高騰いつまで?ジャパニーズウイスキーおすすめ高級レア人気銘柄一覧10選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

高騰いつまで?ジャパニーズウイスキーおすすめ高級レア人気銘柄一覧10選

PR: 2023/4/18
クリック数: 18,649

ウイスキー買取はこちら
高騰いつまで?ジャパニーズウイスキーおすすめ高級レア人気銘柄一覧
日本のウイスキーは「ジャパニーズウイスキー」と呼ばれていて、世界的に注目を集めています。ジャパニーズウイスキーにはシングルモルトやブレンデッドウイスキーなどの種類があり、銘柄ごとに異なる個性があります。

今回はそんなジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄を紹介していきます。ジャパニーズウイスキーの魅力や特徴もお伝えしていくので、ウイスキー好きの方は必見です。
ウイスキー買取はこちら
 

ジャパニーズウイスキーの定義と特徴

ジャパニーズウイスキーとは

ジャパニーズウイスキーとは
ジャパニーズウイスキーは日本で作られるウイスキーを指します。とはいえ日本産なら全てジャパニーズウイスキーを名乗れるといいわけではありません。ジャパニーズウイスキーには定義があり、以下のような品質基準が定められています。

  • ・原材料には麦芽や穀類、そして日本国内で採水された水のみを使用する
  • ・糖化・発酵・蒸留の工程を日本国内の蒸留所でおこなっている
  • ・蒸留時のアルコール分は95%未満である
  • ・700リットル以下の木樽に詰め、日本国内で3年以上貯蔵している
  • ・色調の微調整のためのカラメルの使用は認められている など

上記のような厳しい基準を全てクリアしたものだけが「ジャパニーズウイスキー」を名乗ることができます。そのため確かな品質を持つものが多く、味わいも優れているものが豊富です。
なおジャパニーズウイスキーは世界5大ウイスキーの一つにも数えられています。世界5大ウイスキーにはジャパニーズウイスキーのほか、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキーなどがあります。


 

香り高く飲みやすい銘柄が多い

香り高く飲みやすい銘柄が多い
ジャパニーズウイスキーは、ウイスキーの本場と言われるスコットランド産の“スコッチ”を手本にして作られたものが多いです。ピート由来のスモーキーさや香りの高さに特徴があります。
しかしスコッチに比べ個性が強すぎない軽い口当たりのものが多く、華やかな甘味があり飲みやすいというのがポイントです。

またジャパニーズウイスキーの中には、ミズナラ樽原酒を混ぜているものも多くあるのが特徴です。ミズナラ樽で熟成されたウイスキー原酒は伽羅や白檀に例えられるオリエンタルな香りがあり、これがジャパニーズウイスキーらしい豊かで複雑な香りにつながっています。


 

ジャパニーズウイスキーの種類!モルトとブレンデッドの違いは?

ジャパニーズウイスキーの種類!モルトとブレンデッドの違いは?

ウイスキーの種類
特徴
モルトウイスキー
  • ・大麦麦芽を原料に作られる
  • ・単式蒸留器で2回蒸留を行う
  • モルト由来の華やかで個性の強い味
グレーンウイスキー
  • ・大麦麦芽のほかトウモロコシなどの穀類が原料となる
  • ・連続式蒸留器で蒸留を行う
  • サイレントウイスキーと呼ばれる穏やかな酒質
ブレンデッドウイスキー
  • ・モルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたもの
  • ブレンドにより味が整えられているものが多い
  • ・シングルモルトに比べ安価で買えるものも多い

ジャパニーズウイスキーは大きく分けて「モルトウイスキー」「グレーンウイスキー」そして「ブレンデッドウイスキー」の3種類に分類されます。同じジャパニーズウイスキーでも製造方法や原料の違いで個性が分かれるので、ぜひ覚えておくと良いでしょう。

モルトウイスキーは大麦麦芽を原料とするウイスキーで、濃厚かつ華やかな味わいと香りが特徴的です。なお単一の蒸留所で作られるモルトウイスキーは「シングルモルト」と呼ばれ、特に高い人気を集めています。

その一方でグレーンウイスキーはトウモロコシなどの穀物を原料としており、華やかなモルトに対し穏やかで静的であるのが特徴になっています。酒質から“サイレントウイスキー”として呼ばれることも多く、基本的にはウイスキーの味を整えたりする役割で使用されることが多い原酒です。

そしてモルトとグレーンを混ぜたものがブレンデッドウイスキーと呼ばれます。ブレンデッドウイスキーは味わいのバランスが整っている飲みやすいものが多いです。万人受けしやすい味で、ウイスキー初挑戦の方にもおすすめできるものが多数あります。
 

ジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄10選

1.サントリー シングルモルトウイスキー山崎

  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・製造元:サントリー
  • ・特徴:ミズナラ樽原酒などから生み出される華やかな香り

山崎はサントリーが所有する山崎蒸溜所にて作られるシングルモルトウイスキーです。ジャパニーズウイスキーの中で最も有名とも言える銘柄で、世界的に評価されています。
濃厚かつ深みのある甘い味わいが特徴で、熟成期間が長くなれば長くなるほどそのインパクトは増していきます。定番ボトルには「山崎NV」のほか「山崎12年」「山崎18年」「山崎25年」などがあり、いずれも入手困難な希少ウイスキーとして話題を集めています。

2015年のSWSCにおいて山崎18年が「ベスト アザーウイスキー賞 ダブルゴールド(最優秀金賞)」、山崎25年が「ダブルゴールド(最優秀金賞)」に選ばれるなどその実力は折り紙付きです。山崎25年は定価176,000円(税込)のものが100万円近い値段で取引されているほど人気です。

なお山崎は高騰化で話題となるウイスキーでもありますが、抽選販売などチャンスを狙えば定価購入できることがあるのでぜひ狙ってみましょう。


 

2.サントリー シングルモルトウイスキー白州

  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・製造元:サントリー
  • ・特徴:森香るウイスキーと呼ばれる。すっきりとした味わいはハイボールにもおすすめ

白州はサントリーの第二の蒸留所である白州蒸留所にて作られるシングルモルトです。同じサントリーの山崎が華やかで甘味のあるウイスキーであるのに対し、白州はほんのりスモーキーで爽やかな香りがするのがポイントとなっています。

そんな白州はハイボールにして美味しいウイスキーとしても知られています。清々しい香りとすっきりスマートな白州の味わいは、炭酸で割っても負けてしまうことがありません。ハイボールにすることで、食事にも合わせやすくなります。

白州もいくつかのラインナップがあり、「白州NV」のほか「白州12年」「白州18年」「白州25年」といったボトルが定番リリースされています。またこのほか終売となった「白州10年」や、限定品である「白州リミテッドエディション」なども根強い人気を集めています


 

3.サントリーウイスキー知多

created by Rinker
知多
¥7,000 (2024/04/13 11:57:33時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルグレーンウイスキー
  • ・製造元:サントリー
  • ・特徴:軽やかな味わいと甘い香りが特徴的でハイボールにすると華開く

知多はサントリーの銘柄の一つです。こちらはモルトウイスキーではなくグレーンウイスキーとなります。愛知県にある知多蒸留所にて製造されたグレーン原酒のみが使われています。
グレーンウイスキーらしく穏やかな酒質であり、ふわりと風のように軽やかな印象を受けます。しかしライトでありながら優しい甘味もあり、ハイボールにすることで華開くウイスキーとなっています。

知多はコンビニなどに置かれているケースも多く、比較的手に入りやすいです。ラインナップは1種類のみで、700mlボトルは定価4,400円(税込)となっています。


 

4.サントリー ウイスキー響

created by Rinker
¥8,250 (2024/04/13 11:52:50時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・製造元:サントリー
  • ・特徴:サントリーブレンデッドウイスキーの最高峰でブレンドによる整えられた味に定評あり

響はモルト原酒とグレーン原酒を混ぜて作られたブレンデッドウイスキーです。ジャパニーズウイスキーの基準を満たした品であり、サントリーのブレンデッドウイスキーの中で最高峰の位置付けです。
匠のブレンド技術を駆使して作られる響のウイスキーは、とにかく華やかでバランスが良く、飲み飽きしない味です。

響には「響 JAPANESE HARMONY」および「響BLENDER’S CHOICE」というノンヴィンテージボトルのほか、「響21年」「響30年」という定番ラインナップが存在しています。また休売中の「響17年」など、市場人気が高く高騰化しているボトルが多いのも特徴に挙げられています。


 

5.ニッカウヰスキー シングルモルト余市

created by Rinker
余市
¥10,700 (2024/04/13 14:39:59時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・製造元:ニッカウヰスキー
  • ・特徴:北の海辺で育まれる力強い味わいのシングルモルト

余市はニッカウヰスキーの余市蒸留所にて作られます。余市蒸留所は北海道にあるウイスキー蒸留所で、日本のウイスキーの父と言われる竹鶴政孝氏が本場スコットランドの環境に近い理想の土地として選んだ場所に位置します。

そんな余市蒸留所では、世界的にも珍しい石炭直火蒸溜でモルト原酒が作られます。出来上がるモルトウイスキーは力強く重厚な味わいであり、ピートが強めの男性的な味わいと評価されています。


 

6.ニッカウヰスキー シングルモルト宮城峡

created by Rinker
宮城峡
¥7,899 (2024/04/13 15:48:18時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・製造元:ニッカウヰスキー
  • ・特徴:穏やかな気候で育まれたウイスキーで華やか・爽やかな味わい

シングルモルト宮城峡は、余市とは異なる味わいを持つモルトとして生み出された銘柄です。蒸溜所は宮城県にあり、北国でありながらも穏やかな気候となっているのが特徴です。蒸溜方法も余市蒸溜所とは異なる方法が選択されていて、宮城峡ではスチームによる間接蒸溜が採用されています。

余市モルトが男性的であるのに対し、宮城峡は女性的と表現されています。みずみずしく華やかで爽やかな味わいは、洗練されたようなキレも持ち合わせており非常に飲みやすいです。
 

7.ニッカウヰスキー 竹鶴ピュアモルト

created by Rinker
竹鶴
¥15,000 (2024/04/13 14:01:32時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:ピュアモルトウイスキー
  • ・製造元:ニッカウヰスキー
  • ・特徴:調和が生み出すモルトウイスキーで滑らかな口当たりが魅力

竹鶴ピュアモルトはニッカウヰスキーの銘柄で、モルトウイスキーの一つです。ただし一つの蒸溜所で作られるシングルモルトではなく、複数のモルト原酒がブレンドされているのが特徴です。キーモルトにはシェリー樽熟成の華やかな余市モルトや、リメード樽熟成の爽やかな宮城峡モルトなどが使われています。

ブレンドが生み出す調和のモルトは、フルーティーで滑らかであり非常に飲み心地が良いです。フレッシュで甘酸っぱい果実のようなニュアンスと、トーストを思わせる香ばしい樽香が共存しています。

なお竹鶴といえば、NHKドラマ“マッサン”で話題となったことも記憶に新しいです。お茶の間にも名が浸透したウイスキーであり、国内外から高い人気を集めています。


 

8.キリン シングルグレーンウイスキー富士

created by Rinker
キリンビール
¥4,899 (2024/04/13 22:38:08時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルグレーンウイスキー
  • ・製造元:キリン
  • ・特徴:オレンジやブドウのニュアンスが感じられる香味のあるグレーン

キリンはサントリーやニッカウヰスキーに次ぐウイスキーの大手です。サントリーやニッカウヰスキーに比べグレーンウイスキー作りに力を入れている印象で、その代表銘柄がシングルグレーンウイスキー富士となります。

霊峰・富士が一望できる場所にある富士御殿場蒸留所にて作られるウイスキーで、富士の伏流水を使った日本らしい仕上がりです。爽やかなグレーンの中には、オレンジやブドウのようなフルーティーな香りを感じることができます。
 

9.厚岸ウイスキー 二十四節気シリーズ

  • ・ウイスキーの種類:シングルモルト・ブレンデッドなどボトルによる
  • ・製造元:厚岸
  • ・特徴:シリーズごとに個性の異なるウイスキーが発売される

厚岸ウイスキーは北海道厚岸町にて生まれるウイスキーです。「二十四節気シリーズ」が特に有名で、「大寒」「寒露」「芒種」など日本の季節を表す名前の付けられたボトルは全て期間限定・数量限定の品となっています。
ボトルごとに個性が異なり、シングルモルトとして作られているものもあればブレンデッドウイスキーとして作られているものもあります。近年リリースされたボトルは「ジャパニーズウイスキー」の表記もあり、発売当初から価格が高騰するほど人気を博しています。

2023年4月現在は第10弾「シングルモルトジャパニーズウイスキー啓蟄」までリリースされており、約3ヶ月おきに発売されることがわかっています。
 

10.シングルモルト駒ヶ岳

  • ・ウイスキーの種類:シングルモルト
  • ・製造元:本坊酒造
  • ・特徴:中央アルプス山系駒ヶ岳の麓で作られるフルーティーなウイスキー

シングルモルト駒ヶ岳は本坊酒造・マルス信州蒸留所にて製造されるシングルモルトウイスキーです。駒ヶ岳の麓にある蒸留所で作られるウイスキーは、豊富なミネラルと芳醇さを感じられるリッチな味わいです。定番品ではなく限定品が多いことが特徴であり、生産数や販売数に限りがあるためいずれも希少価値が高いです。

駒ヶ岳のウイスキーは発売年度やボトルの種類によって個性が異なりますが、全体的に見るとフレッシュなものが多く、柿や杏といった日本らしい果実のフルーティーなニュアンスを楽しむことができます。

なお本坊酒造・マルスウイスキーの銘柄には駒ヶ岳以外に「シングルモルト津貫」もあります。シングルモルト津貫は薩摩半島にあるマルス津貫蒸溜所にて製造されており、ふくよかな厚みが印象的な仕上がりです。


 

レアな国産ウイスキーで高級品!世界的な評価も高く価格高騰中

高級品として扱われる銘柄が多い

高級品として扱われる銘柄が多い
製造に手間のかかるジャパニーズウイスキーは、高級品として扱われているものが多いです。例えばサントリーのウイスキーにはたくさんのラインナップがありますが、“ジャパニーズウイスキー”に該当する「山崎」「白州」「響」などはサントリーブランドの中でも最高級ランクに該当します。

なお大手のウイスキー以外にも、規模の小さな蒸留所で作られるクラフトウイスキーも近年は増えてきています。

ジャパニーズウイスキーの有名銘柄は、ボトル1本が数千円〜と高い値段で発売されているケースが多いです。また熟成期間が長くなればなるほど高級品という扱いになり、例えば25年もののウイスキーは定価でも十万円以上の値段が付けられているような状況です。
 

世界的な評価が高まり価格も高騰中

世界的な評価が高まり価格も高騰中
ジャパニーズウイスキーは元々スコッチなど海外ウイスキーに比べ、さほど有名な存在ではありませんでした。しかし2000年代に入ってからはその酒質の良さに注目が集まり、世界的な人気も一気に高まっています

特に2015年前後からは国産ウイスキー・ジャパニーズウイスキーの高騰化が進んでおり、定価に対して何倍もの値段で取引されているのが確認できます。その価格は今も上昇を続けていて、ボトルによっては定価の数倍〜数十倍という値段が付けられているものも存在しています。

ジャパニーズウイスキーがここまで高騰化してしまった要因の一つに原酒不足が挙げられます。ウイスキーは製造に数年〜数十年の期間がかかり、特に熟成年数の長いウイスキーを作るためには長い期間と多くの労力を要します。
ここ10年余りで一気に評価の高まったジャパニーズウイスキーは、需要に対し供給が間に合っておらず“原酒不足”の状態に陥ってしまっています。中には休売・終売の対応をとるブランドもあるほどで、希少価値が高まっているため、値段もそれだけ跳ね上がっているのです。


 

高騰化の進むジャパニーズウイスキーは買取でも人気

高騰化の進むジャパニーズウイスキーは買取でも人気
価格高騰が進む日本のウイスキーは、お酒買取のシーンでも圧倒的な人気を集めています。いわゆる“高額買取”が可能なボトルが多く、中には定価の何倍もの値段がつくようなウイスキーも存在しています。
ここで紹介した「山崎」や「響」、「竹鶴」などは全て高価買取の対象品です。特に期間限定で発売されたボトルや数量限定品、終売品などは高値がつきやすい傾向です。

お酒買取専門店リンクサスも、ジャパニーズウイスキーの買取をただいま強化しています。業界最高水準の価格で査定を行なっていますので、売りたい・査定に出したいウイスキーがある方はぜひご相談ください。
ここで紹介した以外のジャパニーズウイスキーや国産ウイスキーも買取対象になります。「イチローズモルト」や「日の丸ウイスキー」など話題のウイスキーに関しても買取を行なっているのでまずはお問い合わせください。
ウイスキー買取はこちら
 

まとめ

ほんのりとしたスモーキー、華やかな甘味、そしてオリエンタルなニュアンスを感じられるジャパニーズウイスキー。シングルモルトからブレンデッドウイスキーまでその個性はさまざまで、銘柄やボトルの種類によって異なる魅力を楽しむことができます。
現在ジャパニーズウイスキーは高騰化しているものが多く入手も困難ですが、手に入る機会があればぜひ試してみてください。飲みやすい味わいのものも多いので、ウイスキー初心者という方もぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:343,093
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:270,161
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:205,661
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.12更新
クリック数:150,892
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.12更新
クリック数:123,658
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«