酒買取価格はその10倍以上の値段が付けられることもあります。

余市 1987 20年貯蔵 シングルモルト


ニッカウイスキー『余市1987』です。こちらも2007年に、数量限定2000本の価格は税別20,000円で販売されました。1986・1987・1988がもし飲まずに自宅にあれば、状態の良いうちに早期にお酒買取などをご検討されることをおすすめ致します。
ウイスキー買取はこちら

余市 1988 20年貯蔵 シングルモルト


ニッカウイスキー『余市1988』です。こちらは2008年に、数量限定3500本と前年のウイスキー『余市』1987・1986に比べてやや本数は多めですが、価格は税別20,000円と前年同様の価格で販売されました。

余市 1989 20年貯蔵 シングルモルト


ニッカウイスキー『余市1989』です。こちらは2008年に、数量限定3500本と1988と同じ本数と価格で税別20,000円と前年同様の価格で販売されました。ラベルデザインだけを見ると、1986から大きくは変わっていません。

余市 1990 20年貯蔵 シングルモルト

created by Rinker
¥899,000 (2022/10/02 08:40:49時点 楽天市場調べ-詳細)

余市 20年 ゴールドラベル シングルモルト

余市 20年 シングルモルト

created by Rinker
余市
¥493,809 (2022/10/02 07:46:21時点 Amazon調べ-詳細)

余市 15年 シングルモルト

created by Rinker
ウイスキー
¥217,980 (2022/10/02 07:46:22時点 Amazon調べ-詳細)

余市 12年 シングルモルト 70周年記念ボトル

余市 12年 シングルモルト

created by Rinker
ニッカウイスキー
¥119,980 (2022/10/02 07:46:22時点 Amazon調べ-詳細)

余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml

created by Rinker
ニッカ
¥13,800 (2022/10/02 07:46:23時点 Amazon調べ-詳細)

余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml

created by Rinker
¥99,000 (2022/10/02 07:46:23時点 楽天市場調べ-詳細)

余市 10年 シングルモルト

created by Rinker
余市
¥83,800 (2022/10/02 07:46:23時点 Amazon調べ-詳細)

余市 リミテッドエディション 2019

created by Rinker
余市
¥807,192 (2022/10/02 07:46:24時点 Amazon調べ-詳細)

余市 蒸留所限定 1980’s

余市 蒸留所限定 2000’s 500ml

余市 ヘビリーピーテッド シングルモルト

余市 モスカテルウッドフィニッシュ

余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ

余市 ラムウッドフィニッシュ

北海道余市蒸留所 25年 原酒

品薄と価格高騰のワケ

品薄と価格高騰のワケ
余市を始めとしたジャパニーズウイスキーが品薄状態となったのは、やはり朝のテレビドラマ「マッサン」の影響が最も強いと言われています。

それまでにも、昨今のダイエットブームからハイボールを好んで飲む人が増えたという理由もあります。しかし、「マッサン」が放送されてからは、主役となったニッカウイスキーが販売する余市や竹鶴、宮城峡が百貨店や酒屋などで爆発的に売れ、原酒不足から製造が追いつかなくなり、惜しくも多くのウイスキーが販売終了になってしまったのです。
その影響により、インターネットでは販売終了になったウイスキーの価格が日を追うごとに高騰しています。


「手頃な価格で、日本人が気楽に飲めるウイスキー」をコンセプトに販売されていたニッカウイスキーの商品は、品薄や終売の影響からプレミア価値がつき、買取市場でも高く取引されています。
現在では、余市の後継品となる「余市NA(ノンエイジ)」が代わりに出回っていますが、余市NAは年数をかけずに製造販売されているため、「本物の余市の風味」とは程遠い存在といえます。
終売前の余市をどうしても飲みたい!という方は、余市が置いてあるバーや、インターネットで購入するなどの方法をとることをおすすめします。

ニッカウイスキー余市の評価

ニッカウイスキー余市の評価
余市は、「余市NA(ノンエイジ)」を除く全ての商品が終売になっています。しかし、良く言えばそれだけ多くの人気を博し、まさに「日本人の口に合うウイスキーを作りたい」という竹鶴政孝の夢が叶った、とも捉えられますよね。
余市は現在でも全国に熱狂的なファンをもつ人気のジャパニーズウイスキーです。インターネットで高値がつけられ出回っているものも、すぐに買い手が決まってしまうケースがほとんどです。
もし、自宅に余市が眠っている、という方は、終売したこのタイミングで買取に出してみませんか?
ウイスキーは適した温度や光、それから湿度が揃っていないと多少劣化してしまいます。
そのまま今以上にプレミア価値がつくのを待つよりかは、早いうちに買取に出すことをおすすめいたします。
ウイスキー買取はこちら

YouTube(ユーチューブ)で見るニッカウイスキー余市

CROSSROAD LABさん


ウイスキーの紹介動画が多くアップされている『CROSSROAD LAB』さん。余市蒸溜所の見学前におすすめする動画でもご紹介しておりますが、非常に丁寧に作りこまれた動画が多いため参考になります。またウイスキー好きや、ウイスキー入門者向けの動画も多いため、チャンネル登録されてみてください。

お酒とYotoの物語さん


余市蒸溜所の見学前におすすめしたい動画でもある『お酒とYotoの物語』さん。チャンネル登録者数は、約25万人以上とお酒を中心としたYouTubeチャンネルでは登録者も多いチャンネルさんです。
なぜなら動画が分かりやすく、見やすい。そして、BGMも動画の内容にマッチしてリラックスして見れるのでこちらのチャンネルさんもおすすめです。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,585
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,117
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,600
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,942
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,167
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«