美味しいハイボールの作り方。分量・割合の黄金比率は1対何?

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

美味しいハイボールの作り方。分量・割合の黄金比率は1対何?

PR: 2023/5/05
クリック数: 107,568

ウイスキー買取はこちら
美味しいハイボールの作り方。分量・割合の黄金比率は1:○?
ウイスキーを炭酸で割って飲む「ハイボール」は、飲み会の定番として愛されているドリンクの一つ。ウイスキーの豊かな香りはそのままに、すっきりと飲みやすい味わいとなるので食事のお供にもおすすめなんです。

今回はそんなハイボールを自宅で美味しく作る方法をご紹介します。ハイボールにおすすめのウイスキー銘柄やアレンジレシピも紹介していきます。
ウイスキー買取はこちら
 

ハイボールの基本の作り方!黄金比・割合はどのくらい?

<用意するもの>

  • ・好きなウイスキー:30ml程度
  • ・炭酸水:120ml程度
  • ・氷:適量
  • ・ハイボール用グラス
  • ・マドラー

 

STEP1:グラスいっぱいに氷を入れる

グラスいっぱいに氷を入れる
ハイボールを美味しく作るコツは、しっかりと冷やしておくことです。まずはグラスに氷を入れて、グラスそのものを冷やすようにしましょう。
氷の量はグラスにぎっしりとなるくらいたくさん入れてしまってOKです。なお氷が小さいとすぐに溶けてしまいハイボールが薄まってしまう原因となるので、氷はロックアイスなどなるべく大きめのものをチョイスしましょう。

グラスはお気に入りのものでOKですが、なるべく縦長のものを使うとハイボールが作りやすいのでおすすめです。タンブラー型のグラスなど、ハイボールに適したものを選んでみましょう。
 

STEP2:氷のみの状態のまま、マドラーで混ぜる

氷のみの状態のまま、マドラーで混ぜる
氷をぎっしりとグラスに詰めたら、まずはそのままウイスキーを入れず、マドラーでくるくると混ぜましょう。この一手間で、ハイボールが見違えるほど美味しくなります。
マドラーで混ぜることを「ステア」と言います。外からグラスに触れ、冷たいと感じるまでステアしましょう。

ステアの際に氷が溶けて水が出た場合は、一旦捨ててしまいましょう。水を捨てて氷が足りなくなった場合は、再びグラスいっぱいまで追加しておきましょう。
 

STEP3:ウイスキー30mlを注ぐ

ウイスキー30mlを注ぐ
グラスがしっかり冷えたら、まずはウイスキーを先に注ぎます。目安はシングル=30ml程度です。
ウイスキーを入れたら再びマドラーでステアしウイスキーを冷やしましょう。ウイスキーだけの状態でしっかりと冷やしておくことで、炭酸を注いだ際に氷が溶けにくく、美味しいハイボールに仕上がります。
 

STEP4:炭酸水120mlを静かに注ぐ

炭酸水120mlを静かに注ぐ
ウイスキーの後は炭酸水を加えます。ハイボールの黄金比はウイスキー:炭酸水=1:4と言われているので、30mlのウイスキーに対して120mlの炭酸水を注ぎましょう。

なお炭酸を注ぐ場合は、氷に当たらないよう、静かに注ぐのがコツです。グラスの淵に沿って炭酸を注ぐと泡が潰れにくいのでおすすめです。
 

STEP5:最後にワンステアだけする

最後にワンステアだけする
炭酸水を注いだ後は、くるっと1周だけステアします。最後は混ぜすぎないことが重要なポイントになります。
ハイボールが出来上がったら、お好みでレモンやミントを添えてもOKです。
 

黄金比1:4だが濃いめに作るのもアリ

黄金比1:4だが濃いめに作るのもアリ
上記でも述べたように、ハイボールの黄金比はウイスキー:炭酸水=1:4です。ただしウイスキー銘柄によって仕上がりが異なり、ちょうどよく感じるバランスは個人の好みにもよるので、きっちりレシピ通りに作らなくても構いません。例えば濃厚なウイスキー味が好きという方は、1:3などやや濃いめにハイボールを作るのもありです。

ちなみに黄金比を目安に作ったハイボールはアルコール度数6〜9%程度になります。ビールよりはややアルコールが高く、ワインよりは若干低い程度になるので覚えておきましょう。
 

ハイボールに合うおすすめウイスキー10選

1.サントリー白州

  • ・ウイスキーの種類:シングルモルト
  • ・産地:日本(ジャパニーズウイスキー)
  • ・製造元:サントリー
  • ・アルコール度数:43%
  • ・価格:700ml 4,950円(税込)

サントリー白州は日本を代表するシングルモルトでジャパニーズウイスキーに該当するブランドです。サントリーの白州蒸留所にて製造が行われています。
森薫るウイスキーと呼ばれており、サントリーウイスキーの中でも特にハイボールとの相性が抜群です。みずみずしく爽やかな味わいで、かすかなスモーキーフレーバーも感じ取ることができます。


 

2.サントリー角瓶

created by Rinker
角瓶
¥2,348 (2024/04/20 12:24:40時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・産地:日本
  • ・製造元:サントリー
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:700ml 1,749円(税込)

サントリー角瓶は、山崎蒸留所と白州蒸留所の原酒がキーモルトに使われたブレンデッドウイスキーです。サントリーきっての人気商品であり、このウイスキーで作られるハイボールは「角ハイボール」と呼ばれお茶の間や居酒屋の定番となっています。
甘やかな香りとコクがありながらも後味はドライで、非常に飲みやすいです。コンビニやスーパーでも気軽に購入できるためデイリーにおすすめです。
 

3.サントリー知多

created by Rinker
知多
¥6,920 (2024/04/20 12:06:10時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:グレーンウイスキー
  • ・産地:日本(ジャパニーズウイスキー)
  • ・製造元:サントリー
  • ・アルコール度数:43%
  • ・価格:700ml 4,400円(税込)

サントリー知多は知多蒸留所で作られるウイスキーで、ウイスキーの中では珍しい「シングルグレーン」に該当します。サイレントスピリッツと呼ばれるグレーン原酒で作られたウイスキーは、雑味がなく軽快な飲み心地です。
公式でもハイボールにして飲むのがおすすめされているほどハイボールにピッタリな1本です。ほのかな甘みと上品な飲み心地で、飽きのこない味わいとなっています。


 

4.カナディアンクラブ

  • ・ウイスキーの種類:カナディアンウイスキー
  • ・産地:カナダ
  • ・製造元:カナディアンクラブ
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:700ml 1,683円(税込)

カナディアンクラブはカナダ産のウイスキーです。日本ではサントリーが輸入元となっているので入手しやすいです。
カナダのウイスキーはさっぱりとした酒質で飲みやすく、ハイボールにすると初心者でも飲みやすい味になるのが特徴です。
ライトでスムースな口当たりで、香りには若干のフルーティーさもあります。鼻から抜けるような香りもあり、さっぱりとしたテイストがお好きな方には特におすすめの1本です。


 

5.ジョニーウォーカー ブラックラベル12年

created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
¥2,698 (2024/04/20 13:45:59時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・産地:スコットランド
  • ・製造元:ジョニーウォーカー
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:700ml 2,380円(税込)

ジョニーウォーカーブラックラベル12年は「ジョニ黒」の愛称で親しまれるスコッチウイスキーです。ブレンデッドウイスキーで最も有名な銘柄であり、販売量は全世界NO.1とも言われています。
燻製のようなニュアンスを感じるスモーキーなウイスキーで、ハイボールにしてもその魅力が失われることがありません。チーズやサラミなどと合わせて飲むのがおすすめです。


 

6.ボウモア12年

created by Rinker
BOWMORE(ボウモア)
¥4,638 (2024/04/20 14:53:13時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルト
  • ・産地:スコットランド
  • ・製造元:ボウモア
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:700ml 5,566円(税込)

ボウモアはスコットランド・アイラ島にて作られる個性派のシングルモルトです。アイラ最古の蒸留所で作られるモルトウイスキーは「アイラの女王」の異名でも知られています。
海に近い環境で作られるウイスキーで、潮の香りと独特なスモーキー感を堪能できます。個性的なのにドライですっきりとしているバランスがハイボールと好相性となっています。


 

7.デュワーズ ホワイトラベル

  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・産地:スコットランド
  • ・製造元:デュワーズ
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:700ml 1,188円(税込)

デュワーズはブレンデッドスコッチウイスキーの一つで、なめらかな味わいをしています。アバフェルディをキーモルトとすることで生まれる甘み・コクが印象的で、炭酸で割った際にふくよかな香りが膨らみます。甘いだけでなく適度なスパイシーさもあり全体的なバランスに優れています。
700mlボトルが1,000円台で購入可能なので、コスパの良いハイボール向けウイスキーをお探しの方におすすめです。
 

8.グレンフィディック12年スペシャルリザーブ

created by Rinker
グレンフィディック・ディスティラリー社
¥4,800 (2024/04/20 14:53:15時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルト
  • ・産地:スコットランド
  • ・製造元:グレンフィディック
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:700ml 5,060円(税込)

グレンフィディックは微かなスモーキーフレーバーを感じるウイスキーです。洋梨や青リンゴに例えられるようなフレッシュな果実味があり、「白州に似ている」と言われることもあります。
そんなグレンフィディックの12年ボトルはハイボールとの相性がよく、快適な飲み心地を体験できます。適度な甘みとスッと抜けていくような上品な味のハイボールを作ることができます。


 

9.トリス <クラシック>

  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・産地:日本
  • ・製造元:サントリー
  • ・アルコール度数:37%
  • ・価格:700ml 990円(税込)

トリスはサントリーの銘柄で、丸みのあるなめらかな味をしたブレンデッドウイスキーです。ハイボール向きのウイスキーとして人気を集めており、トリスでできたハイボールは「トリスハイボール」とも呼ばれます。
同じサントリーの「角瓶」で作るハイボールに比べ、後味がすっきりめで食中酒向きです。価格が安く入手もしやすいので晩酌用にもおすすめです。
 

10.メーカーズマーク

created by Rinker
MAKER'S MARK(メーカーズマーク)
¥2,815 (2024/04/20 14:53:15時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:バーボンウイスキー
  • ・産地:アメリカ
  • ・製造元:メーカーズマーク
  • ・アルコール度数:45%
  • ・価格:700ml 3,080円(税込)

メーカーズマークはアメリカ・ケンタッキー州にて作られるバーボンウイスキーです。手作りにこだわったプレミアム・バーボンで、絹のようになめらかな味と柔らかい甘味が特徴的です。
甘めのハイボールがお好きな方やコークハイがお好きな方におすすめしたい1本です。アルコール度数が高めなので、濃い味のハイボールを作ることもできます。


 

ハイボール作りは炭酸水にもこだわってみよう

ハイボール作りは炭酸水にもこだわってみよう
ハイボールを手作りする際は、ウイスキーの銘柄はもちろん炭酸水選びにもこだわってみましょう。炭酸の強さでハイボールの出来栄えも変わってきます。

例えば強炭酸を使った場合は、キレ味のあるハイボールに仕上がります。強炭酸を使う場合はウイスキーも味が濃いめのものを選ぶとバランスが良くなります
一方で弱めの炭酸水を使う場合は、口当たりがソフトなハイボールを作ることができます。軽やかな味わいのウイスキーと相性がぴったりです。

なお炭酸は開封後すぐに泡が抜けてしまうので、できるだけ500mlペットボトルなど少量で購入するのがおすすめです。清涼飲料水のメーカーからさまざまな炭酸水が発売されているので、ぜひお気に入りを探してみましょう。
 

ジンジャー・コーラなどハイボールのアレンジレシピ

<ジンジャーハイボール>


通常の炭酸水ではなくジンジャエールで割ったハイボールは「ジンジャーハイボール」と呼ばれて人気を集めています。ウイスキーの甘みにピリリとした刺激が相まって、満足感が高まります。
お好みでレモンを添えるのもおすすめです。
 

<コークハイ>


コーラを使ったハイボールはコークハイと呼ばれています。こちらも炭酸水をコーラに置き換えて簡単に作ることが可能です。
コーラの甘みでウイスキーがさらに飲みやすくなります。コークハイに使うウイスキーは、コーラの味に負けない甘味のあるバーボンやスモーキーなスコッチがおすすめです。
 

<甘酒ハイボール>


甘酒ハイボールはウイスキーと甘酒を混ぜてから炭酸水を注ぐハイボールです。甘酒の舌触りと甘味でまろやかになり、スイーツのような感覚で飲めるお酒になります。
辛めのハイボールや濃いお酒が苦手という方におすすめのレシピです。
 

<黒胡椒ハイボール>


ハイボールの上からスパイスをかけると、ピリリとした刺激が増しインパクトが増します。特に黒胡椒はおすすめで、シャープさが際立ちます
スモーキーなウイスキーがお好きな方や、肉料理に合わせたいという方に特におすすめです。スッと抜けるような感覚になるので暑い夏にもぴったりです。
ウイスキー買取はこちら
 

まとめ

今回はハイボールのレシピをお伝えしました。ハイボールはウイスキー:炭酸水=1:4で作るのがおすすめで、マドラーでこまめにステアしながら作るのが上手に作るコツとなります。
選ぶウイスキーや炭酸水、そしてアレンジの仕方で味わいも大きく変わってきます。自宅なら自分好みのバランスでハイボールを作ることができるので、ぜひ試してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:350,826
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:272,565
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:206,887
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.19更新
クリック数:151,605
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.19更新
クリック数:125,198
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«