コニャック等ブランデーの未開封・開封後の賞味期限と保存方法

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

コニャック等ブランデーの未開封・開封後の賞味期限と保存方法

2022/2/08
クリック数:2,668

ブランデー買取はこちら
コニャック等ブランデーの未開封・開封後の賞味期限
ブランデーは長期保存可能なお酒として有名です。しかしいざ開けてみようとすると、「このブランデーは本当に大丈夫なの?」「ブランデーの賞味期限っていつまで?」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、今更聞けないブランデーの賞味期限について解説していきたいと思います。ブランデーの定義や、長期熟成におすすめの銘柄についても述べていくのでぜひ参考にしてみてください。
ブランデー買取はこちら

未開封ブランデーに賞味期限はない

結論から述べると、ブランデーには賞味期限はありません。未開封であれば、何年、何十年と保存することが可能です。実際にラベルを見ても、ブランデーには賞味期限が記載されていないのがわかるかと思います。
ブランデーに賞味期限が設定されていない大きな理由は、アルコールが豊富に含まれているからです。ブランデーにはなんと40〜50%ほどのアルコールが含まれています。
ブランデーに含まれるアルコールには殺菌作用があるため、菌が増殖しにくく、腐ることがないと言われています。実際に食品衛生法でも、アルコール類は賞味期限を省略していいことになっています。

そもそもブランデーとは?

ブランデー
同じアルコール類でも、お酒の種類によって美味しく飲める期間やどれだけ長持ちするかは変わってきます。そのためブランデーの賞味期限について把握するためには、ブランデーがそもそもどういうお酒であるのかを理解しておくことが大切です。

ブランデーとは、果実酒から作られる蒸留酒のことを指します。多くのブランデーはブドウをベースに作られていますが、中にはリンゴや洋梨などの果物を原料とするものもあります。なお果実酒というとワインを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ワインはあくまでも果実を発酵させた“醸造酒”であり、ブランデーはそこから蒸留という行程を加えた“蒸留酒”であるのが大きな違いです。
蒸留という工程を経ているブランデーは、アルコール分が凝縮されており、さらに瓶内での発酵も進まないようになっています。そのため数あるお酒の中でも、品質が変化しにくく長期保存が可能であるのが大きなポイントです。賞味期限のあるビールや飲み頃のあるワインに比べて、ブランデーはたとえ古いものでも保存がきちんとしていればいつまでも美味しく飲めるのがポイントです。

世界3大ブランデーについて

ブランデーを知るにあたり、把握しておきたいのが「世界3大ブランデー」の存在です。世界3大ブランデーとは、「コニャック」「アルマニャック」「カルヴァドス」のことを指します。
これら3種類のブランデーには、法律によって明確な定義が決められています。一定のルールを守って造られたブランデーしか、コニャック・アルマニャック・カルヴァドスの名を名乗れません。そのため世界3大ブランデーに該当する銘柄のブランデーは、特に品質が高く長期保存に向いていると言えます。

コニャック

レミーマルタン
コニャックとは、フランスの南西部コニャック地方で作られるグレープブランデーのことです。ただしコニャック地方で生産されるものが全てコニャックと呼ばれるわけではありません。コニャックはフランスの原産地統制呼称(AOC)によって原材料、土壌、製法などが細かく定められています。
コニャックの原料であるブドウには、“ユニブラン”という品種が主に使われています。ユニブランから造られた白ワインを単式蒸留器(ポットスチル)で2回蒸留し、その後木樽にて一定期間熟成したものがコニャックとなります。
コニャックは世界にあるブランデーの中でも、特に知名度が高いです。レミーマルタン「ヘネシー」「カミュなど、現在流通している高級ブランデーのほとんどがコニャックに該当しています。

アルマニャック


アルマニャックはフランスボルドー地区のアルマニャック地域で作られるグレープブランデーです。ただしコニャックと同様、アルマニャックを名乗るためにはいくつかのルールがあります。
アルマニャックの特徴は、半連続式蒸留器で1回のみの蒸留を行っていることです。蒸留方法の違いがコニャックともっとも異なる点です。2回蒸留を行うコニャックに対し、アルマニャックは野生的でワイルドな味わいをしているのが特徴です。
なおコニャックの方が現在では知名度が高いですが、実は歴史が長いのはアルマニャックになります。アルマニャックの有名銘柄には「シャボー」「ジェラス」があります。いずれも賞味期限という観点では、長持ちできる銘柄となっています。

カルヴァドス

カルヴァドス
カルヴァドスはフランスのノルマンディー地方にて造られるブランデーです。コニャックやアルマニャックとは違い、りんごを原料としているのが大きな特徴です。
なお、原料こそ違うものの、カルヴァドスもコニャックやアルマニャックのように丁寧に蒸留が行われています。そのためアルコールがしっかりと凝縮されていて、長期保存が可能なブランデーとなります。

古いブランデーには高い価値がある

ブランデー
先ほど述べた通り、ブランデー未開封であれば長期保存が可能です。古いブランデーには、若い・新しいブランデーにはない特別な価値があります。
特に現在では手に入りにくい期間限定品、ボトルデザインが変わってしまい現行発売されていない旧ボトルなどはコレクターからの需要があります。もしかしたら「自宅に眠っていたブランデーに高い価値がついていた」ということもあるかもしれません。
しかし、あくまでも状態が良い場合に限ります。ブランデーは腐ることこそないものの、保存状態が悪ければ味が劣化することもあるので注意しましょう。

開封後のブランデーの賞味期限は?

ブランデー
ブランデーに賞味期限がない=半永久に保存しておけるのは、あくまでも未開封の場合の話です。開封後のブランデーは、空気に触れることで酸化し劣化が進んでしまうので気をつけておきましょう。ブランデーの種類にもよりますが、開封したブランデーは半年〜1年以内には飲み切ってしまうのが理想です。
なお開封したブランデーも、いきなり腐ってしまうということはありません。ただし時間が経過するにつれ、アルコールや香りが抜けていってしまいます。時間経過したブランデーを飲んでみて「美味しくないな」と感じることがあれば、無理に飲むのはやめて別の用途を考えてみましょう。
そのまま飲むのに適さないブランデーは、ジュースに混ぜてカクテルにしたり、お菓子の原料に使うのがおすすめです。

ブランデーの正しい保存方法

未開封の場合

1.直射日光を避ける

直射日光を避ける
これはブランデーだけではなくお酒全般に言えることですが、お酒は直射日光に弱いです。光を浴びると未開封であってもダメージを受けてしまうので気をつけましょう。なお日光のほか、部屋の蛍光灯なども注意が必要です。キッチン下の収納など、なるべく灯りの当たらない場所に置いておきましょう。

2.常温保存でOK!理想は15〜20度

ブランデーは常温保存ができます。ただしあまりに高温すぎると劣化の原因となるので注意してください。理想的な温度は15〜20度前後です。
ちなみに冷蔵庫や冷凍庫での保存は冷え過ぎてしまうのでNGです。冷やしすぎると風味が損なわれたり、アルコールの刺激が強くなってしまう原因になります。

開封済みの場合

1.冷暗所で常温保存

開封後のブランデーも、冷暗所で常温保存するという点は変わりありません。開封したお酒はうっかり冷蔵庫に入れたくなりますが、おすすめしないので覚えておきましょう。

2.栓をしっかり閉める!パラフィルムがおすすめ

created by Rinker
MMK SCIENTIFIC
¥1,345 (2022/10/02 18:44:19時点 Amazon調べ-詳細)

開封後のブランデーを長持ちさせるには、なるべく空気に触れないようにすることが重要です。栓をしっかりと閉め、少しでも空気が入らないように心がけてください。
バーや飲食店では、保存の際に「パラフィルム」と呼ばれるアイテムが使われることもあります。パラフィルムは伸縮性に優れたプラスチックのようなテープのことで、栓の周りに巻きつけておけば密閉度を高めてくれます。パラフィルムは数千円で購入可能であり、ブランデーのほかウイスキーやワインの保存にも使えるので、お酒好きの方はぜひチェックしてみてください。

3.ボトルは縦置きしておく

ボトルは縦置きしておく
開封後のブランデーは横置きではなく縦置きで保存しておく方がおすすめです。
ワインの場合はコルクの乾燥を防ぐため、あえて横置きで保存されることがあります。しかしブランデーの場合は、アルコール度がワインより高いため、コルクと接触させるとニオイ移りの原因となります。またブランデーのコルクはワインコルクよりも短いものが多く、横置きにすると蓋がとれることがあります。

4.ニオイの強いもののそばに置かない

ブランデーが美味しく感じる一つの要因として、“ブランデーならではの素晴らしい香り”が挙げられます。しかしニオイの強いものの近くに置いていると、せっかくのブランデーの美しい香りが失われてしまうことがあります。

長期保存におすすめのブランデー5選

ここからは、長期保存におすすめのブランデーの銘柄を5つご紹介します。長期保存できるブランデーはギフトにも人気なので、ぜひ参考にしてみてください。

1.カミュ ブックシリーズ


5大コニャックの1つである人気銘柄「カミュ」の、オリジナル陶器ボトルに入ったブランデーです。本をモチーフにしたリモージュ焼きの陶器でできていて、ただのブランデーではなくコレクションとして飾っていても美しい1本です。
ゴッホの「ヒマワリ」やモネの「ウーマン・イン・ザ・ガーデン」といった名画の柄のほか、ナポレオンが描かれたボトル、自由の女神が描かれたボトルなどさまざまなシリーズがあります。

2.ヘネシー リシャール

created by Rinker
ヘネシー
¥577,880 (2022/10/02 14:40:52時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもコニャックの銘柄の一つです。齢100年以上の樹から造られたフレンチオークを使って熟成されているコニャックであり、きめ細やかで繊細な味わいと香りが特徴です。
リシャールはヘネシーの中でも最上級のラインナップであり、「伝説」とまで言われる超高級ブランデーです。味わいはもちろん、バカラ社製のクリスタルボトルでコレクター人気が高いです。

3.レミーマルタン ナポレオン

created by Rinker
¥6,480 (2022/10/02 14:41:32時点 楽天市場調べ-詳細)

数あるコニャックの中でもトップを誇るブランドがレミーマルタンです。ブランド人気が非常に高く、記念日などの贈り物としても人気があります。
レミーマルタンナポレオンは、そんなレミーマルタンシリーズの通常ラインナップのうち、中程度のランクに該当するボトルとなります。ブランデー好きならぜひ一度は味わって欲しい、そんな1本です。

4.シャボー XO

created by Rinker
シャボー
¥6,480 (2022/10/02 18:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

シャボーはアルマニャックの銘柄です。長期熟成の原酒をブレンドしたリッチな味わいが魅力です。アルマニャックならではの強く華やかな香りとしっかりしたボディー感を味わえます。
シャボーXOには通常のボトルのほか、ハート型ボトルなどの限定品もリリースされています。いずれのボトルも長期保存におすすめです。

5.カルヴァドス ブラー XO

created by Rinker
ブラー
¥4,799 (2022/10/02 18:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

カルヴァドスブラーXOはカルヴァドスに該当するブランデーです。日本国内ではサントリーが販売しており、カルヴァドスの中でも入手しやすい銘柄となります。
カルヴァドスブラーXOは8〜15年熟成の原酒から造られており、コニャックやアルマニャックとはまた違った豊かな風味を堪能できます。熟したりんごのようなフレーバー、シルクのような滑らかな舌触りで非常に飲みやすいです。

眠っているブランデーは買取査定に出してみよう

眠っているブランデーは買取査定に出してみよう
ブランデーはワインや日本酒などに比べ、自宅保管がしやすいことも魅力です。半永久的に日持ちすると言われるブランデーは、古いものでも傷んでいないケースが多いです。
そのため自宅に眠っていたブランデーを買取査定に出すと、思わぬ高額がつくことがあります。もし飲まない未開封ブランデーを余らせてしまっているなら、思い切って一度ブランデーの買取査定に出してみましょう。
お酒買取専門店のリンクサスでは、古いブランデーの買取査定を行っています。ブランデーに詳しい専門知識を持ったスタッフが丁寧に査定をするので、ぜひ安心して査定をお任せください。「売るかどうかは値段を聞いてから決めたい」「まずは価値が知りたい」という方からのお問い合わせもお待ちしております。
ブランデー買取はこちら

お酒買取専門店リンクサス

QRコードで追加
or

お酒買取専門店リンクサス

ID検索から追加
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭査定

 

まとめ

今回はブランデーの賞味期限について解説いたしました。ブランデーには賞味期限がなく、保存状態さえ良ければいつまでも長く楽しめるお酒であるということが理解していただけたのではないでしょうか。
もし未開封のブランデーがあれば、古くても買取市場で売れる可能性が高いです。ぜひ有効活用の方法を考えながら、買取査定の利用も検討してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,589
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,122
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,605
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,946
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,173
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«