響17年買取

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)
響17年買取

響17年買取なら
お任せください!

響17年は、サントリー響シリーズのひとつとしてウイスキーファンに愛されています。

イギリスで開催されたインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2016で金賞を受賞するなど世界的にも注目を集めている銘柄です。

残念ながら現在は、終売となっており希少性のあるウイスキーとして常に高値で取引される銘品
となっています。

響17年買取推移価格

響17年買取について

響17年はどんなウイスキーなのか

響17年はどんなウイスキーなのか

響はサントリーが世界に誇る最高峰のブレンデッドウイスキーです。ブランドは1989年にサントリーの創業90周年を記念して誕生しました。 “人と自然が響きあう”というコンセプトをもとに作られた響のウイスキーは、山崎蒸溜所、白州蒸溜所、そして知多蒸溜所の数々の原酒を丁寧にブレンドされていて、とにかくバランスに長けているのが特徴に挙げられます。山崎や白州といった個性派のシングルモルトとはまた違う、穏やかで丁寧、そして華やかな作りをしているのが味わいのポイントとなっています。

響17年はそんな響シリーズの熟成ボトルの一つで、中には酒齢17年を超える原酒のみが使われています。17年の熟成を超える長期熟成モルトがなんと30種類以上も厳選されており、ブレンダーたちが吟味した上で円熟グレーンと共に混ぜ合わせられています。 通常のブレンデッドウイスキーに使われるモルト原酒は10種類程度であるため、比較するとかなり多くの原酒が使われているとこがわかります。それだけこだわって作られたウイスキーで、味わいにも奥行きと調和が美しく表現されています。

響17年の味わいを一言で表現すると「豪華なハーモニー」という言葉になります。鼻を近づけるとわかる、エステリーで豊かな熟成香はとても印象的です。口に含むと山崎モルト由来のウッディネス、あまみ、そして厚みのあるコクを感じ取ることができます。ここに白州モルトが混ざることで、軽快な口当たりや爽やかな印象も表れています。

<響17年の商品情報>

  • ・商品名:響17年
  • ・生産者:サントリー
  • ・アルコール度数:43%
  • ・原料:モルト・グレーン
  • ・色:やや濃い琥珀色
  • ・香り:バラやジャスミン、桃、メロンのような果実香に、バターやバニラの甘い香り
  • ・味わい:カスタードクリームやミルクキャラメルのほのかな甘さと軽快で滑らかな口当たり、まろやかで厚みのあるコク
  • ・余韻:豊かに長く続く余韻
  • ・定価:700ml 12,000円(税抜)※休売前の価格

響17年の評価!海外のコンペディションでは金賞受賞も

響17年の口コミ投稿を見ると、多くの方が高い評価をつけていることを確認できます。特に甘い香りが美しいと定評があり、飲みやすいというところも人気につながっていました。なお飲み方としてはストレートのほか、ウイスキー:水=1:1で飲むトワイスアップや、氷を浮かべて飲むロックでの飲み方も人気を集めているようです。加水をすることで味わいの変化が楽しめるのも、響17年の魅力と言えるでしょう。

ただし味わいや香りに対する評価が高い一方で、「なかなか手に入らない」「今では価格が高すぎる」という口コミも見受けられていました。レアウイスキーであるため現在は入手困難な状況になっており、簡単にはトライできないというのが響17年の現状となっています。

ちなみに響17年は、国内だけでなく海外からの評価も非常に高いことが特徴に挙げられます。2005年にはSWSC(サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション)にて金賞を獲得していて、世界的に認められるウイスキーとなっています。
さらに2007年にはIWSCの金賞「ベストインクラス」を受賞、2009年や2012年、2013年、2016年にはISCの金賞も受賞しています。味わいのバランスが良いというところが、海外からの人気にもつながっているのだと考えられます。

2018年には惜しまれつつも休売に

国内外から高い人気を集めた響17年ですが、2018年9月には残念ながら販売停止となることが発表されました。今でも再販されておらず、これまで定番品として展開されていた響17年は、2018年の販売を最後に休売状態が続いています。

響17年が休売となってしまったのは、決して不人気が理由ではありません。むしろ人気が急激に高まったことで原酒不足となったことが、休売の原因へと繋がっています。

日本のウイスキーは2000年代に入り、一気に世界的な人気を集めるようになりました。響もダイレクトにその影響を受け、供給に対し需要が一気に高まったため、原酒が足りない状態になってしまったのだと考えられます。
実際に響ブランドは響17年を販売停止にしただけでなく、響12年に関しても販売を終了しています。現在「響」として購入できるのは響ジャパニーズハーモニー、響ブレンダーズチョイス、そして響21年、響30年といったボトルのみに限られています。

なお現在販売されている響のうち「響ブレンダーズチョイス」は、休売となった響17年の後継品的立ち位置でリリースされたボトルになります。しかしこちらはあくまでもノンエイジ品としてのリリースとなっており、響17年とは原酒の構成も味わいも異なっています。
つまり響17年を手に入れたいなら、2018年9月よりも過去に発売されていたボトルをプレ値で購入しなければならないということです。当然流通しているボトルには定価以上の希少価値がつけられています

響17年の定価や販売価格はどれくらい?

響17年の定価や販売価格はどれくらい?

響17年は販売停止となる2018年9月以前は、定価12,000円ほどで販売されていました。ウイスキーが今ほど高騰化する前には、1万円未満で購入できていた時代もあったほどです

しかし今ではプレ値がつけられており、ネットショップ等では700mlボトル1本がおよそ8万円の値段で販売されているのを確認できます。なお終売直後のプレ値は3万円程度であったため、ここ数年で一気に高騰化が進んでいることが見て取れます。

ちなみにサントリーの公式サイトを見ると、響17年はあくまでも終売ではなく休売という位置付けになっています。そのため今後の動向次第では公式から再リリースされ、流通価格が下がるケースも考えられます。
ただし再販はいつになるかわからない上、2018年よりも昔のボトルには“旧ボトル”としての価値がつくことも予想できます。つまり現時点で響17年を持っている方は、かなりラッキーな状態であると言えるでしょう。

響17年はプレ値の今が買取査定のチャンス

響17年はプレ値の今が買取査定のチャンス

プレ値のついている響17年は、お酒買取の市場でも人気のアイテムとなっています。買取査定の利用を検討されている方にとっては、価格が高騰している今が大きなチャンスです。商品の状態にもよりますが、買取査定では5万円以上の価格がつくことも十分にあり得ます。定価購入していたという方は、かなりの得になるでしょう。
もし未開封ボトルをお持ちの方がいらっしゃるなら、ぜひお酒買取専門店リンクサスまでご相談ください。リンクサスのウイスキー買取なら、響17年を業界最高水準の価格で査定することが可能です。

なお響17年は、箱などの付属品があるか否かで価格が大きく変わってきます。また「ゴールドラベル」という古い時代の響17年の場合、旧ボトル・旧ラベルのアイテムとしてさらに高い価値が認められる場合があります。
さらに響17年には、花鳥風月という名前の免税店限定ボトルも存在しています。限定ボトルの場合は、査定額が数十万円を超えてくる可能性もあります。

響17年の査定時には、こういった高額査定のポイントについても詳しくお伝えいたします。お酒に詳しくない方でも安心してご利用いただけるので、まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは電話やオンラインでも受け付けています。もちろん店頭に直接ウイスキーをお持ち込みいただいてもOKです。

響17年 買取に関するスタッフからの一言

響17年は、国内外を問わず人気の高いサントリー響の銘柄のひとつで、17年物のボトルとして高い知名度を持っています。

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジでは、何度も金賞を受賞した経験を持つことから原酒不足となるくらいの人気となった結果、2018年に終売となりました。そのため入手困難なウイスキーとしてウイスキーの市場では価格が高騰しています。

ウイスキーの買取専門店リンクサスでは、響17年の人気度や入手困難な状況、市場の動向を踏まえたうえで、査定が行われているため、高額買取を期待することができます。響17年をお持ちの方は、一度その価値を確かめてみることをおすすめします。

cat-contact
お問い合わせはお気軽に
お問い合わせはお気軽に
お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!
tel:0120-769-277
0120-769-277
営業時間 10:00-19:00

リンクサスがお酒買取に強い理由

1響17年の特徴・市場動向を熟知したスタッフが査定・買取を担当するから安心
ウイスキーの買取専門店リンクサスでは、買取を行う銘柄に熟知したスタッフが査定・買取を担当しています。

響17年の買取でも、響や響17年の特徴を熟知した経験豊富なスタッフが担当となり、お客様にとって満足いただくことのできる査定額を提示。

スムーズで親切丁寧な買取手続きをモットーとして対応していますので、安心してご利用いただくことができます。
2査定のみの利用もOK!複数ある査定方法から利用しやすい方法を選ぶことができ便利
ウイスキーの買取専門店リンクサスでは、今所有しているお酒の価値を知りたいという理由で査定を受ける方も珍しくありません。買取する予定はないけれど査定のみの利用も歓迎しています。

査定方法は、オンライン、電話などの他に、LINEを活用したLINE査定も導入。いつでもどこでも査定を受けることができ便利と評判です。
3査定・買取利用でお客様のご負担はゼロ。リスクゼロで利用できる
響17年の査定・買取でウイスキーの買取専門店リンクサスをご利用いただいた場合、お客様にご負担いただく費用はありません。

お客様はリスクゼロで、響17年の価値を知ることができたり、売却して現金に換えることができます。

リンクサスは、世界各国への流通網を持っており、さらに極限までコストカットをすることにも成功しています。

そのため、買取価格は他社と比べても高額なことが多く、他店では取り扱いしていないお酒も扱うなど安心してご利用いただけるような運営を実践しています。

サントリー響 買取一覧

響12年買取
響12年買取
響ジャパニーズハーモニー買取
響ジャパニーズハーモニー買取
響30年買取
響30年買取
響ブレンダーズチョイス買取
響ブレンダーズチョイス買取
響21年買取
響21年買取
響35年買取
響35年買取
響 ブロッサムハーモニー (BLOSSOM HARMONY)2021買取
響 ブロッサムハーモニー (BLOSSOM HARMONY)2021買取
響 ブロッサムハーモニー(BLOSSOM HARMONY) 2022買取
響 ブロッサムハーモニー(BLOSSOM HARMONY) 2022買取
響 ブロッサムハーモニー(BLOSSOM HARMONY) 2023買取
響 ブロッサムハーモニー(BLOSSOM HARMONY) 2023買取
響21年陶器ボトル買取
響21年陶器ボトル買取

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る