古いウイスキーは飲めるのか?古いお酒の買取価格リスト9選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

古いウイスキーは飲めるのか?古いお酒の買取価格リスト9選

2022/1/06
クリック数:976

ウイスキー買取はこちら
古いウイスキー買取価格リスト9選
お酒の中には、古くなっても飲めるものがあります。ウイスキーもその一つで、古いウイスキーは状態が良ければ買取査定に出すこともできます。では実際に、どのようなウイスキーが売れる対象であり、どれほどの値段がつくものなのでしょうか?気になっている方も多いと思います。
そこで今回は“古いウイスキー”にフォーカスを当て、ウイスキーの価値や価格を紹介していきたいと思います。ウイスキー好きの方や、自宅に古いウイスキーが眠っているという方はぜひ参考にご覧ください。
ウイスキー買取はこちら

古いウイスキーは美味しく飲める?賞味期限はあるの?

古いウイスキーは美味しく飲める?賞味期限はあるの?
ウイスキーは蒸留酒の一種です。そのため日本酒などの醸造酒に比べ、瓶内での劣化が進みにくく、長期保存に適しています。実際に賞味期限も設定されておらず、ウイスキーは30年前の古いものであっても飲むことができます。
ただし本当に美味しく飲めるか、安全であるかどうかは保存状態によっても変わります。正しく保管されていないものは、劣化している可能性があるので注意です。

<未開封の場合>

未開封の場合は、きちんと保管していれば古くても美味しく飲むことができます。なぜなら蒸留という工程を経ているため、瓶内では発酵が進まないためです。つまり未開封であれば、古くても腐らない、ということです。実際に、何年も前に製造されたようなウイスキーが多く市場に出回っています。
ただし、基本的にウイスキーは冷暗所での保管が理想とされています。直射日光を浴び続けていたようなウイスキーは、未開封であっても劣化が進んでいて味が落ちている可能性があります。またコルク栓のウイスキーは、高温な中で保管していると中のウイスキーが酸化したり、匂いが移ってしまう可能性があるので気をつけましょう。

<開封済みの場合>

開封済みのウイスキーは、残念ながら何年もの長期保存には向きません。開けてすぐに腐ってしまうようなことはないですが、基本的に半年〜1年以内には飲み切ってしまうのが理想とされています。
ウイスキーは香りが楽しめるアルコールとして知られていますが、開封後は時間が経つと香りが薄れてしまいます。高い香りを堪能するためには、できるだけ早く飲むのがおすすめです。

状態の良い未開封ウイスキーは買取対象になる

状態の良い未開封ウイスキーは買取対象になる
先ほど述べた通り、ウイスキーは古くても未開封で正しく保管していれば劣化がほとんど進みません。そのため何年、何十年と古いウイスキーであっても、買取対象になります。むしろ古いウイスキーは、希少価値が高いため高額買取の対象となりやすいです。
古いウイスキーは飲んで美味しい、というだけでなく、コレクションとしての人気もあります。買い手が多いことから、高い査定額がつきやすいのです。
なお古いウイスキーを高額買取してもらうためには、日頃から丁寧に正しく保管しておくことが大切です。直射日光や高温、多湿の状態を避け、静かに保管しておくようにしましょう。室温が高い状況はもちろんですが、PCやテレビなど熱を発する家電製品にも注意してください。新聞紙にくるんだり、付属の箱に入れたままにしておくのがおすすめです。
また、冷暗所と言われると、冷蔵庫を想定する方が多いかもしれません。しかし冷蔵庫の温度では、低すぎてウイスキーの保管には適していません。食材からの匂いが移ってしまう可能性もあるので、冷蔵庫では保管しないようにしましょう。

高額買取の対象となりやすい古いウイスキーは?

高額買取の対象となりやすい古いウイスキーは?
古いウイスキーの中でも、特に高額買取してもらえるウイスキーがあります。高額買取になるウイスキーには、以下のものが挙げられます。

1.有名・人気の銘柄

古いウイスキーのうち、高い値段がつきやすいのは有名で人気の銘柄です。筆頭として挙げられるのは「ザ・マッカラン」で、物によっては数十万円を超えるような値段がつきます。そのほか海外のウイスキーの場合、スコッチやバーボンなど5大ウイスキーの人気銘柄に該当するものが高額買取になりやすいです。

<5大ウイスキーとは>

  • スコッチウイスキー・・・スコットランドで製造されるウイスキーで、スモーキーかつピーティな味わい。「アードベッグ」や「シーバスリーガル」など日本でも人気の高い銘柄が多い。
  • ・アイリッシュウイスキー・・・北アイルランドで生産されるウイスキーで歴史が長い。「ブッシュミルズ」や「ジェムソン」などが有名。
  • ・アメリカンウイスキー・・・バーボンを中心にさまざまな原料を使った豊富な種類のウイスキーがある。世界的に有名な「ジャック・ダニエル」のほか、「メーカーズ・マーク」「I.W.ハーパー」なども評価が高い。
  • ・カナディアンウイスキー・・・カナダで製造されるウイスキーで、非常にライトな飲み口。「カナディアンクラブ」が特に有名で、そのほか「クラウンローヤル」など。
  • ジャパニーズウイスキー・・・日本産のウイスキーで2000年代以降に爆発的な人気を見せる。「山崎」「白州」などのサントリーの製品や、「余市」「宮城峡」などニッカウヰスキーの製品が有名。

2.熟成年数が長い


ウイスキーは生産年数が古いものや、熟成年数が長いものほど高い値段がつきやすいです。例えば「ザ・マッカラン ファイン&レア 1976 29年」のように年数表記がしてあるもの、「山崎25年」のような熟成ボトルが人気です。

3.限定品・終売品など希少価値が高い


現行品で手に入るウイスキーに比べて、限定品など今では入手困難となった古いウイスキーは高値がつきやすいです。限定品でなくとも、すでに終売となってしまったシリーズなども高い値段がつきます。

4.市場人気が高い

ジャパニーズウイスキー
買取査定に出した古いウイスキーは、基本的に別ルートで再販されることになります。そのため市場人気の高い銘柄の方が、査定額も高額となりやすいです。

5.レアなボトル


古いウイスキーの中には、ボトルデザインが特殊なものがあります。響 35年 古九谷写し 色絵牡丹蝶図筒形瓶」がその例で、オリジナルの陶器ボトルに入った記念品となります。このようなデザインボトルは、コレクターが存在するため高値で売れます。通常は未開封でしか売れないウイスキーですが、レアなデザインボトルはボトルそのものに価値があり、空き瓶でも売れる場合があります。
また通常のボトルであっても、古いウイスキーの場合は「旧ボトル」と呼ばれるものがあります。これはラベル変更やリニューアルなどを理由にボトルデザイン・ラベルデザインが変えられたシリーズのもので、今は手に入らない昔のボトルとなります。

古いウイスキーの買取価格リスト9選

ここからは、実際に古いウイスキーがどれほどの買取価格となっているのかをいくつか紹介していきます。なお、あくまでも価格は参考のものとなります。実際の買取価格は状態によっても異なるので、気になる方はまず査定に出してみることをおすすめします。

1.山崎25年

created by Rinker
山崎
¥1,970,341 (2022/05/22 00:47:20時点 Amazon調べ-詳細)

買取相場:100万円〜
ジャパニーズウイスキーの中でも絶大な人気を誇るのが、サントリーの手がける「山崎」です。山崎のヴィンテージ品はどれも希少価値が高く、何万、何十万円という価値がつくこともあります。25年ものを超えると、状態が良ければ120万円程度、35年もののボトルともなると、700万円ほどの値段で取引されます。ここ4年ほどで倍以上の査定額になっているので、かつて入手したという方は今が査定に出すチャンスと言えます。

2.竹鶴35年


買取相場:70万円程度
ニッカウヰスキー自慢の1本である竹鶴35年は、高級ウイスキーとして知られています。最高峰の味わいのプレミアムウイスキーであり、そもそもの価格が高いです。発売は2000年〜2011年と現在では終売状態になっていることもあり、希少性が高く高額買取の対象品になっています。
箱付きなど状態が良ければ、70万円を超えるような価格がつくこともあります。

3.響30年

created by Rinker
¥1,099,999 (2022/05/22 01:04:30時点 Amazon調べ-詳細)

買取相場:63万円程度
サントリーの響30年は、年間数千本しか作れない希少品となります。入手が困難なため、古いウイスキーにも価値があり高額買取が期待できます。
30年以上熟成させたモルトに、さらに熟成のグレーンをヴァッティングさせており、非常に豊かで奥行きのある味わいをしているのがポイントです。さらに30面カットというクリスタルボトルも、コレクター人気を集める理由の一つです。

4.イチローズモルト ジョーカー

created by Rinker
¥1,100,000 (2022/05/22 07:13:33時点 楽天市場調べ-詳細)

買取相場:63万円程度
世界的なオークションでも注目となっている、イチローズモルトのカードシリーズのうちの1本です。カードシリーズの最後のボトルとして2014年に限定発売されたものであり、現状では非常に希少なウイスキーとなっています。販売価格が80万円を超えることもあり、買取相場でも高値で取引されます。

5.ザ・マッカラン30年

created by Rinker
¥1,100,000 (2022/05/22 01:21:51時点 楽天市場調べ-詳細)

買取相場:63万円前後
マッカラン30年は、人気のマッカランシリーズの中でも熟成年数が長いレアものです。重厚感のある味わいが魅力で、シェリー樽由来の華やかさも感じられるウイスキーです。
特に現状では入手困難な旧ラベル、通称ブルーラベルは高額取引の対象となります。箱付きで状態が良ければ、60万円を超える査定額になることもあります。

6.ラフロイグ40年


買取相場:50万円前後
ラフロイグはスコッチウイスキーの一種で、アイラ島で製造されるシングルモルトです。高級ウイスキーとして名高く、どのボトルも評価が高いです。15年ものや18年ものでも数万円の値段がつくことがあり、25年物になると3〜5万円程度、それ以上のレア物になると数十万単位の査定額となることも珍しくありません。特に「ラフロイグ40年ナチュラルカスクストレングス」の完備品であれば、50万円以上の価格がつくことがあります。

7.白州12年ピュアモルト 旧ボトル


買取相場:65,000円程度
白州はサントリーのウイスキーで、香り高いことで知られています。非常に飲みやすい爽やかな味わいで、老若男女問わずに愛されています。あまりの人気ぶりに、原酒不足となり終売・休売になったボトルもあるほどです。
白州12年も一度売り切れとなってしまったウイスキーであり、過去のものである「旧ボトル」は高値で売れます。

8.アードベッグ・ドラム

created by Rinker
アードベッグ
¥64,800 (2022/05/22 07:13:34時点 Amazon調べ-詳細)

買取相場:27,000円前後
スコットランド・アイラ島を代表するモルトウイスキーです。数あるアイラモルトの中でも、特に独特なピーティーさで人気を集めるのがアードベッグです。アードベッグ・ドラム」は銘柄の限定品で、アードベッグ・デーという毎年開催されるイベントにて、2019年の限定品として発売されたボトルとなります。
発売は数年前ですが、販売当時の定価12,000円よりも大幅に市場価格が上昇していて、買取相場も急上昇しています。今後さらに価値が高まることが予想されています。

9.ボウモア12年

created by Rinker
BOWMORE(ボウモア)
¥4,071 (2022/05/22 06:36:01時点 Amazon調べ-詳細)

買取相場:2,000円〜10,000円以上
ボウモアはボトルの新旧で買取価格が大幅に変わるウイスキーです。現行品は2,000円程度ですが、旧ボトルになると1万円以上で売れることがあります。「ダンピーボトル」と呼ばれる形の1980年ごろに流通したオールドボトルには、3万円近い価値がつくこともあります。

古いウイスキーを高額査定してもらうポイント

古いウイスキーを高額査定してもらうポイント

  1. 1.付属品を揃えておく
  2. 2.見た目の汚れを綺麗にしておく
  3. 3.いつ購入したものなのかできるだけ思い出しておく
  4. 4.できるだけまとめ売りをする
  5. 5.自分に合った買取方法を選ぶ

古いウイスキーの買取価格は、状態や買取の方法によっても異なります。できるだけ見た目を綺麗にし、さらに付属品も揃えておく方が高額査定につながります。高級ボトルの場合は箱だけでなく冊子が付いていることもあるので、できるだけ揃えた状態にしておきましょう。
また同じ銘柄のウイスキーでも、「旧ボトル」など購入時期によって価値が変わるものもあります。いつごろ購入したものなのかを思い出しておけば、査定がスムーズに進みます。
そのほか査定額をUPするためには、「まとめ売りをする。」「自分に合った買取方法を選ぶ。」ということも大切です。できるだけ査定時にかかるコストを下げた方が、高額な査定に繋がりやすいためです。
リンクサスでは、古いウイスキーの高額査定を行っています。上記に挙げた銘柄以外にも、国内・国外問わず色々なウイスキーを売ることができます。「まずは査定だけ」「価値が知りたい」という問い合わせにも対応しているので、ウイスキーの買取が少しでも気になった方はぜひ利用してみてください。

お酒買取専門店リンクサス

QRコードで追加
or

お酒買取専門店リンクサス

ID検索から追加
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭査定

 

まとめ

今回は古いウイスキーの買取価格について解説しました。記事を読んで貰えばわかるとおり、古いウイスキーは状態が良ければ高額買取の対象となることが多いです。特に5大ウイスキーの有名銘柄や長期熟成品には、数万円〜数十万円という値段がつくこともあり得ます。
遺品整理や生前整理、コレクションの片付けなどで古いウイスキーが出てきた方はラッキーです。古いウイスキーをお持ちの方は、ぜひ一度リンクサスまで連絡してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2022.01.06更新
ウイスキー買取はこちら お酒の中には、古くなっても飲めるものがあります。ウイスキーもその一つで、古いウイスキーは状態が良ければ買取査定に出すこともできます。では実際に、どのようなウイスキーが売れる対象であり、どれほどの値 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.13更新
ブランデー買取はこちら ランディというコニャックの名前を聞いたことがある方はいるでしょうか? おそらく、かなり少ないかと思います。 実はランディとは、コニャックとしては最も最古の歴史を持つブランドと言われています。 ただ […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.02更新
ウイスキー買取はこちら お酒を飲んでいると気になるのがカロリーの存在です。「アルコール飲料の飲み過ぎは太る原因になる」などと言われ、カロリーを気にしてお酒を飲むのを躊躇してしまうという方も少なくありません。 近年ではダイ […]
人気のお酒コラムTOP5
2019.05.02更新
【ウイスキー買取】今回買い取らせていただきましたウイスキーは、オーシャンウイスキーがかつて発売していた「グロリアオーシャンマリンセス」です。三楽オーシャンという会社名は今は存在しませんが昭和の時代にはサントリー、ニッカと […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
ジャパニーズウイスキーや高級ブランデーを筆頭に、お酒が高く売れることをご存知でしょうか。未開封のお酒は買取専門店の査定に出せば売れることが多く、中には購入時よりも高い値段で売れるお酒もあるほどです。 ただし全てのお酒が売 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«