高騰する響30年。価格推移と定価で買う入手方法は予約抽選と福袋

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

高騰する響30年。価格推移と定価で買う入手方法は予約抽選と福袋

2022/8/10
クリック数:1,143

ウイスキー買取はこちら
高騰する響30年。価格推移と定価で買う入手方法は予約抽選と福袋
ここ10年余りで激しい高騰化が進んでいるジャパニーズウイスキー。その中でも価格高騰が顕著な銘柄の一つがサントリーの「響30年」です。ブレンデッドウイスキーの最高峰として知られる響30年には、他のウイスキーにはない魅力が詰まっており、それだけ高い人気があるのです。

今回はそんな響30年にフォーカスを当てていきます。一体どのようなウイスキーなのか、定価や実際の価格はどのくらいなのか気になっている方はぜひチェックしてみてください。記事後半では響30年を定価で買う方法やお酒買取についても案内しています。
ウイスキー買取はこちら
 

ブレンデッドウイスキーの最高峰「響30年」

ブレンデッドウイスキー・響30年とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

ARMANDO | Whisky & Cigars(@armandrinksss)がシェアした投稿


ブレンデッドウイスキー響30年は、サントリーが手がけるウイスキー「響」の30年熟成ボトルです。酒齢30年以上の長期熟成モルト原酒・グレーン原酒を丁寧にブレンドして作られた特別なウイスキーであり、年間数千本しか製造されないという希少な限定ウイスキーでもあります。
響30年のモルトに選ばれるのは、サントリー秘蔵の超長期熟成樽のものです。入念に選ばれたモルト原酒に、熟成期間30年以上の円熟グレーンが吟味した上でブレンドされます。ブレンドや製造の工程は全て手作業というこだわりで、とにかくバランスに優れており、宝石のような美酒に仕上がっているのが特徴です。
そんな響30年は近づくだけで特別に感じられるモルトの甘い香りと花のような華やかな香りが豊富です。口に含むとなめらかなとろみ、重厚なコクも感じられます。熟成が生み出す力強いウッディネスと長く美しく続く余韻で、まさに完成された頂点のウイスキーと言えます。
また響30年は特別な「30面カットのクリスタルボトル」に入っているのもポイントです。見た目にも楽しめる贅沢なウイスキーは、ウイスキーファンはもちろんコレクターたちからも厚い支持を得ています。
 

サントリーが誇る響のウイスキー

サントリーが誇る響のウイスキー
響はサントリーのブレンデッドウイスキーの銘柄です。30年ボトルの他にも「響JAPANESE HARMONY」「響BRENDER’S CHOICE」「響21年」などのボトルがあります。このほか期間限定品として特別なボトルがリリースされることもあります。
そんなウイスキー響ブランドは、サントリーが創業90周年を迎えた1989年に誕生しました。二代目マスターブレンダーであった佐治敬三氏が最高峰と呼ぶに相応しい日本のウイスキーを目指し、培ってきたブレンドの技術を駆使して作られたのがウイスキー響です。サントリーのウイスキーラインナップの中でも特にランクが高く、いわゆる高級ウイスキーとしてシングルモルト山崎」「シングルモルト白州」と並ぶ人気を誇っています
ちなみにブレンデッドウイスキー響は近年のジャパニーズウイスキーの高騰化の影響を強く受けていて、今ではどのシリーズも入手困難・価格高騰が顕著なことでも知られています。特に響30年は手作業で生産数そのものが少ないため、入手がとても難しいプレミアムウイスキーの扱いとなっています。
 

サントリーウイスキー響30年の商品情報

  • ・容量:700ml
  • ・原材料:モルト・グレーン
  • ・アルコール度数:43%
  • ・色:濃い琥珀色
  • ・香り:マンゴーや杏、いちごジャムなどの熟成フルーツ
  • ・味わい:とろみ・厚みのある甘酸っぱさ
  • ・余韻:熟した果実香と伽羅香、そして長く深い余韻

created by Rinker
¥950,000 (2022/09/24 15:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

響30年の評価と受賞歴について

響30年の評価を調べてみた


響30年は人気ウイスキーということもあり、Twitterなどに多くの口コミが寄せられていました。飲んだ感想のほとんどが美味しかったというものであり、「格別だった」という感想も多く見受けられました。他の響シリーズと比べても違いが明確にわかるほどのレベルであり、とにかく華やかで甘やかな点に対して高い評価が集まっているようでした。
また響30年はブレンデッドウイスキーということもあり、癖が少なく飲みやすい点も高評価のポイントでした。シングルモルトに比べて親しみやすい味わいであるため、中には「山崎よりも美味しい」と感想を述べる方もいるほどでした。
感想からも分かる通り、響30年はプレミアムウイスキーの中でも非常に飲みやすく、高級感を堪能できる味わいと言えます。万人受けする味なので、国内だけでなく世界各国の方にも愛されているボトルとなっています。
 

ISC金賞など響30年の輝かしい受賞歴

  • ・2021年・・・ISC金賞
  • ・2020年・・・ISC金賞
  • ・2008年・・・ISC最高賞「トロフィー」、WWA「ワールド・ベスト・ブレンデッドウイスキー」
  • ・2007年・・・IWSC金賞「ベスト・イン・クラス」、ISC最高賞「トロフィー」、WWA「ワールド・ベスト・ブレンデッドウイスキー」
  • ・2006年・・・ISC最高賞「トロフィー」
  • ・2004年・・・ISC最高賞「トロフィー」

響30年の代表的な受賞歴を調べてみました。上記を見て分かるように、響30年は世界的に有名なウイスキーの賞をいくつも受賞しています。特にISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)では最高賞である「トロフィー」を何度も獲得しています。ISCはイギリスで行われる酒類のコンペティションで、ブラインドテイスティング(目隠し)により評価が行われるのが特徴です。
ブランド力だけでなく実力が認められたウイスキーであるという点が、響30年が長く人気を誇る理由でもあります。世界に誇る日本のウイスキーでもあり、日本のお土産として響30年を選ぶ海外の方も多くいるほどです。
 

響30年を美味しく飲む方法

ストレートが断然おすすめ

ストレートが断然おすすめ
響30年は完成されたブレンデッドウイスキーです。デイリーウイスキーのようなクセのある刺激や飲みにくさはないので、ストレートでそのまま美味しく飲むのに相応しいです。できれば香りをうまくとどめておけるウイスキー専用のグラスを用いて、ストレートでゆっくり堪能してみましょう。なお響30年は味だけでなく香りも魅力です。一気に飲んでしまうのではなく、まずはゆっくりと鼻を近づけ香りから楽しんでみてください。
ストレートで楽しんだ後は、わずかに加水して味の変化を楽しむのもありです。加水する場合はウイスキー:水=1:1のトワイスアップがおすすめです。これ以上の水を加えてしまうとウイスキーが薄まってしまい勿体なく感じるので注意しましょう。
ちなみに響30年は飲みやすい味ですが、アルコール度数が43%と高めです。そのためストレートで大量に飲むと、悪酔いする原因にもなります。響30年を飲む際には、必ずチェイサー(水)の用意も忘れないようにしましょう。
 

響30年に合わせたいおつまみ

響30年に合わせたいおつまみ
響30年の穏やかで奥深い酒質は、さまざまなタイプの料理と合います。特にナッツ類やチョコレート類との相性は抜群です。また甘やかで華のある香りは、ドライフルーツとも好相性です。
味の濃い食事に合わせる際には、水割りやハイボールにするのもありです。響の甘みと華やかな香りは割ってもバランスが崩れにくいのが魅力です。
 

響30年の高騰化が話題に!定価と市場価格・価格推移について

響30年の高騰化が話題に!定価と市場価格・価格推移について

響30年の定価と市場価格は?

響30年の定価は160,000円(税抜)です。しかし人気で希少なウイスキーということもあり、定価購入は非常に難しくなっています。特にここ10年余りでジャパニーズウイスキーへの注目が集まり、響30年が世界的な賞を多く受賞したことから市場価格は跳ね上がっています。近年ではウイスキー投資や転売の対象となっていることも影響し、価格はますます高騰しています
価格は購入する場所にもよりますが、Amazonや楽天市場のようなネットショップではボトル一本に100万円近い価格が付けられています。酒屋での店頭購入も数十万円を超えることがほとんどです。響30年を飲んでみたいという方は、これだけ価格高騰しているという事実を忘れないようにしましょう。
 

価格推移と今後の予想

2013年Amazon価格・・・約16万円
この頃は定価に近い価格で購入できていた
2015年Amazon価格・・・約29万円
世界的なジャパニーズウイスキーへの注目UP
さらにISCトロフィー受賞をきっかけに価格が高騰
2020年Amazon価格・・・約53万円
ウイスキーに終売銘柄などが増え、転売が話題に
響30年の流通価格は定価の4倍近くまで上昇
2022年Amazon価格・・・約95万円
コロナ禍など生活様式の変化から価格高騰も急速に
わずか2年ほどで流通価格は40万円近く増える

created by Rinker
¥950,000 (2022/09/24 15:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

響30年の価格推移を調査してみました。表を見て分かるとおり、実は希少な響30年も10年前までは簡単に定価購入できる銘柄でした。しかし2014〜2015年あたりから高騰化が進みはじめ、今では価格が定価の5倍以上にまで膨れ上がっています。
特にここ2年ほどの価格高騰は凄まじく、2020年から2022年の間に響30年の流通価格は40万円ほど増加しています。響30年は特に生産量などが増えているわけではなく今後も増産される見込みはないので、これからも価格の高騰が続くことが予想されます
今のペースを考えると、数年後には100万円越え、一本150万円近くになるようなことも十分にあり得ます。響30年が気になる方やボトルをお持ちの方は、ぜひ価格の推移に注目してみてください。

 

響30年を定価で買う方法!抽選販売や福袋で入手できる?

高騰化が進む響30年ですが、終売品ではなく現行でもリリースされているため定価購入は可能です。ここからは響30年を定価で購入する方法について解説していきます。
 

百貨店や酒販店の抽選販売が狙い目


響30年は基本的に一般的な酒販店の店頭に並ぶことがありません。しかし入荷のタイミングで実施される抽選販売に当選すれば、定価での購入が可能です。
抽選販売はそごうや近鉄百貨店、伊勢丹などの百貨店で不定期に開催されています。また百貨店だけでなくビッグカメラやリカーマウンテンなど、大型の酒販店でも行われています。まずは響30年の抽選販売を実施している店舗を探し、根気よく抽選に応募してみましょう。
なお百貨店や酒販店によっては「カード会員限定」など抽選の参加に条件を定めている場合があるので注意です。響30年を狙うなら、購入条件についても詳しく確認しておきましょう。


 

運が良ければ福袋で当選することも


響30年は抽選販売のほか、福袋商品に含まれていることがあります。いわゆるウイスキー福袋と呼ばれる商品のことで、抽選や先着で購入ができます。
あくまでも福袋なので確実に響30年が購入できるわけではありませんが、運が良ければ定価未満の価格で響30年をゲットできる可能性があります。もし外れても他のウイスキーが手に入ることがほとんどなので、ウイスキー好きならトライしてみる価値があります。
 

お試しなら蒸留所の試飲もおすすめ


響30年はサントリーの蒸留所で有料試飲ができます。15mlで3,700円とわずかな量ではありますが、流通価格を考慮すると非常にお得です。ボトルごと購入する必要がないので手軽にチャレンジしたい方にもおすすめです。有料試飲では響30年以外のウイスキーにもトライできます。
なお蒸留所見学は予約が必要です。時期によっては開催されていないこともあるので、詳細はサントリーの公式ページで確認してみてください。
 

未開封の余った響30年はお酒買取がおすすめ

未開封の余った響30年はお酒買取がおすすめ
価格高騰が激しい響30年は、お酒買取市場でも人気のアイテムです。もし未開封ボトルをお持ちで今後も飲む予定がなければ、ぜひお酒買取専門店の利用を検討してみましょう。響30年のボトルは状態が良ければ定価以上の高額買取ができるケースがあります。
響30年の買取ならお酒買取専門店リンクサスがおすすめです。リンクサスは店頭買取出張買取宅配買取の3種類の方法で、全国から響30年の買取を受け付けています。買取価格は上昇中で、状態や付属品次第では80万円越えの価格がつくこともあり得ます。
リンクサスでは「今はまだ売るかどうか決めていない」「まずは価格だけ知りたい」という方からの相談も受け付けています。在籍するプロの査定員が丁寧に査定を行うので、安心してお任せください。
響30年の買取はこちら
 

<響30年は空き瓶買取も可能>

通常ウイスキーの買取は未開封ボトルのみになります。しかし響30年の「30面カットクリスタルボトル」は、コレクターが多いため空き瓶でも買取対象になります。お酒買取専門店リンクサスは響30年の空き瓶買取も行っているのでぜひご相談ください
なお空き瓶買取の際も箱や冊子付きの状態でお持ちいただくのがベストです。また中の香りを堪能できるよう、ボトルはできるだけ洗わない状態でそのまま買取査定にお出しください。
空き瓶・空ボトルの買取はこちら
 

まとめ

サントリーが誇るブレンデッドウイスキーの最高峰である「響30年」。華やかで豊かな香りは、格別と称されるほどの人気です。元々の定価16万円に対し今では100万円近い価格が付けられるほど、プレミアムなウイスキーとしても有名です。
そんな響30年ですが、百貨店などの抽選販売を狙えばわずかですが定価で買える方法もあります。未開封ボトルはお酒買取の高額買取対象にもなるので、ぜひチェックしてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,052
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:35,422
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:30,714
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,022
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,472
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«