終売続く世界の希少価値ある珍しいウイスキー銘柄。国内・海外計12選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

終売続く世界の希少価値ある珍しいウイスキー銘柄。国内・海外計12選

2022/1/03
クリック数:6,799

ウイスキー買取はこちら
世界の希少価値ある珍しいウイスキー銘柄
日本国内はもちろん、世界中で愛されているウイスキー。中には長い熟成期間を経てやっと造られるような、“希少品”が存在します。希少なウイスキーはわざわざ買い求めるコレクターも存在するほどで、中には何十万という驚くほどの値段で取引されているものもあります。
今回はそんな「希少価値の高いウイスキー」について調べてみました
ウイスキー買取はこちら
 

ウイスキーの希少価値とは?見極めるポイントは?

2000年代以降、ウイスキーは爆発的な人気を見せています。ハイボールブームや日本の銘柄の台頭もあり、毎日の晩酌にウイスキーを選ぶ人も増えていて、ウイスキーはかつてよりも身近な存在になっています。
しかしそんなウイスキーにも、希少価値の高いものが存在します。希少なウイスキーとは手に入りにくいウイスキーのことで、非常に高額な値段で取引されているのが特徴です。中には販売時の価格よりも20倍ほどの価格で取引されているものもあり、ただの飲み物ではなく資産としての価値が生まれているほどです。

では一体、どのようにしてウイスキーの希少価値は高まるのでしょうか?ここからは、ウイスキーの希少価値が高まるポイントについて一つずつ解説していきます。
 

1.熟成年数が長い

ウイスキーは製造の過程で“樽熟成”が行われます。この熟成期間が長ければ長いほど、高級品として扱われる傾向があります。そして熟成期間が長いウイスキーは、すぐに製造できるものではないため、希少な品として扱われます。
熟成が行われていないウイスキーが「ノンヴィンテージ」と呼ばれるのに対し、熟成されたウイスキーは「ヴィンテージ」と呼ばれます。ウイスキーがどれほどのヴィンテージものであるかどうかは、ラベルに記載されています。例えば“ボウモア15年”ならボウモアを15年間樽熟成したもの、“山崎25年”なら山崎の原酒を25年間熟成させたもの、ということになります。

created by Rinker
山崎
¥1,890,000 (2022/09/29 10:17:52時点 Amazon調べ-詳細)

※山崎25年Amazonの価格相場推移山崎25年Amazonの価格相場推移

熟成期間の長いウイスキーは、角が取れてまろやかな味わいになるのが特徴です。雑味が減り、味の複雑さや奥行きが増します。見た目も琥珀色のような濃い茶色になり、ノンヴィンテージのウイスキーとは一目見るだけで違いがわかるかと思います。中には30年もの、50年ものというウイスキーも存在します。
 

2.生産数そのものが少ない

ウイスキーの希少価値が上がるポイントとして、生産数そのものが少ない銘柄であることが挙げられます。期間限定で発売されたものなど、通年発売ではない銘柄は入手困難なウイスキーと言われ、希少価値が高まります。
例えばアイラモルトの人気銘柄であるアードベッグが良い例です。アードベッグは毎年ファンのために“アードベッグデー”を開催していて、イベント限定の特別なボトルをリリースしています。そこで発売される限定品は毎年味が異なり、基本的に同じものは発売されません。そのため市場価格が高くなり、通常のアードベッグに比べて何倍もの値段が付けられています。


 

3.人気の銘柄である

ジャパニーズウイスキー
希少価値の高いウイスキーは、そもそも人気銘柄であることが多いです。人気である=消費者が多いということなので、そのぶん手に入りにくくなります。
人気のウイスキーといえば、やはり“世界5大ウイスキー”でしょう。世界5大ウイスキーは、スコットランドの「スコッチウイスキー」、アイルランドの「アイリッシュウイスキー」、アメリカで生産される「アメリカンウイスキー」、カナダの「カナディアンウイスキー」、そして日本の「ジャパニーズウイスキー」です。5大ウイスキーの中でも著名な銘柄は、希少価値が高くなる傾向にあります。
 

4.終売などを理由に手に入りにくい

ウイスキーの中には、過去に人気を集めていたにもかかわらず終売となってしまったものが多数存在します。終売になってしまった銘柄やシリーズは、現在では手に入らないため希少価値が高まっています。
例えばサントリーの“白州10年”などは、かつては手の届きやすい銘柄でした。

created by Rinker
白州
¥81,400 (2022/09/29 05:54:30時点 Amazon調べ-詳細)

しかし原酒不足により2014年に終売が決定し、それを機に値段が跳ね上がっています。今では12年ものの白州よりも高額な値段がつけられるほどで、希少価値が高まっていることがわかります。
 

ジャパニーズウイスキーの価値が上昇中

ジャパニーズウイスキー
ここ10年ほどで、日本のウイスキーの希少価値が非常に高まっています。日本産のウイスキーは「ジャパニーズウイスキー」と呼ばれ、世界で大きな注目を集めています。
ジャパニーズウイスキーは、ウイスキーの名産地であるスコットランドを見本にしつつも、より日本人の舌に合うようマイルドで飲みやすい味に仕上げられているのが特徴です。そのためウイスキーに馴染みのなかった方や初心者の方からも評価が高く、新たな顧客を掴むことに成功しています。2000年代以降には海外の有名な品評会で日本のウイスキーが続けて金賞を獲得するようになり、それを機に世界の消費者も増え続けています。
さらに国内では“ハイボール”が流行したことや、NHKドラマ“マッサン”でウイスキーがフォーカスされたことをきっかけに、国産ウイスキーの人気が急激に高まっています。


なお、先ほども述べたように、ウイスキーには“熟成期間”が必要です。特に価値の高い10年もの、20年ものといったボトルは、それだけの年月が必要になります。そのため急激に人気が高まったからといって、いますぐに生産数を増やすことは難しいのです。そして国内で人気のジャパニーズウイスキーは、多くの銘柄が「原酒不足」の事態に陥っています。
原酒不足になったジャパニーズウイスキーたちは、残念ながら終売・休売状態になってしまっています。かつてはスーパーなどで気軽に購入できた銘柄ですら、今ではプレミア扱いです。リリース時の価格が数千円〜1万円程度であったボトルですら、10万円に近い価格が付けられているほどです。
このようなジャパニーズウイスキーの爆発的な人気と希少価値の高さは、今後もしばらく続いていくことが予想されています。もし自宅に未開封のジャパニーズウイスキーが眠っていたら、非常にラッキーなことだと言えるでしょう。
 

希少価値の高いウイスキーリスト:海外版5選

ここからは、海外のウイスキーで希少価値の高い銘柄をいくつかピックアップして紹介します。
 

1.マッカラン

created by Rinker
MACALLAN(マッカラン)
¥14,000 (2022/09/28 22:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

「シングルモルトのロールスロイス」と言われるほど、世界中で人気のある高級ウイスキーです。スコッチに分類されるシングルモルトで、どのシリーズも高級品扱いです。12年ものこそお店やバーで見かける銘柄ですが、中には100万円を超えるようなプレミアがつく、希少なボトルもあります。


過去には「マッカラン60年」が、エディバラのオークションで1億2500万円で取引されたこともあるほどです。そのほか「ザ・マッカラン 1946 52年」や「ザ・マッカラン 50年 ミレニアム」なども、価値の高いシリーズとして知られています。20年以上のヴィンテージや、製造年数が1960年〜1970年代のものが特に希少です。
 

2.ボウモア


スコットランドのうち、アイラ島で造られるウイスキーです。アイラモルトらしい、独特な個性のある味わいで人気を集めています。レギュラーボトルである12年ものは比較的入手しやすいですが、「ゴールドボウモア44年 1964 ファインオークカスク」や「ブラックボウモア42年 1964 シェリーカスク」、「ボウモア 38年 1957」などのレアなボトルには高額な価格が付きます。
 

3.グレンフィディック


シングルモルトの中でも、世界一の売り上げを誇った銘柄です。クセが少なく飲みやすいことから、多くのファンが存在します。日本国内にも流通していて、人気があります。
グレンフィディックは熟成年数で希少価値が大きく変わります。中でもレアなのが「グレンフィディック50年」です。10年間にわたり50本ずつのみリリースされた商品で、全て合わせても500本しか出回っていないという希少な品となります。


 

4.ベン・ネヴィス

created by Rinker
ベリーブラザーズ&ラッド
¥34,100 (2022/09/29 05:54:32時点 Amazon調べ-詳細)

スコットランドのハイランド地方で古くから造られているウイスキーです。甘くてまろやかな口当たりで、人気の高いウイスキーとなります。特に「ベンネヴィス 1926 63年」は、世界最古のウイスキーとも呼ばれ、高い価値が付けられています。銘柄そのものこそマッカランやグレンフィディックに比べて知名度が低いですが、このボトルには150万円以上の値段がつくことが多いです。


 

5.ポートエレン


ポートエレンはスコットランドのイスレイ島のウイスキーです。1825年創業のブランドですが、現在は蒸留所が封鎖し稼働されていません。そのため現存するウイスキーが非常に希少であり、「幻のウイスキー」と呼ばれています。
再稼働が決定していますが、それでも新しいウイスキーが造られるのはまだ先のことです。そのためポートエレンのウイスキーには絶大な価値があります。


 

希少価値の高いウイスキーリスト:日本版7選

続けて、日本のウイスキーから希少価値の高い銘柄を紹介します。
 

1.山崎


日本のウイスキーでもっとも希少価値が高いと言われるのが、サントリーの山崎です。抜群の知名度があり、世界中で人気があります。現行品ですら品切れが相続き、限定品・終売品ともなると高い価値がついています。
「山崎55年」が2020年にオークションにて8500万円という価格で落札されたのは記憶に新しいです。このほか、「山崎35年」や「山崎ミズナラ」などもレア度が高いです。

created by Rinker
山崎
¥13,900 (2022/09/28 18:59:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

2.白州

created by Rinker
白州
¥11,500 (2022/09/29 05:54:32時点 Amazon調べ-詳細)

山崎と同じサントリーのシングルモルトウイスキーですが、蒸留所が違います。“森薫るウイスキー”と呼ばれ、さわやかな香りをしているのが特徴です。
人気が高く終売のシリーズが相次いでおり、どのボトルも価値が高まっています。「白州25年」は、およそ10年前に比べ40万円以上価格が跳ね上がっています。

 

3.響

created by Rinker
¥16,918 (2022/09/29 05:54:33時点 Amazon調べ-詳細)

サントリーのウイスキーのうち、シングルモルトではなく“ブレンデッドモルト”の国産ウイスキーです。プロのブレンダーたちが原酒の味を見極め、バランスよくヴァッティングさせています。ブレンドにより、味わいのバランスが非常によく飲みやすいのが特徴です。
響の中でも価値の高いのが「響35年」です。響の35年は中身のレベルが高いのはもちろん、オリジナルの陶器ボトルが使われているなど、レアなボトルが存在します。


 

4.余市

created by Rinker
余市
¥6,086 (2022/09/29 06:14:29時点 Amazon調べ-詳細)

ニッカウヰスキーの製造するシングルモルトです。日本のウイスキーの父と呼ばれる竹鶴政孝氏が、北海道の余市の土地を選んでウイスキー造りを始めました。スコッチを見本にした味わいで、ピーティーでスモーキーな風味をしています。
「シングルモルト余市1987」はコンテストで世界最高峰に認定されたこともあり、世界的な評価も高いです。現在では発売されておらず、価値が高まっています。


 

5.宮城峡

created by Rinker
宮城峡
¥5,004 (2022/09/29 05:54:34時点 Amazon調べ-詳細)

ニッカウヰスキーのもう一つの蒸留所、宮城峡蒸留所にて造られるシングルモルトです。余市がスモーキーであるのに対し、宮城峡は軽やかで華やかな味わいをしているのが特徴です。終売になっているシリーズも多く、現在では手に入りにくいです。
宮城峡リミテッドエディション2019」は、設立50周年を記念して造られたボトルであり価値が高いです。生産数は700本のみであり、50万円近い価格で取引されています。
 

6.イチローズモルト

created by Rinker
イチローズモルト
¥5,000 (2022/09/29 05:54:34時点 Amazon調べ-詳細)

株式会社ベンチャーウイスキーの手がけるシングルモルトです。イチローズモルトの気商品といえば、オークションでも話題となった「カードシリーズ」です。トランプをモチーフにした54種類のボトルがあり、どのシリーズも1本に数十万円もの価値が付けられています。
トランプシリーズを全シリーズ揃えたフルセットは、オークションでおよそ1億円ほどの価格が付けられているほどです。


 

7.軽井沢

created by Rinker
軽井沢
¥330,000 (2022/09/28 14:54:21時点 Amazon調べ-詳細)

日本のシングルモルトの先駆けと言われている銘柄で、かつて長野県の軽井沢にあった蒸留所にて製造されていました。蒸留所はすでに閉鎖されていて、軽井沢には非常に希少な値段が付けられています。
「軽井沢1960 52年」には、オークションで1,460万円の値段が付けられています。
 

ウイスキーは度数が強い?国によって度数の違いはある?

ウイスキーは度数が強い?国によって度数の違いはある?
ウイスキーは“蒸留”という工程を経て造られるお酒です。そのためアルコール度数は高めであり、流通しているウイスキーの多くはアルコール度数37〜50%ほどとなっています。
ビールのアルコール度数が約5%、ワインが約12%、日本酒でも約16%ほどなので、比べてみても差は歴然です。なお同じ蒸留酒には、焼酎やテキーラなどのスピリッツがあります。
度数の高いウイスキーは、ビールのようにグイグイ飲むというよりも、ゆっくり嗜むように飲む方が適しています。また水割りや炭酸で割ってハイボールにするなど、自分好みの濃さに調節して飲むという方法もあります。
なお同じウイスキーでも、銘柄や種類、産地によってアルコール度数に違いがあるので注意しましょう。ジャパニーズウイスキーなら37%以上、スコッチウイスキーなどの海外のウイスキーの場合は40%以上のアルコールがあります。海外のウイスキーは法律でアルコール度数が40%以上であるように定められているので、飲んでみると日本のウイスキーよりも強く、濃く感じられるものが多いです。
 

希少価値の高いウイスキーを高額査定してもらうには?

希少価値の高いウイスキーは、お酒買取専門店の査定に出すと高い値段が付きます。せっかくなら、より良い状態で査定に出し、できるだけ高い値段を付けてもらいましょう。
ここからは、希少価値の高いウイスキーを売る際に気をつけておくべきポイントを解説します。
 

・付属品を揃えて査定に出す


高級なウイスキーの中には、ボトルのほかに箱や冊子がついているものがあります。査定に出す場合は、付属品も揃えた状態の方が高額査定に繋がりやすいです。
 

ウイスキーに精通した買取専門店の査定に依頼する

ウイスキーを売るのであれば、きちんとウイスキーに詳しい業者に依頼しましょう。ウイスキーに詳しいプロがいる専門店であれば、お酒の知識があまりない方でも安心して査定に出すことができます。
 

・ボトルを綺麗な状態にしておく

ボトルを綺麗な状態にしておく
買取に出したウイスキーは、別ルートで再販されます。そのためボトルを綺麗にしておくほうが、高額査定に繋がりやすいです。長期保管で汚れや埃がついてないかチェックし、もし汚れていたら柔らかい布で拭き取っておきましょう。
 

・冷暗所で保管しておく

冷暗所で保管しておく
ウイスキーは蒸留酒であり長期保管がしやすいです。ただし未開封であっても、直射日光などに当て続けてしまうと劣化の原因となります。保管時には、できるだけ冷暗所で静かに置いておくようにしましょう。
 

希少なウイスキーを売りたいならリンクサスがおすすめ

 希少なウイスキーを売りたいならリンクサスがおすすめ
もし希少なウイスキーをお持ちで、「今後飲む予定がない」「高額で買い取ってもらいたい」とお考えならぜひリンクサスの査定がおすすめです。
リンクサスはウイスキーに強い買取専門店です。実際に山崎やマッカランなど、希少なウイスキーを何本も買い取ってきた実績があります。強力な販売ルートがあり、高く売れる市場で販売しているため、査定も高額となりやすいです。
さらにリンクサスでは、「宅配買取」「出張買取」「店頭買取」から、好きな方法でウイスキーを売ることができます。LINEからの簡易査定や電話での相談も受け付けているので、ぜひ問い合わせてみてください。

お酒買取専門店リンクサス

QRコードで追加
or

お酒買取専門店リンクサス

ID検索から追加
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭査定

 

まとめ

国内、海外どちらにも希少価値の高いウイスキーが存在します。ウイスキーは今もっとも注目されているお酒であり、市場価値が高まっています。
未開封の希少なウイスキーは買取査定でも高額となりやすいです。もし未開封のウイスキーがあれば、ぜひ買取専門店の利用を検討してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,340
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:36,430
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:31,738
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,502
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,844
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«