17年21年と品薄終売続くウイスキー響。定価価格で購入は無理?

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

17年21年と品薄終売続くウイスキー響。定価価格で購入は無理?

2022/2/09
クリック数:17,963

ウイスキー買取はこちら
品薄終売続くウイスキー響。定価価格で購入は無理?
サントリーウイスキー『』は、サントリーを代表するウイスキーブランドの一つとして、多くのファンから絶大な支持を得ています。 サントリーといえば、”山崎”や”白州”といった世界的に有名な賞を受賞する今や定価では手に入れることすら難しい世界的にも人気の高いジャパニーズウイスキーが多数あります。
そんなウイスキーの名門であるサントリーにあって、それとはまた違った飲みやすさを誇るサントリーウイスキー」は、穀物を主原料とするグレーンウイスキーとして、日本人の舌にあったウイスキーです。
そこで、本記事では、サントリー響の歴史や人気理由、定価で買う方法やおすすめの飲み方などをご紹介します。
ウイスキー買取はこちら

サントリー「響」を定価で買う方法

サントリー「響」を定価で買う方法

そもそもサントリー「響」の定価っていくら?価格・値段リスト一覧

サントリー響は、今や原酒不足も伴い、買取市場でも大きく価値を高めています。
当然売値としても、定価より随分値上がりしているため、実際に定価がいくらなのか分からないという人も多いようです。
では、具体的にいくらで販売され始めたのか、各品種の定価を一覧でご紹介します。

品種定価平均販売価格
サントリーウイスキー響ジャパニーズハーモニー5,000円13,500円
サントリーウイスキー響12年6,000円95,000円
サントリーウイスキー響17年12,000円16,500円
サントリーウイスキー響21年25,000円90,000円
サントリーウイスキー響30年125,000円825,000円
サントリーウイスキー響ブレンダーチョイス10,000円16,500円

響にはノンエイジタイプから年代もののボトルまで、非常に幅広いラインナップがあります。ボトルによってウイスキーのランクが変わるので、定価そのものも異なります。定価5,000円から購入できるボトルもあれば、定価すら10万円を超えるような高級ボトルまで存在しています。
響には現行品も多く、購入場所によっては定価購入も不可能ではありません。実際に「響ジャパニーズハーモニー」などは、定価で取り扱っているショップが多いようです。響ジャパニーズハーモニーの定価購入を狙うなら、インターネットや大型スーパーよりも、町の酒屋を狙ってみるのがおすすめです。

流通ルートが限られている商品に注意!


響は現行ボトルでも、流通ルートが限られている商品があるので覚えておきましょう。例えば「響ブレンダーズチョイス」は、国内業務市場専売商品であり一般のルートには流通しないと言われています。手頃な価格で飲みたいなら、安めに提供している飲食店を探すのがベターです。なお「響ブロッサムハーモニー2021」のように、贈答専用品として限定リリースされたボトルもあります。
このようなボトルの流通経路は限られるものの、タイミングやルートによっては定価または定価に近い低価格で購入できることもあるようです。発売直後の高騰化していないタイミングで購入を狙ってみましょう。なお、数量限定ボトルなど中には抽選販売になるものもあるので覚えておきましょう。

響21年や響30年は抽選販売に申し込もう


響の中でも、21年ものや30年ものなどのボトルは流通量が限られています。普通にお店では購入できないので、定価購入したい場合は「抽選販売」へ申し込んでみてください。響の年代物の抽選販売は、近鉄百貨店や高島屋といった百貨店や、ビッグカメラのような量販店にて不定期で開催されています。
なお抽選販売の情報を逃さないためには、各百貨店や量販店などのメルマガなどに登録しておくことをおすすめします。
ちなみにAmazonなどのインターネットでは、ヴィンテージの響は定価購入ができません。定価25,000円の響21年も約9万円、定価125,000円の響30年に関しては80万円を超えるような金額まで高騰化が進んでいます。

サントリー響が品薄になるほど人気が急上昇になる理由・歴史とは?

サントリー響が品薄になるほど人気が急上昇になる理由・歴史とは?
サントリーウイスキー「響」は、原酒が品薄になるほど、人気が急上昇しているウイスキーブランドとして有名ですが、最初から人気を得てきたわけではなく、響が誕生しこれまで培われてきた歴史の中でその人気は拡大しているに過ぎないのです。
また響をはじめ、山崎や白州と言ったサントリーウイスキーがジャパニーズウイスキーの代表になったのは1つ1つの個性があるブランドとして認められた結果だとその歴史をさかのぼると見えてきます。
では、改めて「響」誕生までの歴史や人気の秘密をご紹介していきます。

サントリーウイスキーの誕生のルーツ

サントリーウイスキーの誕生・ルーツ
サントリーウイスキーを代表とするウイスキーブランド「響」。その歴史を紐解くには、サントリーそのものの歴史を振り返る必要があります。そしてまた、ドラマチックで沢山の名言・金言を持つ創業者である鳥井 信治郎氏を語らずにはサントリーウイスキーを語ることができません

創業者:鳥井 信治郎氏について

サントリーの歴史を見ると、この創業者 鳥井 信治郎氏が残したDNAが今なお色濃く残っており、彼の実績はビジネスにおける数字や結果といった目に見えるものだけではなくサントリーウイスキーの企業文化を形成しこれだけの実績を作っていったことも頷けます。

1879年(明治12年) 両替商・米穀商の鳥井 忠兵衛の次男として誕生

大阪府第一大区(のちの東区、現・中央区)釣鐘町に、商売人・両替、米穀商の鳥井 忠兵衛の息子として生を受けます。明治12年といえば、首里城が全焼し騒動となっている沖縄が琉球藩を廃止し沖縄県を設置した年でもあります。また他にも、東京株式取引所、大阪株式取引所が前年に設立され同年には渋沢 栄一氏により横浜洋銀取引所、横浜株式取引所が設立された年で日本経済は現場が追いつかないほどの経済発展を遂げている時代でした。

13歳で生家を出て薬種問屋に奉公に出る

創業者 鳥井 信治郎氏が、サントリーを設立しサントリーウイスキーを創業するのはもはやこの奉公に出たときが一番のターニングポイントだったのかもしれません。若干13歳ながら、薬問屋に丁稚奉公(でっちぼうこうと言って幼少から勤める)に出て親元を離れます。この当時は、海外からの輸入貿易が非常に盛んな時期で薬問屋も薬品の1つとして葡萄酒・ブランデーやウイスキーが輸入されていました。
ここで鳥井青年も、アルコールの味を知ったかどうかは分かりませんが、この頃から商才の片鱗を見せており丁稚奉公といえばのれん分けが通例の時代に同じことをしては大成功ができないと見るや奉公先の小西儀助商店と小西勘之助商店で徹底的に主人の傍で商売のイロハを学び20歳で独立します。

「大阪の鼻」と呼ばれた鳥井 信治郎

13歳で最初の奉公先である小西儀助商店では薬品と同様に葡萄酒、ブランデーやウイスキーを卸先に提供する際にブレンドをして販売、卸売していました。この時に、鳥井 信治郎はサントリーウイスキーで必要となる味覚と嗅覚を徹底的に鍛え上げました。当時の鳥井信治郎を「大阪の鼻」とのあだ名で揶揄されていたことからも、奉公先の主人や顧客からも絶大な信頼と人気があったことが伺い知ることができます。
つぎの奉公先として入社した、小西勘之助商店は絵具・染料問屋で、ここでもまた商品の調合技術に磨きをかけていきました。 彼自身、運が強いと言っていることから最初の奉公先でのブランデー、ウイスキーとの出会い、また業務内容と日々の仕事がまさしくサントリーウイスキーでのいしずえとなった千載一遇とも言える経験になりました。
鳥井 信治郎氏は、占い、願掛け、神頼みなどにも非常に熱心でうさぎ年ながらも虎(トラ)が熱狂的に好きで職場は虎の置物で溢れていたそうです。ちなみに、母親のお腹にいた時には寅年だったと強弁されていたというお茶目なエピソードも語られています。

1899年:『鳥井商店』設立


サントリーは1899年実業家、鳥井 信治郎氏がぶどう酒の販売のための起業として設立した「鳥井商店」がルーツと言われています。鳥井商店ではポートワイン(ぶどう酒)の販売をメインにしていたため、特にウイスキーの販売はしておりませんでした。
※ちなみに、最初の商品は缶詰とワイン(葡萄酒)でした。ところが、鳥井商店の運命を大きく変える人物が登場します。

鳥井信治郎氏の前に現れた人物とは?

竹鶴政孝&リタ像※↑竹鶴政孝&リタ像

その人物こそが、NHK朝ドラ「マッサン」のモデルにもなった、ニッカウイスキー創業者・竹鶴 政孝氏だったのです。
当時、竹鶴氏はウイスキーの本場スコットランドで、スコッチウイスキーの製造を学び、妻であるリタさんと帰国後日本独自のジャパニーズウイスキーを手がけようとしていました。しかし、当時竹鶴氏は酒造メーカーのいち社員で資金力はほぼ皆無でした。そこで鳥井 信治郎氏にジャパニーズウイスキーの話を持ちかけ、日本初のウイスキーを誕生させたのです。

サントリーウイスキーブランドの誕生

ウイスキー響
サントリーウイスキーは、今やジャパニーズウイスキーというだけではなくシングルモルトウイスキーとして世界中でファンを熱狂させています。また山崎蒸溜所にはじまり、白州蒸溜所など見学ツアーが開催されるなど、NHKドラマ小説「マッサン」の影響もありウイスキー入門者やウイスキービギナーにとっても知られる存在となりました。
特に白州はハイボール好きの女性や若いユーザーを虜にし今までのウイスキーユーザー層には無かった新しいウイスキー愛好者を作るまでにブランディングと認知が広がりつつあります。ここだけを見ると、サントリーウイスキーの歩みは創業から順風満帆のように見えます。
しかし創業時のサントリーは、スペイン産の葡萄酒の輸入販売で大きく失敗をし常に順調というわけではありませんでした。そんな状況でも創業者 鳥井 信治郎氏の味覚と嗅覚そして調合のスキルは、ずば抜けておりすぐに輸入の葡萄酒を日本人の口に合うものにブレンドをして大成功を収めます

1929年:日本国産第一号の本格ウイスキー「サントリーウイスキー白札」発売

1929年竹鶴氏に話を持ちかけ鳥井商店初のウイスキー白札」は、大阪府山崎に蒸溜所を構え盛大な規模で製造されました。当時は、全くウケが良くなく売上は不調でした。
そこで竹鶴氏と決別し、日本人の舌に馴染む飲みやすいウイスキーを、鳥井 信治郎氏が、マスターブレンダーとなり開発し更に1963年これまで掲げてきた鳥井商店を「サントリー」と位置づけ、株式会社サントリーホールディングが誕生しました。
その後、後のサントリーホールディングが掲げる「サントリーウイスキー」として生まれ変わったのです。

サントリーウイスキー響の誕生

サントリーウイスキー響の誕生
サントリーに社名を変更し、1984年試行錯誤の上に完成させたウイスキー「山崎」によって、サントリーは業績を伸ばしていきます。
しかし、鳥井 信治郎氏の息子で彼の跡を受け継いだ佐治 敬三氏にある考え(想い)がよぎります。

「山崎」の課題、サントリーウイスキー響の誕生

山崎蒸溜所 山崎ウイスキー館
それは「日本人の舌に合うウイスキーができないか…」と言ったサントリーがこれまで掲げてきた課題でした。
もちろん、山崎でも十分飲みやすくブレンドされていますが、それはあくまで大麦を主原料とされるシングルモルトウイスキーでした。
若干癖もあり、大人のお酒という印象も高かったのです。
そこで、サントリー90周年となる1989年に穀物(とうもろこし)などを主原料として作られたグレーンウイスキーと掛け合わせたブレンドしたウイスキーを製造しました。
これこそがのちの最高峰ブレンデッドウイスキーとして人気を集めたサントリーウイスキー響なのです。

響の名の由来


ちなみに「響」という名の由来は、音楽家ブラームスの名曲「交響曲第1番」になぞらえたことが由来となっています。
偉大な音楽家ブラームスの「交響曲第1番」のように、堂々としながら周囲全体に響き渡るような多くの日本人にしたわれるウイスキーを目指したそのサントリーの意図と戦略が大きくくみ取れます。

日本に適した独自ブランド・サントリーウイスキー

日本に適した独自ブランド・サントリーウイスキー
後にサントリーウイスキーは、「響」ブランドの一つとして、雅な世界観を創出した「サントリーウイスキー 響 ジャパニーズハーモニー」を完成させます。

created by Rinker
¥16,899 (2022/09/25 00:51:54時点 Amazon調べ-詳細)

日本人の舌に適した飲みやすさの追求こそが、他の追随を許さずサントリーをトップブランドへと押し上げた最大の要因でした。
この壮大な歴史の中で、サントリーウイスキー響は、山崎とともにその中心で日本人に愛され続けています。

サントリーウイスキー「響」が人気急騰している理由

サントリーウイスキー「響」が人気急騰している理由
冒頭からお話している通りサントリーウイスキー響は、今や世界に誇るジャパニーズウイスキーのトップブランドとして多くのファンに愛され続けています。
では改めてその人気が急騰している理由を紹介いたします。

NHK朝ドラに受けた第2次ジャパニーズウイスキーブーム


実は山崎や響という人気ブランドを生み出すもサントリーに限らずジャパニーズウイスキーは、一時人気が衰退した時期がありました。
やはりウイスキーに馴染みが薄く、海外のお酒で日本人の舌に馴染まないという印象が拭いきれなかったのでしょう。
そんな衰退したウイスキーブームに再度火をつけたのが、NHKの朝ドラ「マッサン」だったのです。朝ドラマッサンは、ニッカウイスキー創業者竹鶴 政孝氏をモデルとして描かれたウイスキー製造業者の物語です。
この朝ドラをきっかけに、ドラマ視聴者たちがジャパニーズウイスキーを求めるようになり、第2次ウイスキーブームが到来します。
当然、サントリーに対する需要も高まり特に世代や性別を問わずに日本人の舌に馴染みやすく飲みやすい「響」は一気に人気を盛り返していったのです。

原酒不足するほどの大人気!

ウイスキー樽
さて第2次ウイスキーブームが到来し日本国内では、響を求める声が一気に高まったわけですが、そのことが理由となり響の原酒は一気に少なくなってしまいます
そもそも響は、山崎などのシングルモルトウイスキーと、穀物を主原料としたグレーンウイスキーをかけ合わせたブレンデッドウイスキーです。
響の為だけに独自で原酒を作り上げたわけではないので山崎をはじめとするシングルモルトウイスキーの原酒の不足と共に一気に原酒不足に陥ったのです。そして、この原酒不足が、多くのファンやマニア達の欲求を向上させ気がつけばさらなる人気を博して行きました。

プレミア価値が出る現状

ウイスキー響
朝ドラブームや圧倒的原酒不足がさらなる拍車をかけ響は、オークションでも数十万円で取引されるようになりました。
そして、その傾向は「響」のビンテージモデルが一部販売休止になった途端により大きなものとなっていきました。例えば響17年が販売休止に陥りその結果、ブレンド技術で売ってきたサントリーの魅力を伝える響ブレンダーチョイスが発売され、この「響 ブレンダーチョイス」にも多くのファンが殺到し、さらなる原酒不足に陥っていきます。

山崎50年の価格高騰にも影響…


山崎50年が数千万円でオークションに出されていたのもそのことが大きな理由!
また入手しづらくなっていることも手伝い、転売されることも多く見られています。
今後もますますプレミア価値になり、買取市場でも価格が高騰する可能性があるので今後の動向にも注目したいものですね。

限定商品が抽選で販売されているという事実

実は響は、あまりの原酒不足に陥り、一部販売休止しているモデルが存在します。
そのモデルを限定的に復刻させ抽選で販売するという形も取られているために、マニアの熱気はさらなる拍車を生んでいます。
このような、にくい演出も響が人気を博する大きな要因とも言えます。

サントリー「響」の歴史から知る魅力

以上、サントリーの歴史から響誕生のルーツや人気の理由をご紹介しました。
ここまでの話を聞いて、いかに響が、「日本人による日本人のための日本人の舌に適したウイスキー」であるかが伺えますね。
日本人が好むように作られた歴史・魅力が響にはふんだんに詰まっており、その中には山崎というトップブランドの原酒も配合されている。だからこそ響は多くのファンから愛され続けた日本の誇るウイスキーなのです。
是非そのことも含めて、響に触れてみてください。
きっと、今まで想像できなかった別の魅力が発見できます。

サントリー「響」各品種の魅力とは?味の違いを徹底解説!

サントリーウイスキー響にはたくさんの品種が存在します。では、早速主な品種の魅力や味わいの違いを解説していきます。

雅の世界にこだわった「サントリーウイスキー響 ジャパニーズハーモニー」

created by Rinker
¥16,899 (2022/09/25 00:51:54時点 Amazon調べ-詳細)

ジャパニーズハーモニーは、一部のコアなファンの中でまずいと不評だったりしますが、それは独特のスモーキーフレーバーがきつくないことが原因です。どうしてもスモーキーフレーバーが強調されてしまうとコアなファンを魅了してくれますが、お酒が苦手な人は敬遠してしまいます。
そうならないように、甘く時にビターな香りを余韻とともに楽しめるようにしておく必要があり、その部分を強調し雅な四季折々の香り・味わいを演出しているのが響 ジャパニーズウイスキーです。

四季折々の魅力を感じさせるかのような演出が個性的

四季折々の魅力を感じさせるかのような演出が個性的
春の装いを感じさせるローズ・バニラの心癒やす甘い香り・口溶け・味わいに、少しビターで時にオレンジの酸味を醸し出す秋色の風味は独特です。
そういった時間と共に余韻として楽しめる演出こそが、ジャパニーズハーモニーの醍醐味でもあるので是非、お酒の苦手な人こそ、一度味わって頂きたいです。

ハイボールにしても楽しめる「サントリーウイスキー響12年」

created by Rinker
¥98,000 (2022/09/24 10:53:19時点 Amazon調べ-詳細)

響12年は響のビンテージウイスキーの中でもノンエイジに近いモデルのウイスキーです。
17年以降の成熟したビンテージウイスキーとは異なりフレッシュで若々しい印象を与えてくれる香りと味わいが実に爽やかです。
もちろん響である以上、バニラのような甘さやビターでほろ苦さを感じることはできますが、全体的に爽やかなので軽快に楽しみながら飲むことができます。ですのでハイボールは非常におすすめです。
もし響がどのよなウイスキーか体感してみたい方は、気軽に飲んで楽しめる爽やかな響12年をおすすめします。

原酒不足で販売終了になった17年に変わる「サントリー響ブレンダーチョイス」


響ブレンダーチョイスは、まさに響17年の原酒不足をカバーするために手がけられた品種のウイスキーです。
熟成年数は、15年前後の原酒を用いているので、若干若さも感じせそうな気がしますが、実際に飲んでみるとそこまで差を感じさせるものではありません。それどころか非常にフルーティーで美味しく楽しめ、まさにサントリーが自慢とする熟練のブレンダーたちの仕事力の高さを体感できる1本と言えます。
たったひとつのブレンドでもそのクオリティーが高ければ、2年の熟成期間の差は埋められると証明してくれるウイスキーですので是非一度飲んでみてください。
味わいとしては濃厚ですが、実に芳醇でフレッシュ。実に癖になる香りと味わいです。

大人のウイスキーを体験したければ「サントリー響21年」はおすすめ。

created by Rinker
¥96,000 (2022/09/24 12:32:50時点 Amazon調べ-詳細)

流石に30年ものとなると、それこそ現在の市場価格では80万以上と手が届きませんが、多少グレードは下がるとしても21年ならば、定価で買えれば25,000円で手に入る「サントリー響21年」。
大人のウイスキーとしての深みと円熟具合がきちんと楽しめる1本に仕上がっているので、大人の味を楽しみたいなら響21年はおすすめです。

価格はそれなりでも、大人のウイスキーを堪能できるところが最大の魅力!


甘さ、酸味・渋さなど、ウイスキーが持つひとつひとつの香りと味わいの構成が見事に調和され実に芳醇でエレガントに仕上がっています。
時間と共にじっくりと変化するあたりは、17年までの響では体感しづらい部分でありまさに大人のウイスキーともいうべき魅力がたくさん詰まっています。
もちろん30年と比較すると癖も少なく、その分物足りなさを感じることもありますが、これから大人の階段を登る若者たちなら、十分楽しめるビンテージウイスキーです。

時間をかけて余韻を楽しむ「サントリーウイスキー響30年」

created by Rinker
¥950,000 (2022/09/24 15:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

ビンテージウイスキーの中で、最も大人の風格を持つウイスキーが響30年です。伊達に熟成期間30年の原酒を用いて造られているだけではなく驚くほど香りと味わいが濃厚です。
他のビンテージウイスキーと比較してもその差は歴然で、価格も高騰し入手困難なことからも分かるようにある種「奇跡の一杯とさえいっても過言ではありません。

30年熟成の香りと味わいは伊達じゃない!

ウイスキーは本来液体であるはずなのに、まるでシロップのように少しとろみがかった飲み口は実に印象的。そのことからも如何に濃厚で味わい深くじっくり味わいたいウイスキーであるかが感じ取れますよね。
熟成させた樽(シェリー樽・ミズナラ樽など…)のウッディーな香りが、ウイスキー全体を包み込みそれでいてバニラのようなほのかな甘さが心を魅了していく。
口の中でいつまでも余韻が残るため一度飲んだら忘れられない極上の味わいを感じさせてくれる1本です。

サントリーウイスキー響も各品種によって個性が異なる!


以上が響のラインナップになります。
ひとつひとつの品種によって、個性が大きく異なり響を一言で表すのは、正直非常に難しい話です。ただ個性が異なるという事は、様々な楽しみ方も味わえるということにも繋がります。
是非この機会に様々なモデルのウイスキーを楽しんでみてください。きっと今まで想像していた、響の新たな魅力に気が付かされるでしょう。

2022年サントリー「響」人気ランキング

サントリーウイスキー響には、たくさんの品種が存在しています。
では、実際のところどの品種が最も支持されているのか、人気ランキングTOP5をご紹介します。

1位:サントリーウイスキー 響 ジャパニーズハーモニー

created by Rinker
¥16,899 (2022/09/25 00:51:54時点 Amazon調べ-詳細)

やはり響の中で最高に人気なのは、ジャパニーズハーモニーですね。
定価5,000円で購入でき、なおかつ四季折々の香りと味わいを気軽に楽しむことができる万人向けウイスキーだけに人気が高いのも頷けます。
ストレート・ロック・ハイボール、さらにはお湯割りと様々な楽しみ方ができます。

2位:サントリーウイスキー 響 21年

created by Rinker
¥96,000 (2022/09/24 12:32:50時点 Amazon調べ-詳細)

2位にランクインしたのは、まだ比較的低価格で大人のウイスキーを飲むことができる、サントリーウイスキー響21年です。
比較的低価格といっても定価で25,000円するので結構高額です。それでも成人式など、大人として成長した記念に飲むのであればその価値はありますし全く手の届かない金額でもありません。
30年ものには叶いませんが、十分大人の円熟味を楽しむことができるビンテージウイスキーですので、気になる方は一度その香りと味わいをお試しください。

3位:サントリーウイスキー 響 17年


サントリーウイスキー響17年は、響のラインナップの中では、熟成期間が中間の位置に属するビンテージウイスキーです。
定価では12,000円で購入できますが、大人のウイスキーというには少し物足りなさも感じてしまいます。ただ、それでもハイボールにして楽しむことも可能ですし、物足りないなら逆にストレートでも十分楽しめます。
21年・30年には風味で負けますが、価格に見合った実に美味しいウイスキーですのでぜひ一度お試しください。

4位:サントリーウイスキー 響 ブレンダーチョイス


響 ブレンダーチョイスは、まさにサントリーが自慢するブレンダーたちが厳選に厳選を重ねてブレンドして完成させた究極のブレンデッドウイスキーです。ですので昔からサントリーウイスキーファンという方には、たまらない1本となることは間違いありません。
4位にランクインされただけあって非常に人気も高く、サントリーウイスキーの醍醐味を十二分に感じさせてくれる1本ですので非常におすすめです。

5位:サントリーウイスキー 響 12年

created by Rinker
¥98,000 (2022/09/24 10:53:19時点 Amazon調べ-詳細)

響12年は、まさに若者向けのビンテージウイスキー。
21年・30年のようなビンテージウイスキーだと、どうしても響独特の癖が出てしまい、いくら飲みやすさを追求したとしてもお酒の苦手な人は敬遠してしまいたくなる…
だからこそ、ノンエイジに近い響12年は、若者を中心に人気が高いウイスキーとして知られています。
響12年が醸し出すフルーティーでフレッシュな風味を楽しみたいなら、ぜひ一度お試しください。

以上が、サントリーウイスキー響の人気ランキングトップ5となっています。
いずれも響を象徴とする人気銘柄ですので気になる方は、ぜひ一度購入してその味を体感してみましょう。

サントリー「響」 のおいしい飲み方

ウイスキー
響には実にたくさんの種類のウイスキーがラインナップされています。
当然それぞれの飲み方や楽しみ方は異なりますので、ここからは響の美味しい楽しみ方をご紹介していきます。

響21年・30年はストレート・ロックがおすすめ

響も山崎・余市などのジャパニーズウイスキーと同じく原酒不足に陥るほど人気の高いウイスキーです。しかも響きは他のウイスキー以上に癖がなく非常に飲みやすいウイスキーです。
そのため特に21年・30年といったビンテージウイスキーは、ストレート・ロックでじっくりと時間をかけて楽しむのがおすすめです。時間をかけて飲んでいくことで、香りと味わいが甘い印象からビターな味わいへと変化し余韻も長く楽しめます。
せっかく高価で香りが芳醇で味わいが濃厚なウイスキーですので是非ストレートやロックで時間をかけてじっくり楽しんでください。
ウイスキー

響12年 ブレンダーチョイスは、ハイボールがおすすめ


響12年やブレンダーチョイスは、濃厚な味わいというよりは口当たりがなめらかでお酒が苦手な人でも飲みやすい香りと味わいが特徴的なウイスキーです。
そのため炭酸割りにしたハイボールとして楽しむことをおすすめします。ハイボールであれば気軽に喉越しも楽しめるのでコミニュケーションツールのひとつとして活用することができます。
仕事上の接待・付き合いなどで、ハイボールを交わすことも有効ですのでぜひ様々な人と楽しめるように飲んでみてくださいね。

響 ジャパニーズハーモニーならお湯割りもおすすめ


響 ジャパニーズハーモニーは、先程ご紹介したとおり四季折々の日本ならではの雅な世界観が楽しめるウイスキーです。そしてその特色は、お湯割りしても色褪せることなく楽しめます。
どちらかというと海外では、ストレート・ロック・水割り、そしてハイボールで楽しむのが主流と言われています。ですので日本で味わうなら、あえてお湯割りにして楽しんでみるのもひとつの手として有効です。
是非日本の雅な世界観を響 ジャパニーズウイスキーのお湯割りでお楽しみください。

響の楽しみ方はいっぱい!

以上が、響の各銘柄に合わせた楽しみ方です。
響にはたくさんの銘柄と共に様々な楽しみ方がありますので誰でも気兼ねなく楽しむことができます。是非それぞれの立場で様々な楽しみ方を試してみてください。

サントリー「響」ジャパニーズハーモニーが不味い(マズイ)は本当か!?

Google検索
まずはサントリーウイスキーに対して、『サントリー「響」ジャパニーズハーモニーが不味い(マズイ)のか?』などこのような記事を作ったことは決して悪意があるわけではないが、ジャパニーズウイスキーの代表的な銘柄でもある響の汚名挽回ではないですが、美味しいウイスキーの誤解を解きたくご紹介したいと思います。
Googleの「響 ジャパニーズハーモニー」の検索結果に、関連するキーワードとして最上部にこのキーワードが表示されるということは相当数の方が検索していると考えられます。「ただ本当にまずいのか?」様々なサイトや口コミや評価などをプロのバーテンダーさんなどにも伺って検証してみました。

結論から。。。

まず結論は「まずい」と言っている方の多くがほかのサントリーウイスキーと比較して自分の好みと合わないことから 『サントリー「響」ジャパニーズハーモニーが不味い(マズイ)!!!』 と結論づけていることが分かりました。

同じサントリーウイスキーでも響と山崎では味が大きく異なる

サントリーウイスキー同士でも、当然といえば当然ですが味も香りも全く異なります。飲みやすい飲みやすさといった点でいえば白州は同じように飲みやすいですがこちらもまた全く違う味と香りです。
ですので「飲みなれた好きなウイスキーがたまたま同じ山崎だったり白州だったりとすることで次に飲んだ響が何か物足りない」や「 スモーキーなウイスキーの山崎に比べて、優しすぎる響を好みの違いなだけなのに直感的にマズイ!」と表現されたことが広がっていることが原因だと思われます。

響はウイスキー入門者にもおすすめの美味しいお酒

結論としてですがウイスキーだけに関わらず焼酎、ワイン、ブランデーとどのお酒も食べ物などと同様に口に入れるものですので個人の主観や好みが大きく影響します。そのような点からも、食わず嫌いではないですが、最初から周りの評価に影響されずにまずはお試しとして試飲などをしてみることが重要です。
またウイスキーを飲まれる環境や、飲み方によっても大きくその印象が左右される場合もあるので初めて飲むようなウイスキーはできるだけしっかりと味わうことができるようなタイミングで飲むことが一番理想的です。

サントリー「響」を高価買取してもらう方法とは?

サントリー「響」を高価買取してもらう方法とは?
最後に響を高価買取してもらう上で気をつけるべきこと(高価買取のコツ)をご紹介していきます。

開封は厳禁!

ウイスキー
響はある意味生き物といっても過言でないほど時間とともに劣化するお酒です。開封前ならまだしも開封してしまったらよほど保管状態が良くない限り間違いなく劣化します。
それではいくら優良買取店に持ち込んだとしても高価買取はしてもらえません。
買取を意識しないで楽しむなら話が別ですが、もし高価買取を考えているのであれば間違っても開封しないように心がけましょう。

最適な温度で保管されているか

最適な温度で保管されているか
温度管理を間違えて保存したら当然劣化します。ですので最適な温度での保管も高価買取を目指すなら必ず気を配りたいポイントになります。
適正な温度は、室温10~15度(湿度は60~70度)がベストと言われています。ぜひ響を保管する際は室温や湿度に気をつけて保管してください。

付属品は揃っているか

付属品が揃っていることも高価買取を考えるなら重要なポイントになります。
箱はもちろんのこと中にはフィルムやシールが入っている場合もあり、購入時に付属していたアイテムは必ず残しておかないと買取りに出した際に価格が下る恐れがあります。
ですので将来買取を検討した上で響の購入を検討するなら必ず付属品は大切に保管しましょう。

超プレミアウイスキー「響」の魅力を知り、早期の買取が命!

以上が響を高価買取するために気をつけるべきポイント(高価買取のコツ)です。
あくまで基本的なことをご紹介していますが何よりも大切に心がけて頂きたい事は以下の2つのことです。

  • ・響の魅力、買取相場(特に販売価格)をしっかりチェックしておくこと
  • ・響が劣化する前に素早く買取りに出すこと

この2つは非常に重要です。
ぜひご参考頂き実際に飲んで楽しむ際にも、買取りに出す際にも役立てて頂けると幸いです。その他、お酒買取に関することはなんでも無料で受け付けております。店頭買取出張買取宅配買取もお気軽にご利用ください。
ウイスキー買取はこちら

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,048
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:35,413
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:30,709
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,014
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,465
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«