お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。

お酒買取専門店リンクサス、ブランデー、
ウイスキー、ワインなど買取します。

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~20:00

サントリー白州買取

ランキング商品名買取価格(2021年6月9日更新)
白州蒸溜所 ヴィンテージモルトAsk
白州蒸溜所 オーナーズカスクAsk
カスク オブ 白州 シェリーカスク 1982-2003480,000円
白州25年 シングルモルト410,000円
白州蒸溜所 30周年記念ボトル250,000円
白州18年 シングルモルト62,000円
白州12年 シングルモルト20,000円
白州NV シングルモルト5,500円
白州10年 シングルモルト40000円~

サントリー白州買取

サントリー,白州,買取

    • オーナーズカスク白州蒸留所1984ホッグスヘッド

    • 「ウィスキー高価買取紹介」白州蒸留所 樽出し原酒 15年貯蔵

    • 白州 25年の特徴は?高額買取を期待するなら?

    • 白州12年ピュアモルトはいくらで売れるのか気になる!

    • 【ウイスキー買取】サントリー白州12年 サンゴリアス優勝記念ボトル “を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介!

    • 【ウイスキー買取】シングルカスクウイスキー 白州蒸溜所1996を高価買取させていただきました。お酒買取実績紹介!

    • 【ウイスキー買取】シングルモルトの限定商品『白州蒸溜所』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介!

    • 新品高額!白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年のお酒買取価格は?

    • 【ウイスキー買取】現行品も大歓迎です。サントリーウイスキー白州18年シングルモルトを高価買取りいたしました。 / お酒買取実績紹介!

    • 希少価値は?白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバット の特徴と価格は?

    • 【ウイスキー買取】ハンディボトルの本格派。 サントリーウイスキー白州蒸留所 樽出し原酒20年を高価買取。 / お酒買取実績紹介!

    • 【ウイスキー買取】香り高い白州として有名。 サントリーウイスキー白州THE CASK 0f HAKUSHU1984を高価買取 / お酒買取実績紹介!

    • 【ウイスキー買取】白州ブランド最高峰。 サントリーウイスキー白州25年シングルモルトを高価買取いたしました。/お酒買取実績紹介!

    • 【ウイスキー買取】爽やかな旨さ。 サントリーウイスキー白州12年シングルモルトを買取いたしました。/お酒買取実績紹介!

    • 【ウイスキー買取】人気再熱:サントリーウイスキー白州12年ピュアモルト(旧ラベル)を高価買取いたしました。/お酒買取実績紹介!

    • 白州 18年の人気の秘密は?現在の売価は?

概要

国産ウイスキー白州の特徴・魅力

白州蒸溜所(引用:サントリー

サントリーが製造、販売しているシングルモルトウイスキー「白州」 は、自然豊かな山梨県白州の森と水から作られています。

その拘り抜いた製造法が「白州」独特の爽やかでキレの良い味わいを生み出しています。

フルーティーな香りと口当たりも良いことから、ウイスキーを飲み慣れていない人や、女性にも人気があるブランドです!

どんな飲み方でも楽しむことができる、サントリーシングルモルトウイスキー「白州」について紹介します。

白州の歴史

サントリーウイスキーの誕生50周年を記念し、山崎蒸溜所に次いでサントリーで、二つめの蒸溜所として白州蒸溜所は1973年に設立されました。

製造された「白州」シリーズは、

  • 1994年:白州12年を発売
  • 2006年:白州18年を発売
  • 2008年:白州25年を発売

順次に製造、販売された「白州」は全て人気となり、入手困難な高級ウイスキー「白州」と言われるようになります。

また、シリーズとしてのエントリー商品である、ノンエイジ商品の「(新)白州」が2012年に発売されました。

「白州」は世界的に認められたブランド

白州蒸溜所では、山崎で培ったサントリー独自のノウハウを最大に活かしたウイスキー作りをしています。

その結果、数々の賞を受賞し世界が認めるウイスキーブランドとなりました。

「白州12年」

  • 2009年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
  • 2010年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
  • 2011年:SWSC 最優秀金賞受賞

「白州18年」

  • 2006年:ISC金賞受賞
  • 2007年:ブラウンフォーマントロフィー受賞、IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
  • 2009年:ISC 金賞受賞
  • 2010年:IWSC 金賞 (Best in Clas)

「白州25年」

  • 2008年:ISC 金賞受賞
  • 2009年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
  • 2010年:ISC 金賞受賞
  • 2011年:IWSC 金賞受賞
  • 2010年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞

白州バーボンバレル

  • 2011年:ISC 金賞受賞

白州の製造法

「白州」の製造場所である白州蒸溜所での、拘り抜いた製法と特徴を詳しく紹介します。

水への拘り

ウイスキーづくりの最初の工程となる、仕込に使われているのは白州の名水です。

細かく砕いた麦芽とともに入れる仕込水は、その後の工程、発酵、蒸溜、貯蔵に大きく関わる、ウイスキーの品質を決めるとても大切で重要なものとなります。

白州の蒸溜所で使われている、南アルプスの地下天然水は軟水で、ミネラルバランスもよく美味しいウイスキーを作る水として非常に適していることから、「白州」の新緑のような爽やかな香りと、スッキリした味わいの源となっています。

多彩な原酒のつくり分けをしている

発酵から蒸溜、貯蔵に至るまで全ての工程で、拘り抜いた製造法で作っています。

「白州」は世界でも珍しい多彩な原酒のつくり分けが特徴的です。

それぞれが異なる香味の原酒を、ブレンダがその豊富な知識と経験、自らの感性でブレンドをします。

その絶妙なバランスがそれぞれの香味をひとつにまとめあげ、「白州」独特の味わいが生まれます。

発酵

昔ながらの木桶発酵槽を行っています。

木桶に棲みつく乳酸菌などの働きが、「白州」のあの独特で深みのある香味と味わいを引き出しています。

蒸溜

大きさ、形状が異なる蒸溜釜を使い分けることで、多彩な味わいの原酒を生み出しています。

貯蔵

さまざまな樽を使い分けて行っています(バーレル・ホッグスヘッド等)。

また、気温が低い白州の気候は原酒をゆっくりと熟成させるのに適していて、春夏秋冬のなかで移り変わる温度、湿度と共に原酒は呼吸をし、その樽の中で5年~10年以上の長い歳月をかけてゆっくりと育まれていきます。

その自然の恵みを受け続けた、「白州」の原酒は深みを増していき、あの「白州」独特の香りと味わいが生まれます。

国産ウイスキー白州の味について

レギュラーボトル

白州レギュラーボトル(引用:サントリー

爽快な口当たりが特徴です、香りは新茶の若葉、ミント系です。

味は、早摘みの青リンゴに似た感じがします。

ストレートなら香味、味、風味をしっかりと楽しめますが、水割りやハイボールにしても、風味を失わず楽しめます。

「白州」の中でも多様性がある飲み方ができるのが魅力です。

白州 12年

白州 12年(引用:Amazon

酒齢12年以上のモルト原酒をヴァッティングして作られたボトルです。

アルコールの刺激はレギュラーボトルよりも抑えられていて、レギュラーボトルのようなスムースさや、爽快さを残しながらも、フルーティーな甘みが備わったボトルです。

バニラアイスやナッツのような香りがします。

ナシ、青リンゴ、すだちを感じさせるスッキリとした爽快感があって、キレのある味わいです

水割りにするとアルコールの刺激が薄れるのが特徴的で、ウイスキーを飲み慣れていない人も飲みやすくなりますよ。

1番の魅力は、水割り、ハイボールにしても「白州」の複雑さは失われません、どんな飲み方でも楽しめる「白州」の中でも人気があり万能なボトルです。

白州 18年

白州 18年(引用:サントリー

酒齢18年以上と長期熟成モルト原酒のみをヴァッティングして作られたボトルです。

12年を更に熟成させた「白州」は甘みが先にくるのが特徴です。

香りはナッツ、バニラやウエハース、マンゴーなど複雑な感じです。

口当たりはレギュラーや、12年よりも重みがある感じがします。

スモーキーさはあまり感じず柔らかいイメージです。

口に含んだ瞬間に、熟した洋ナシのような甘みが広がります。

コクと甘み香味とバランスの取れたボトルです。

まとめ

国産ウイスキー「白州」の特徴や魅力、製造法、味などについて紹介しました。

独自の拘り抜いた、手間を惜しまない製造法のおかげで、あの複雑な味わいが楽しめるんですね!

数々の賞を受賞し世界で認められるのも納得できます。

国産シングルモルトウイスキー「白州」は、味も値段も最高級のブランドです。