終売したイチローズモルト505の評価と特徴。定価購入は可能か

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

終売したイチローズモルト505の評価と特徴。定価購入は可能か

2022/10/10
クリック数:714

ウイスキー買取はこちら
終売したイチローズモルト505の評価と特徴。定価購入は可能か
イチローズモルトは秩父にあるベンチャーウイスキーによる人気ウイスキーブランドです。中でも「イチローズモルト505」は、高いクオリティのワールドブレンデッドウイスキーとして評価されています。
今回はそんなイチローズモルト505について解説していきます。特徴や販売の背景、そして終売の噂や流通価格に関しても述べていくのでぜひ参考にしてみてください。
ウイスキー買取はこちら
 

イチローズモルト&グレーン505とは?

インパクト大のワールドブレンデッドウイスキー

イチローズモルト505は、正式名称を「イチローズモルト&グレーン505」と言います。名前からわかるように、モルト原酒とグレーン原酒を組み合わせた“ブレンデッドウイスキー”に該当する1本となります。
イチローズモルトは埼玉県秩父市に所在するベンチャーウイスキーの手がけるウイスキーブランドです。2004年創業という比較的新しい会社ですが、実は会社創業以前よりウイスキー作りの歴史があり、高いクオリティのウイスキーを生み出すことで世界的にも知られています。ジャパニーズウイスキーに当てはまるシングルモルトなども手がけていて、特に“カードシリーズ”はオークションで超高額で落札されるほどの人気を誇ります

イチローズモルト505はそんなベンチャーウイスキーが手がけるウイスキーのうち、ワールドブレンデッドウイスキーに分類されるボトルです。ワールドブレンデッドウイスキーは、世界5大ウイスキーであるスコットランドアイルランドアメリカカナダ日本のウイスキー原酒をブレンドしたウイスキーです。世界のウイスキー原酒を複数組み合わせることにより生まれる絶妙な味のバランスが魅力で、特にモルトの甘やかな味とスパイス感を強く感じられる仕上がりとなっています。バランスが良いと言っても上品にまとまったような控えめな味ではなくしっかりとした芯があるので、普段はモルトウイスキー派という方にもおすすめのボトルです。


 

飲食店専用ボトルとしてリリース

飲食店専用ボトルとしてリリース
イチローズモルト505はもともと飲食店限定ボトルとしてリリースされました。発売日は2020年6月で、新型コロナウイルスにより苦境状態を強いられている居酒屋やバーを応援するウイスキーとして目的を持って発売されたとのことです。そのため定番ラインナップの1つではあったものの、一般的な酒販店に通常入荷されないレア度高めなウイスキーという位置付けです。飲食店やバーでも入荷しているところは限られているので、見かけることができた方は非常にラッキーと言えるでしょう。
なおイチローズモルト505は、現在では飲食店だけでなくネットショップなど一般市場にもボトルが流通しています。ただしその希少価値は高く、プレ値がついている状態です。そもそもイチローズモルト自体が人気銘柄ということもあり、入手しにくいイチローズモルト505の価値は年々と上がり続けています。イチローズモルト505が気になるという方は、価格の動向や希少性にも気をつけておきましょう。
 

「505」の数字の意味とは

イチローズモルト&グレーン505の「505」という数字はアルコール度数が50.5%であることを表しています。一般的なウイスキーのアルコール度数は40〜43%程度なので、比較するとイチローズモルト505のアルコール度数が高いことがわかります。
イチローズモルト505のアルコールが高いのは、瓶詰め前の加水をあえて控えめに調節しているからです。なお噂では、505という数字が「SOS」という文字に似ているためこのアルコール度数が選ばれたという話もあります
またイチローズモルト&グレーン505はノンチルフィルターでボトリングされているのも特徴です。ノンチルフィルターとは、冷却ろ過をしていないという製法を表しています。通常ウイスキー作りでは、冷却ろ過を行い不純物を取り除くのが一般的です。しかしイチローズモルト505は冷却ろ過をあえて行わないことで、ウイスキーの旨味や香味成分をしっかりと残すように工夫がなされています。
 

イチローズモルト&グレーン505の商品情報

  • ・原材料:モルト、グレーン
  • ・アルコール度数:50.5%
  • ・定価:8,250円(税込)
  • ・発売日:2020年6月26日

イチローズモルト505は、イチローズモルト&グレーンシリーズのうちの1本です。同じシリーズには505のほか「イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル」や「イチローズモルト&グレーン リミテッドエディション」、「イチローズモルト&グレーン プレミアム」などがあります。
なおイチローズモルト505は、上記ボトルと比較しラベルがシルバーであるのが特徴です。そのためホワイトラベルに対し「シルバーラベル」と呼ばれることもあります。
 

イチローズモルト505の味わい!ビター&スウィートのバランスが◎

イチローズモルト505の味わい!ビター&スウィートのバランスが◎

  • ・香り・・・ミントやオレンジピールを思わせるスパイシーな香り、複雑で奥行きのある樽香、やがてバニラやチョコレートのような甘いニュアンス
  • ・味・・・柑橘の果肉、樽のニュアンス、そしてバーボン由来の甘味とグレーン特有のスパイス感。モルト感強めでバニラの甘さもあり、味が行き来するような広がり感を堪能できる
  • ・余韻・・・スムースかつビターで、ほんのりとしたシェリー感もある

 
イチローズモルト505は世界の原酒が厳選され選ばれているということもあり、味の広がり方がとにかく印象的です。ブレンドの比率は非公開ですが、ホワイトラベルなど同じイチローズモルトのシリーズ品よりもモルトの比率が高めとのことで、しっかりとした濃厚な味わいに仕上がっています。特にオレンジピールやスパイス感を感じられる複雑さで、やがて飲み進めるごとに甘さやビターさなどが現れていきます。


なおイチローズモルト505は生産ロットにより味が異なるとの報告もあります。比較すると旧ボトルに比べ新しめのボトルの方が甘味は強めになっています。味は違えどいずれのボトルもバランス感があり複雑な味の広がりを感じられるので、飲み飽きしにくいのもポイントとなっています。
そんなイチローズモルト505は、ストレートはもちろんハイボールや水割りなど多彩な飲み方で楽しめるのも特徴です。ここからはイチローズモルト505のおすすめの飲み方を紹介していきます。
 

イチローズモルト505を美味しく飲む方法・飲み方

ストレートで濃厚な味を堪能

ストレート
イチローズモルト505はノンチルフィルター製法でしっかりとしたモルトの味を感じられるウイスキーです。魅力を存分に感じたい方は、まずはストレートで飲んでみましょう
なおストレートで飲む場合は、アルコール度数が50.5と高い点に注意です。一気に飲んでしまうと刺激が強いと感じ、酔いすぎる原因にもなりかねません。飲む時には必ずチェイサーも用意し、時間をかけてゆっくりと飲み進めるようにしましょう。
一口ごとにチェイサーで口の中をリフレッシュすることで悪酔いを防ぎやすくなり、イチローズモルト505の風味をしっかりと感じられるようになります。
 

加水すればアロマティックさが増加

加水すればアロマティックさが増加
芯が強めのイチローズモルト505は加水してもバランスが崩れにくいです。味を変化させて楽しみたい方は、ぜひミネラルウォーターを加えてみましょう。加水して飲む場合は、ウイスキー:水=1:1のトワイスアップの飲み方が特におすすめです。
適度な加水をすることでストレートの際にはダイレクトだった口当たりがまろやかになり、イチローズモルト505が飲みやすくなります。また加水するとフルーティーさがより一層強調されたように変化します。
 

サラリとした印象のハイボール


イチローズモルト505で作るハイボールは、シロップのような甘味とほのかなフルーティーさに定評があります。ハイボールにすると軽やかな印象になるので、重めウイスキーが苦手な方にもおすすめできます。またハイボールにすることで食事と喧嘩しにくくなるので、食中酒としてイチローズモルト505を楽しみたい方にぴったりです。
ハイボールを作る際には、グラスや炭酸水をあらかじめしっかりと冷やしておくようにしましょう。濃さはお好みで構いませんが、普段のハイボールよりもやや濃いめに作ると505の個性を感じやすくなります。ハイボール好きの方はぜひ試してみてください。
 

イチローズモルト505の評価・口コミを調査してみた


イチローズモルト505の味は、同じイチローズモルト&グレーンのホワイトラベルに似た系統の味と感じる人が多いようです。同系統ですが華やかさや香りは505ボトルの方が強く、いわゆるホワイトラベルの上位互換とファンの間では言われています。
特にベンチャーウイスキーが誇る“秩父モルト”の味や香りを感じられるのが505ボトルの特徴です。秩父モルトの個性は「ハッカのような切れ味」とも言われていて、程よい酸味感が期待できるという感想が多いです。
 

イチローズモルト505は終売?定価と流通価格を解説

イチローズモルト505は終売?定価と流通価格を解説

イチローズモルト505は終売で希少に

2020年より飲食店向けに出荷されていたイチローズモルト505ですが、現在ではすでに終売となっています。したがって、現在買えるイチローズモルト505はすでにメーカー出荷済みの在庫のみととても希少です。
希少価値の高いイチローズモルト505は、市場での価格も高騰しています。基本的には定価での購入が難しく、手に入れたいならプレ値で購入する必要があります
 

イチローズモルト505の定価とAmazon価格を比較

定価Amazon価格
8,250円(税込)約30,000円(税込)


参考までにイチローズモルト505の定価と現在のAmazon価格を比較してみました。イチローズモルトの定価は8,250円(税込)ですが、2022年10月現在のAmazon価格は約3万円にまで高騰しています。つまり定価に対し、3倍以上の値段が付けられているということになります。
基本的にイチローズモルトはブランドそのものが人気であり、どのボトルも市場価格が高くなる傾向にあります。特に505のボトルは出荷先が限られていてすでにボトルそのものが終売しているため、価格高騰の勢いが凄まじいです。現在は約3万円ですが、ここ最近のウイスキー事情を鑑みるとこれからさらに高騰化する可能性が高いです。数年後にはボトル1本が4〜5万円になることも考えられます。

 

高騰化が進むイチローズモルト505はお酒買取専門店へ

高騰化が進むイチローズモルト505はお酒買取専門店へ
終売したレアボトルの「イチローズモルト505」は、お酒買取市場でも人気のアイテムです。希少価値が高いため、状態の良い未開封ボトルであれば万単位の査定額がつく可能性大です。
もし未開封でこれからも飲む予定のないイチローズモルト505が余っているのであれば、ぜひお酒買取専門店の利用を検討してみましょう。お酒の知識に精通したお酒買取専門店なら、イチローズモルト505をお得に現金化することが可能です。
お酒買取専門店リンクサスも、ただいまイチローズモルト505の買取査定を強化しています。店頭買取出張買取宅配買取に対応していて業者の方からの買取も受付中なので、「コレクション整理をしたい」「飲食店の余ったウイスキー在庫を売却したい」といった方はぜひご相談ください。
 

<イチローズモルト505高額査定のポイント>

イチローズモルト505高額査定のポイント

  • ウイスキーに詳しいお酒買取専門店を選ぶ
  • 相見積もりでお得に売れる業者を探す
  • 箱など付属品を揃えた状態で買取に出す
  • 査定時は埃や汚れを取り除ききれいな状態にしておく
  • いつ頃入手したボトルなのかできるだけ明確にしておく
  • 複数のお酒をまとめ売りすれば買取額UP

イチローズモルト505は基本的に高額買取が期待できるボトルです。できるだけ見た目をきれいにし付属の箱まできちんと揃えることで、さらに査定額をUPできます。
なおイチローズモルト505を安全・安心に売りたいなら、きちんとプロの査定員がいるお酒買取専門店を選ぶようにしましょう。お酒買取専門店なら売買時のトラブルが少なく、メルカリやオークションサイトに比べて現金化できるまでのスピードも早いです。
また買取に出す場合は、できるだけ他のウイスキー・アルコール類とまとめ売りしましょう。まとめ売りすることで無駄な経費を削減できるため、その分高額買取が期待できます。
イチローズモルト505買取はこちら
 

まとめ

イチローズモルト505はアルコール度数高めかつモルト比率高めで、複雑な味を堪能できるワールドブレンデッドウイスキーです。秩父モルトの切れ味やバーボンの効いた甘味、そしてスモーキーさやスパイシーさもあり味の広がりを感じることができます。
そんなイチローズモルト505のボトルは現在終売となっていることもあり、日増しに希少価値が高まり続けています。
現在の流通価格は約3万円ですが、これからさらに価格が高まる可能性もあり得ます。イチローズモルト505が気になっているという方は、ぜひボトルの在庫がなくなってしまう前にチェックしてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2022.11.16更新
クリック数:59,548
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:56,158
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:45,157
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:38,898
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:38,039
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«