未開封30年前の古いウイスキーは飲めるのか?劣化・買取価格と使い道とは

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

未開封30年前の古いウイスキーは飲めるのか?劣化・買取価格と使い道とは

2023/1/07
クリック数:462

ウイスキー買取はこちら
未開封30年前の古いウイスキーは飲めるのか?劣化・買取価格と使い道とは
家から古いウイスキーを発見したら、飲んでいいのか迷うことはありませんか?そこで今回は、古いウイスキーについて、飲めるのかどうか、価値はどうなのかを解説していきます。
記事の中では古い人気ボトルなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
ウイスキー買取はこちら
 

30年前・40年前など古いウイスキーは飲めるのか

基本的に飲んでも問題なし

ウイスキー
ウイスキーは古いものでも、基本的に飲んでしまって大丈夫です。未開封ボトルできちんと保管さえしていれば、30年前、40年前のボトルでも飲むことが可能です。
長期で保存できることも、ウイスキーが愛されている理由の一つです。数十年前のボトルになると、現在は手に入らないような銘柄もあり、コレクターからの人気も集めています。古いウイスキーは「オールドボトル」と呼ばれ愛されています。
 

経年によりオフフレーバーが現れることも

経年によりオフフレーバーが現れることも
時間が経過したウイスキーからは、オフフレーバーと呼ばれる独特の香りが現れることがあります。こもったような、ダンボールが湿ったような、独特な香りと言われます。
万人受けするような香りではないものの、この匂いは決して腐っている訳ではありません。むしろ古いウイスキーにしか存在しない香りとして、コアな人気を集める理由につながっています。
時間経過でのニュアンス変化を楽しめるのも、古いウイスキーが愛される理由です。ウイスキーを色々飲んでみて好きだと感じたら、ぜひオールドボトルにも挑戦してみてはいかがでしょうか。
 

保管方法によっては劣化している場合があるので注意

ウイスキー
未開封なら古くても飲めるのがウイスキーの基本ですが、その一方で保管方法が適切でないと、劣化して美味しく感じなくなる場合があります。ウイスキーは保管がさほど難しいお酒ではありませんが、それでも直射日光の当たる場所や温度の高い場所に置いていると未開封でも劣化が進むことがあります。
例えば香りが落ちてしまったり、量が減ってしまったり、沈殿物が見られたり、見た目の色が変化してしまったりという現象が見られることがあります。極端に見た目や香りに変化が現れてしまったウイスキーは、できるだけ飲むことを避けるべきでしょう。
 

未開封ウイスキーの正しい保管方法

未開封ウイスキーの正しい保管方法

  1. 1.紫外線の当たる場所に置かない
  2. 2.20℃前後で保管するのがベスト
  3. 3.におい移りに注意

古いウイスキーを保管しておく際は、高温多湿の場所は避けましょう。日光の当たらない場所で、静かに保管しておくのがマストです。なお飲み物は冷蔵庫で保管しておきたくなりますが、冷やし過ぎはウイスキーの香りを損ねる理由となるので注意です。冷蔵庫だと冷え過ぎてしまうため、できるだけ20℃前後の環境で保管をしておきましょう。
また保管の際はにおい移りにも注意しましょう。匂いの強い食材などの近くに置いておくと影響を受ける可能性があります。
 

未開封ウイスキーに賞味期限はなし!開封後の目安は1年ほど

ウイスキーには賞味期限がない

ウイスキーには賞味期限がない
ウイスキーには、賞味期限というものが存在していません。ウイスキーだけでなく、アルコール飲料には賞味期限の記載が義務付けられていないのです。
特にウイスキーはお酒の中でも蒸留酒に該当します。蒸留という工程を経たウイスキーは、アルコールが凝縮されており、度数がおよそ40%と高めになっています。殺菌力の高いアルコールを多く含む蒸留酒は、それだけ劣化しにくく、長期保存が可能です。同じ蒸留酒にはウイスキーのほか、ブランデーやジン・ウォッカ、焼酎などが該当します。


 

ハイボール商品は賞味期限が決まっている場合がある

ハイボール商品は賞味期限が決まっている場合がある
ウイスキーの中でも、ソーダ入りのハイボールの場合は注意です。炭酸は時間経過で抜けてしまう特性があり、ハイボールの場合は賞味期限や飲み頃が定められている場合があります。
ハイボール缶などを購入した場合は、できるだけ早めに飲むことをおすすめします。また開封したハイボールや自分で作ったハイボールは、その日のうちに飲んでしまうようにしましょう。


 

開封後のウイスキーは1年以内を目安に飲もう

未開封で長持ちするウイスキーも、開封すると劣化が進んでしまいます。なぜなら空気に触れることにより、酸化してしまうからです。アルコール度数の高いウイスキーは空気に触れても一気に腐ってしまうことはないですが、それでも開封後時間が経つと、香りが薄れてしまったり、味わいが落ちてしまうことがあります。
開封後のウイスキーは、できるだけ半年〜1年以内を目安に飲むことをおすすめします。長期で保管をしておく際には「栓をしっかりと閉める」ことはもちろん、栓の部分にパラフィルムを巻いておいたり、中に劣化防止用のガスを入れておいたりと工夫を忘れないようにしましょう
 

古いウイスキーには価値がある。オールドウイスキーの魅力

古いボトルには終売品・旧ボトルなどレアなものが多い

古いボトルには終売品・旧ボトルなどレアなものが多い
古いウイスキーは、ただ古いということだけが価値なのではありません。かつて流通していた古いウイスキーは、既に終売品となっており販売されていないものが多く希少価値があります。また旧ボトル(オールドボトル)といって、現在のウイスキーとは見た目やデザインが変わっているものもあります。いずれの場合もとにかくレアであり、リリース当時の定価からは考えられないような価格で流通している場合があります。
なお古いウイスキーの価値は、銘柄や販売時期によっても異なります。古いウイスキーを探す場合は、ぜひリリースされた年代についてもチェックしてみると良いでしょう。


 

同じ銘柄でも古いボトルは高級原酒が使われている可能性がある

同じ銘柄でも古いボトルは高級原酒が使われている可能性がある
終売となっていないウイスキーの場合でも、古いボトルは現行品とは中身が違います。なぜなら使われている原酒がそもそも違い、ブレンドの比率も変わってくるからです。
30年前や40年前の頃には、現在と違ってウイスキーの原酒不足が問題になっていませんでした。そのため表記年数の短いボトルにも長期熟成酒が贅沢に使われていたり、手頃な価格のブレンデッドウイスキーにレアなモルト原酒が使われていたりといったことも多く見受けられています。
つまり古いウイスキーは、当時の定価に対しコスパが優れたものが多いのが特徴です。自宅に昔入手した古いウイスキーが眠っていたという方は、非常にラッキーと言えるでしょう。


 

古いウイスキーは高額買取の対象になることも

古いウイスキーは高額買取の対象になることも
古いからこそ価値のある、オールドボトルのウイスキー。現在では手に入りにくいということもあり、買取専門店では高額買取の対象になることがほとんどです。特に箱付きなど見た目のコンディションまで良いものは、高値で売れるでしょう。近年はウイスキーが高騰化しているので、購入時の何倍、何十倍という値段がつくこともめずらしくありません


 

古いボトルが人気のウイスキー5選!買取価格の目安は?

ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク

この投稿をInstagramで見る

(岡山)Malt Bar Bagus since2000(@malt.bar.bagus)がシェアした投稿

  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・原産国:スコットランド
  • ・熟成年数:30年
  • ・アルコール度数:43%
  • ・買取価格の目安:740,000円〜

ザ・マッカランはシングルモルトのロールスロイスという愛称で知られる、スコッチの王道高級ボトルです。近年はファインオークなど様々な種類の樽を使った商品がリリースされていますが、シェリー樽を使った商品は香りの高さから圧倒的な人気があります。30年ものになると、数十万から100万円超えの値がつけられるほどです。
そんなザ・マッカラン30年シェリーオークの中でも、ブルーラベルと呼ばれる旧ボトルは特にレアです。現行品とは異なる青いラベルが目印で、コレクター需要が高いため状態が良ければ100万円に近い買取価格も期待できます。

created by Rinker
¥1,320,000 (2023/01/31 13:48:24時点 楽天市場調べ-詳細)


 

サントリー山崎25年 旧ボトル

created by Rinker
ノーブランド品
¥1,317,000 (2023/01/30 17:35:09時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・原産国:日本
  • ・熟成年数:25年
  • ・アルコール度数:43%
  • ・買取価格の目安:1,000,000円〜

山崎25年はサントリーの中でも絶大な人気を誇るシングルモルトです。ミズナラ樽の魅力を感じられる熟成ウイスキーで、華やかで濃厚な味わいを堪能できます。今でも公式ラインナップには存在するボトルですが、年間生産本数1,200本と非常に貴重であり、定価16万円の品が100万円超えの価格で転売されているほどです。
どのボトルも高額買取が期待できる山崎25年ですが、中には旧ボトルという現行品よりさらに価値の高いボトルが存在します。例えば1998年〜2005年にリリースされていたボトルには、ボトリング年号やナンバーが記載されていて、ラベルに金花が描かれていたりと現行品とは違う部分を探すことができます。ベロアの箱入りの商品は、見た目からリッチさを感じられます。
旧ボトルの山崎25年はキャップ部分の違いからも判別できます。付属品が全て揃った完備品なら、お酒買取で100万円以上の値がつくこともあり得ます。


 

ジョニーウォーカー ブラックラベル 特級

  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・原産国:スコットランド
  • ・熟成年数:12年
  • ・アルコール度数:40%
  • ・買取価格の目安:1,000円〜

ジョニーウォーカーは斜めに貼られたラベルが目印の、人気スコッチウイスキーです。ラベルの色によりランクが変わっており、ブラックボトルは“ジョニ黒”の愛称で親しまれています。
現行品も存在するジョニ黒ですが、オールドボトルも存在し味が異なると人気を集めています。古いボトルは1970年代のものまで存在すると言われていて、オールドボトルは特級として特別な価値がついています。年代によりラベルデザインやキャップデザインも変わっており、さらにブレンドの比率も異なるとまで報告されています。
旧ボトルのジョニ黒は、キーモルトであるラガヴーリンの味が色濃く出ておりスモーキーさが強めです。一般的なジョニ黒の買取価格は1,000円前後と高くないですが、旧ボトルになると一気に価値が上がります。



 

バランタイン 30年 ベリーオールド

  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・原産国:スコットランド
  • ・熟成年数:30年
  • ・アルコール度数:43%
  • ・買取価格の目安:18,000円〜

バランタインはジョニーウォーカーに匹敵するほどの知名度と人気を誇るブレンデッドのスコッチウイスキーです。ファイネストなど、定番ボトルはコンビニでも買えることから身近な存在として愛されているブランドです。そんなバランタインの中でも、30年熟成ボトルはしっかりとしたボディとアロマで愛されています。
バランタイン30年は発売時期で複数のボトルがあり、現行品と異なるボトルは希少で価値が高いです。ベリーオールドのボトルは1970年〜2000年代後半までリリースされていたもので、「VERY OLD」の表記があります。
古酒らしい魅力を感じられる深みのあるウイスキーで、ブレンデッドウイスキーであるためバランス感にも優れています。買取価格は年代にもよりますが、状態が良ければ数万円の値が期待できます。



 

ハイランドパーク 40年

  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・原産国:スコットランド
  • ・熟成年数:40年
  • ・アルコール度数:48.3%
  • ・買取価格の目安:330,000円〜

ハイランドパークは海賊時代の伝統が残るオークニー島で作られるシングルモルトです。情熱的な味わいが人気で、スモーキーかつハニーなニュアンスは他にない個性です。スコットランド最北にある蒸留所ということもあり、じっくりと時間をかけてウイスキー作りを行なっているのが特徴です。
そんなハイランドパークの40年ボトルは、ブランドの中でも最高級ランクに当たるボトルです。2008年10月に限定品としてリリースされたものであり、日本には350本のみしか輸入されていないという超レアものでもあります。
そもそもが長期熟成ボトルであることに加え、現在ではリリースから15年ほど経っているため希少価値が跳ね上がっています。お酒買取では30万円超えの査定額となることも多数です。


 

古いウイスキーの使い道。飲まない場合はどうするべきか

古いウイスキーが家から出てきたら、ぜひ使い道を考えてみましょう。一度開封して味が劣化してしまったウイスキーであっても、楽しめる場合があります。
 

料理やお菓子作りに使ってみる

料理やお菓子作りに使ってみる
開封し味が劣化してしまったウイスキーも、痛んでいなければ料理に使うことができます。お酒やワインのようにウイスキーを料理に使うことで、独特の風味が生まれます。豚肉などをウイスキーでフランベすれば、それだけで高級料理のような仕上がりになります。
またブランデーの代わりに、お菓子の香り付けに使うのもありです。
 

お風呂に入れて香りを楽しむ

お風呂に入れて香りを楽しむ
沈殿物や色の変化が見られ飲むのを躊躇うウイスキーは、お風呂に入れて香りを楽しむのに使うのがおすすめです。ウイスキーの香りには、森林浴のようなリラックス効果があるとも言われています。
 

未開封ボトルならお酒買取に出す

未開封ボトルならお酒買取に出す
未開封の古いウイスキーは、飲まないのであればお酒買取に出すのがおすすめです。今手に入らないような何年、何十年前のボトルには、高い値段がつく可能性が大です。
お酒買取専門店リンクサスでも、古いウイスキーの買取を受け付けています。プロの査定員が丁寧に査定を行うので、「このウイスキーは売れない」と判断するのではなくぜひ一度ご相談ください。
ウイスキー買取はこちら
 

まとめ

賞味期限のないウイスキーは、30年、40年と古いボトルでも飲むことができます。むしろ古いからこそ生まれる価値もあり、古いウイスキーはマニアや玄人たちに愛される存在となっています。未開封であれば、買取でも高い値段がつくと期待できます。
手持ちのウイスキーも、正しく保管して入ればいずれ高い価値が生まれるかもしれません。ぜひ古いウイスキーの価値を知り、より一層ウイスキーを楽しむのに役立ててみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:80,582
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.01.25更新
クリック数:75,485
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:49,860
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:49,619
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:48,064
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«